謎多きアーロンスタンフォード『12モンキーズ』の身長や結婚、過去出演作品など詳細

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回の「にぎわす」では、只今日テレでも放送の大人気ドラマ

『12モンキーズ』です!

今日はその中から、主人公であり未来からやってきた、
ジェームズ・コール役
アーロン・スタンフォード

をピックアップしてみたいと思います!

典拠: zap2it.com

典拠: zap2it.com

アメリカの雑誌各誌も、声を揃えて「謎」という、アーロンの私生活!
一体、どんな人なのでしょうか?

12モンキーズのメイン出演キャスト

典拠: seriesemcena.com.br

典拠: seriesemcena.com.br

ジェームズ・コール役アーロン・スタンフォード・・・(日本語吹き替え: 小松史法)
カサンドラ(キャシー)・ライリー博士役アマンダ・シュル・・・(声: 甲斐田 裕子)
ジェニファー・ゴインズ役エミリー・ハンプシャー・・・(声: 井上 カオリ)

カタリーナ・ジョーンズ博士役バルバラ・スコヴァ・・・(声: 加良 まゆみ)
ホセ・ラムゼ役カーク・アセヴェド・・・(声: 北島 善紀)
アーロン・マーカー役ノア・ビーン・・・(声: 古屋 家臣)
ウィートリー役デモア・バーンズ
青白い男役トム・ヌーナン

アーロン・スタンフォード公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: famouspeople

典拠: famouspeople

芸名:
Aaron Stanford(アーロン・スタンフォード)

本名:
Aaron A. Stanford(アーロン・A. スタンフォード)

生年月日: 1976年12月27日(39歳)

出身地:
米国マサチューセッツ州
ミドルセックス郡ウェストフォード

活動分野: 俳優、声優

身長: 173㎝

出身校:
NY州立大学から
ニュージャージー州ラトガース大学へ編入後、卒業。

好きな事:
写真を撮る事、カード(トランプ)ゲーム

オフィシャルサイト: www.aaronstanford.com

Instagram aaronstanford(aaronstanford)

Twitter Aaron Stanford(@AaronAStanford)

ジェームズ・コール役
アーロン・スタンフォードの生い立ち

1976年12月27日、マサチューセッツ州ミドルセックス郡生まれの俳優さん。

お父様:ドンは出版業者、お母様:ジュディスは英語教授というお家に生まれました。

おじいちゃんは、フランス系カナダ人の家系だそうで、その他のご先祖だと、英国、ドイツ、アイルランド系だそうです!

ちなみに、アーロンのお兄さん:デービッド.Eは、作曲家。
(上記アーロンのウェブサイトに行くと、お兄さんのサイトにも行けます)

ちょっと若い時のアーロン・スタンフォード 典拠: the cosmique movie awards

ちょっと若い時のアーロン
典拠: the cosmique movie awards

地元のウェストフォードで、ウェストフォード・アカデミーという公立高校に在籍。
そこで最初の演技講師である先生と出会ったのだそう。

一説によると、地元劇団にも所属して、役者としてのお稽古を積んだのだとか。

卒業後はニューヨークに引越しし、ニューヨーク州立大学に進学したものの、ニュージャージー州ニューブランスウィックにあるルトガーズ大学(Mason Cross School of Arts)に転校・編入し、2000年に優秀な成績で卒業!

また、ロンドンアカデミー・オブ・シアターで演技のレッスンを受けたり、役者として演技していた事がある。

典拠: pinterest

典拠: pinterest

アーロン・スタンフォードの活躍と過去作品

大学を卒業した2000年、あのシガニー・ウィーヴァーも出演した低予算映画『Tadpole』で、映画デビュー。

映画『Tadpole』

映画『Tadpole』

2002年、TVシリーズ『サード・ウォッチ』に数話出演!
ウッディ・アレンの『さよなら、さよならハリウッド』や、
スパイクー・リー『25時』など有名な監督の映画作品にもチョコチョコ出演。

Variety誌の『注目すべき10人の俳優』
そしてEntertainment Weekly誌の『It List(日本語で言うなら「話題のアレ!リスト」とでも言いましょうか)』に列挙された!

2003年、アーロンを一躍有名にしたのが『X-MEN 2』のパイロ役!

そのまま2006年『X-Men: The Last Stand(邦題: X-Men: ファイナル ディシジョン)』でも、パイロ役で続投!

『X-Men: The Last Stand』パイロ役 典拠: ImagoZone

『X-Men: The Last Stand』パイロ役
典拠: ImagoZone

2004年『Winter Solstice』にゲイブ・ウィンター役で出演した際には、ハンプトン映画祭2004で、『明日のライジングスター賞』を受賞している。

映画『Winter Solstice』出演時のアーロン 典拠: HotFlick.net

映画『Winter Solstice』出演時のアーロン
典拠: HotFlick.net

少々足が遠のいていたのか、同年、舞台の世界へカムバック!
ヴィニヤード劇場のオフ・ブロードウェイ作品『Where Do We Live?』に出演し、高評価を得ている。

2006年には、系統を一気に変えて、ダグ・バコウスキのスリル映画『The Hills Have Eyes』にリッチ役で出演。
ファンゴリア・チェーンソー賞でBloodiest Beatdown賞を受賞(笑)
恐ろしいのであえて訳しませんが、「そんな賞があんのか?」ってくらい、残酷な賞ですね(笑)

アーロンの不思議なところは、下積み生活を送っているように見えて、実は絶えることなく、後にけっこう有名どころとなる、TVシリーズや映画作品に、たった1エピソードであったり、チョイ役だったりもするものの、出演し続けているという事!

以下に列挙。

2001~02『サード・ウォッチ』のサーゲイ役で5エピソード。

サーゲイ役や2007年『トラベラー』で、メインキャストに昇格し、8エピソードに出演。

ドラマ『Traveler』出演時のアーロン 典拠: PopSugar

ドラマ『Traveler』出演時のアーロン
典拠: PopSugar

2007年大人気シリーズNUMB3RS(邦題: ナンバーズ・天才数学者の事件ファイル)』1エピソード。

翌年、9.11を題材にした映画『How I Got Lost』では、アンドリュー役を演じ、ビッグアップル映画祭でNY新進タレント賞を受賞している。

2009年、もはや言う事なし!のシリーズ『LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班』でジョシュ・スノー役で1エピソード。

そうこうしている内に、次第にオファーも増え、いつの時代も話題作『Nikita/ニキータ』ではメインキャストであるバーコフ役に大抜擢され、堂々の毎回出演に!

ニキータ撮影所で共演者とふざけるアーロン 典拠: Fanpop

ニキータ撮影所で共演者とふざけるアーロン
典拠: Fanpop

そして2015年から、現在も続いております『12モンキーズ』では、押しも押されもせぬ謎多き未来人の主役:ジェームズ・コールに!

『12モンキーズ』シーズン1出演時のアーロン 典拠: pinterest.com

『12モンキーズ』シーズン1出演時のアーロン
典拠: pinterest.com

この作品ではもう結果が気になる人が続出!

「ネタバレでもいい! ラストを!」という検索が続出。

すごい! 視聴者の番組への注目度がわかるようです!
番組製作者冥利に尽きますね^^

俳優だけにとどまらず、2008年には、ゲーム『コール・オブ・デューティー: ワールド・アット・ウォー』のボロンスキー役で声優も果たしている。

また、自身で『Arles』という戯曲(舞台や作品の、台本みたいなものですね)を書いたこともある。

典拠: famousbirthdays

典拠: famousbirthdays


次ページ: パパラッチも認める謎多きアーロンの、私生活は?

スポンサーリンク
レスポンシブ PC