見逃した人に!高校時代の同級生、かっこいい千鳥が『アメトーク』に。学生時代のこいぃ~爆笑エピソードを語る! 画像あり!

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回の、2016年(平成28年)3月31日(木)放送の大人気トーク番組

『アメトーーク』は、

【学生時代の友達とコンビ組んでる芸人】

でしたね!

学生時代

で、今日はその中から、

千鳥のお二人

をピックアップしてみたいと思います!

千鳥 典拠:よしもと興業公式HP

千鳥
典拠:よしもと興業公式HP

高校1年生からの付き合いなので、もう20年になるそうですが?!

千鳥「学生時代の友達と
コンビ組んでる芸人」出演者

02

雨上がり決死隊

NON STYLE
ジャルジャル
どぶろっく
ゴールデンボンバー(鬼龍院・喜屋武)

指原 莉乃

千鳥公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

千鳥 典拠:よしもと興業公式HP

千鳥
典拠:よしもと興業公式HP

コンビ名: 千鳥(チドリ)

活動分野: 漫才芸人

結成念: 2000年月7日(15年目)

出身地: 岡山県

所属事務所:
よしもとクリエイティブ・エージェンシー

公式ホームページ:
吉本興業ホームページ 芸人プロフィール千鳥

大悟 典拠:よしもと興業公式HP

大悟
典拠:よしもと興業公式HP

名前: 山本 大悟(ヤマモト ダイゴ)

芸名: 大悟(ダイゴ)

生年月日: 1980年3月25日(36歳)

出身地: 岡山県笠岡市北木島出身

活動分野: 漫才芸人、監督、役者

身長: 170㎝

体重: 73kg

血液型: B型

出身校:
岡山県立笠岡商業高等学校卒業

趣味: 酒、素潜り
特技: 素潜り

ノブ 典拠:吉本興業公式HP

ノブ
典拠:吉本興業公式HP

名前: 早川 信行(ハヤカワ ノブユキ)

芸名: ノブ(旧・ノブ小池)

生年月日: 1979年12月30日(36歳)

出身地: 岡山県芳井町(井原市)出身

活動分野: 漫才芸人

元の職業: シャープの営業マン。

身長: 173㎝

体重: 68kg

血液型: A型

出身校: 岡山県笠岡商業高等学校

趣味: 釣り、サッカー

Instagram noboomanzaishi

Twitter  @NOBCHIDORI

千鳥の他記事:『ローカル番組やってます芸人』についてはこちら!

千鳥ってどんなコンビ?

06

キャッチフレーズは「岡山の漫才番長」と付いており、

大悟さんのチンピラみたいな見た目と、

もっちゃりして優しそうな顔のノブさんのコンビですが、実はどっちもとっても優しい事で有名ですよね!

 

岡山県にある、笠岡商業高校の同級生のお二人で、高校1年生の時からのお付き合いなので、もう20年になるそうですが?!

中学時代は、大悟さんは北木島出身で、ノブさんは井原市という事で別々なのですが、お二人はそれぞれ1年違いで、彼女を連れて大阪へ出てきて、そこでお笑いを勉強されたとの事。

NSC(吉本のお笑い養成所ですね)ではないものの、NSC大阪校21期と同期扱いをされる事が多いですが、どんなエピソードが飛び出すのでしょう!

千鳥の青春ヒストリー

青春ヒストリー

出会った時期やなれそめなど

01

大悟さんのご出身である北木島は、とにかくヤンキーが多いことで有名だったそうで、それぞれ高校1年生の頃は、

「島から鬼が来る」と恐れられていた大悟さん

「島から鬼が来る」と恐れられていた大悟さん

03

そして片や、ノブはといえば・・・3年生のマドンナと付き合っていたというほど、モテモテであったという。

04

↑↑↑ この顔なら、モテそうですよねw

「モテモテじゃった」

「モテモテじゃった」

本人が言うと嘘くさいけれど、それについては大悟も認めており・・・

当時、ミスチルの桜井さんに似ているという事で、バレンタインデーには「ノブさんにチョコレートを渡す列」というものさえあったという。

08

そんなハンサムが、芸人を続けていくうちに、顔の上下の部分がどんどんめくれあがってきて・・・

どんどん「芸人寄りの顔」になってきたという(笑)

どんな顔よww

千鳥がコンビを組んだきっかけは?

高校卒業後、先に大悟さんが大阪に出て一人でピン芸人になっていたという。

1年後くらいに、ひょっこり岡山に戻ってきた大悟は、

「おいノブ、売れたわ! 
大阪で一人で売れたわ! 
これを見てくれぇ」

と、手元の新聞記事を見せたという。

その新聞には「大阪の超新星! ピン芸人・大悟!」と書いてあったという。

すごい! と騒ぐノブ相手に、大悟は一言、「ワシに乗っかりゃぁもう、すぐ売れるど!」と言ったという。

 

ノブは一つ返事で「わかった!」と、会社(ノブさんは当時シャープに勤務していたのだ)に辞表を提出したという。
(今はあれですけど、当時のシャープを辞めるのは勇気が必要だったでしょうね~!)

10

で、実際大阪に行ってみたら・・・
まったく売れていなかったという

11

そこで、「何やねん、あの新聞?!」と問いただすと・・・

大悟自ら、ノブを勧誘する為にこしらえた、ニセ新聞であったらしい事が判明!!!

12

大悟さんに言わせると、

「あれは一生に一度だけ使えるという、ええウソじゃ」

だそう。 男らしいな!

とにかく怖がられていた大悟さん

そもそも出会った当初、ノブさんは大悟さんの事が嫌いだったという。

14

というのも、その「あの島は、ヤンキーばっかり!」という事で有名だったのにプラスして、

大悟さんは、高校の入学式当日、校長の挨拶の途中あたりで、「すいません遅れました」と言って後からやってきたかと思えば、

ブレザーを短ラン状態に切ってきており

ブレザーを短ラン状態に切ってきており

顔には、なぜか髪の毛の切れ端がバサバサとくっついていたといい、
会場は「ホンマの鬼が来た!」と思ったという。

16

なぜそんなザマになったかと言うと、

当日「入学式は大事だから、気合いを入れなくては」と、散髪屋に行ったところ、
朝、島の散髪屋は開いておらず・・・

しょうがなく、本土に渡って散髪屋に行き、散髪屋のおじさんに

「おっちゃん、今日は入学式やから、男はやっぱり角刈りじゃろう?
カド?(角刈りの角の事らしいw)を作ってくれ!」

と注文し、切り始めてもらったところ、おじさんが「入学式って何時から?」と尋ねたという。

大悟さんが「9時から」と答えると、

「お前それ、もう9時過ぎとるぞ?」と言われたという!!!

その時点で、カドは右だけできた状態であったといい、「もういいや」と、顔についた髪を掃除しないまま入学式に飛び込んだという。

17

右だけ角がついており、髪の毛だらけの奴が来たため、

18

そんなザマになったという。

更に、ノブさんのお父さんも大悟さんの事は知っており、嫌っていたという。

「島の鬼や」というのも知っており、
芸人になる際には、せっかく就職していたものを辞めさせたため、

「大悟がノブに近づくなんて許さん!」とキレていたという。

「食らわす」=殴ってやるの意味。

「食らわす」=殴ってやるの意味。

次会ったら、「絶対殴ってやる」状態だったという。

ところが、大阪に出て、ちょっとTVに出たりと、段々売れ始めてから地元に帰ったところ・・・

ノブさんの父親は、

ハエかと思うくらい、手をこすり合わせながらやってきて・・・

ハエかと思うくらい、手をこすり合わせながらやってきて・・・

「おお! オマエとだったら成功する思うとった!」と、言ったという(笑)

「おお! オマエとだったら成功する思うとった!」と、言ったという(笑)

・・・ひどい話ですねwww

昔のアイツはこうだった

昔のあいつはこうだった

大悟さんは、島出身である為か、流行が入って来ない為、私服がすごくダサかったという。

そもそも島には、服屋自体がないらしく・・・

高校1年生の時、みんなでやるボーリング大会が開かれたという。
そこはいわば、初めてみんなの私服が披露される場所であったというが・・・

その時も「遅れました~」と言って、やってきたという。

 

その際、着ていた服は、当時はやっていた英字新聞柄のシャツだったといい・・・

イメージ。

イメージ。

これをなんと、上下で着てきたという!!!

こんな感じ。

こんな感じ。

「そんなもんが、上下で売っているのか?!」と、一同気になるものの・・・

大悟さん曰く、「遠くから見ると、新聞紙をまとったヤツが歩いてくるように見えたと思う」だそうで・・・

新聞紙をまとった人

新聞紙をまとった人

島と本土との文化のズレがすごかったらしく・・・

みんながジーンズの「EDWIN」「Livi’s」を着ている頃に、
大悟さんが履いていたジーンズのメーカーは「紅サソリ」だったという・・・(笑)

当時、大悟さんが履いていたジーンズのメーカー。

当時、大悟さんが履いていたジーンズのメーカー。

本当に、どこに売っているのでしょう?w

ちなみに、ノブさんの御出身地(岡山県井原市)は、日本一のデニムの生産地なので、どんなデニムブランドがあっても不思議はない。

そんなノブさんも、学生時代は、カンニングで謹慎処分になった事があるといい・・・

これは大悟さんが、ノブさんのただ一つの嫌いなところだと言う・・・

30

「ちょっとでもええ点を取ろうと、カンニング」だなんて、その性格が嫌いという。

「堂々と0点を取れ!」という、大悟さん(笑)

いちいち男らしいな、大悟さんは!(褒w)

更にその学校では「どうせ謹慎にしたところで、外へ遊びに出るだろう」という事で、

「登校はさせてやるものの・・・
その代わり、人には会わせない」
という指導であったらしく、

地下牢のようなところへ入れられたという。

32

当時は、携帯とかそういう時代ではなかったので・・・大悟さん達、ノブの仲間は、

「家にも居ないし、でもどうも学校には来とるらしいぞ」というところまで突き止める。

 

大悟さんと友達数人で、みんなでノブさんを探していたら、かすかな声が聞こえるので、上を向いてキョロキョロするものの・・・なんとまさかの地下だったという。

地面から窓だけが出ている仕組みで、

そこからノブさんが目だけ出して、か細い声で叫んでいたという。

「大悟~、大悟~!」と呼ぶノブw

「大悟~、大悟~!」と呼ぶノブw

心に残るアイツの言葉!!

心に残るアイツの言葉

高校1年生のしょっぱな、野球部の入部説明会が開かれる教室にて、説明に来てくれる3年生を待っていた際・・・

当時、「野球ヒジ」で右ひじを怪我していたノブさんは、そのせいで「サッカーか野球かで迷っているんだ」と友達と話していたという。

34

すると、一番後ろで、机の上に脚を伸ばし、ドーンと座った大悟さんが、
「うちの野球部にそんな中途半端なヤツは要らん!!」と一言・・・

35

普通に考えて、大悟さんも1年生なのだから、お前もまだ入ってないだろという話www

36

ノブ: 「いや、お前も1年やん!
何なん、その『もう俺の野球部』みたいなの」

大悟とノブの学生時代のノリ!
「癖がスゴイ」の元となる遊び!

当時を思い出してやってみよう!!

なんでもいいから、独創的なものや、変な違和感のあるもの、クセの強いものを見かけたら、「濃いぃ~!!!」と叫ぶというもの。

「濃いぃ~!!!」

「濃いぃ~!!!」

39

ちなみに焼肉屋で、イカつめの、年上のヤンキーのお兄さんの髪型を見て「こいぃ~!!!」と叫んでいたら

「何してんねん!!!」

「何が濃いいんじゃ?!」としばかれたという(笑)

40

指原さんと、スタジオ観覧で「濃いぃ~!!!!」実演

「見てみぃサッシー、お客さん、仰山おるわ」 「中には、帽子かぶったん、おるで?」

「見てみぃサッシー、お客さん、仰山おるわ」
「中には、帽子かぶったんまで、おるで?」

「濃いぃ~ぃ!!!」

「濃いぃ~ぃ!!!」

サッシーの「濃いぃ」は、仔山羊みたいで可愛かったw

あー、千鳥さんのエピソードには毎回笑ってしまいますね!

これからも、どんどん出て欲しいです^^

スポンサーリンク
レスポンシブ PC