アメトーク 16.11/03『ひんしゅく体験!ナダルアンビリバボー2』見逃した人に!

今回もどんどん出てくる、
ひんしゅくエピソード!

亜生(ミキ)

亜生(ミキ)

後輩に金は使わない
後輩:亜生(ミキ)の証言

ナダルの1年後輩の芸人さんで、「ミキ」の亜生(あせい)さんからのエピソード。

ナダルがTVに出始めるよりずっとずっと前から、日ごろ一緒に遊んでいる。

そんな亜生さんにも、ナダルはそんなにお金は使ってくれない。

15

銭湯や豪華な飲み会などだという。

高価なサングラス買って、亀仙人になるくらいなら、可愛がってる後輩に使ってやったらいいのに(笑)

ダメ出しする先輩を睨みつけて聴く
ケンドーコバヤシの証言

まだコロチキがデビューしたての頃。
若手にありがちなダメなところを、宮川大輔とケンコバが一緒に叱っていたという。

「お前らのせいで、10年後、吉本はつぶれるんやぞ」と叱っていると、
なぜかナダルは舞台上で、睨み付けていたという。(笑)

とりあえずにらんでいたナダル

とりあえず、にらんでいたナダル

母からの電話で嘘を言う
相方:西野の証言

前回のオンエアを観た母から、ナダルに「観ていられなかった」と電話があったという。
するとナダルは、こう答える。
「僕はあれ、わざとやねん。

お母さんが心配しないように、あれを最初から全部知ってて、構成上、演技してる!!
あれは台本でやった『ナダル』だから、お母さんは心配せんでいいよ」と伝えると、

お母様は「良かった」と答えるという。

お母さんからの電話に、嘘を言う

お母さんからの電話に、嘘を言う

スタジオでは「(心配する)お母さんがかわいそう」という意見もありますが、
アレを育てたお母様ともなると、ひょっとすると、「あのお母さんが育てたから、ああいう子どもになったんだ!」の可能性も多いにありますので、一概に「かわいそう」とも言えませんよ。

次ページ: 前回オンエア日、Twitterが悲惨!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC