アメトーク 16.11/03『ひんしゅく体験!ナダルアンビリバボー2』見逃した人に!

客席に、仲良しの後輩:亜生(ミキ)を発見した際、
「亜生おるやん!」と、驚愕の表情!

人々に「(亜生は話を)盛るクセあるから」と、まだ一言も話していない後輩の事を、そんな風に説明!
もちろん、亜生さんにそんなクセは無いそうです。

いきなりの汚名に驚く亜生さん

いきなりの汚名に驚く亜生さん

「ナダルさん、『一緒に共演したいなぁ』って言ってくれたじゃないですかー?!」と詰め寄る亜生さんに、

「俺が言ったのは、こういうところでじゃない!
(ジェスチャーで)もっと(高いところで)
と、言いかけ、
みんなにまた「こういうところってなんや! お前、アメトークを低く見てるんか?」と怒られる。
言う事なすこと、全て墓穴を掘るんだよね、ナダルさん(笑)

まるで「みんなが自分を責めたいだけだ」の如き、言い草の数々に、亜生さんが「僕はナダルさんのおかげで、こうやって出させて頂いて、めっちゃ感謝してますよー!」と言うと、

「じゃイイ事だけ言って、うん!」と・・・まるで恫喝!

25

「5月のゴールデンウィークの釣り、楽しかったやろ!!」と、足繁く遊んでいる割りに、自分に都合のいい、かなり前のエピソードを話させようとする(笑)

先輩(ジャルジャル)のネタを上から批評
相方:西野の証言

昨年、ジャルジャルがM-1に出演した際の話。
1話目が終わったジャルジャルが、面白かった為、楽屋でモニターを観ていた面々は、ワー!っと手を叩いて、盛り上がっていたという。
ところがナダルさんだけは、腕を組み、ムッとモニターを睨んでいたという。
「どうした、ナダルさん」と訊くと

28

「この人ら、まだまだ伸びよるな・・・」と一言。

・・・先輩に「伸びよる」は失礼や!

ナダル曰く「まったく覚えていない。

西野、ほんとの事を言って!
『オモロ過ぎ!』って言ったのは覚えてる」

次ページ: キングオブコント優勝してからの言動が益々おかしいナダル

スポンサーリンク
レスポンシブ PC