アメトーク 16.11/03『ひんしゅく体験!ナダルアンビリバボー2』見逃した人に!

新しい劇場の壁を壊した、
修理代のニセ請求書を渡すと!

壁の修理代のニセ請求書

壁の修理代のニセ請求書

前回、楽屋で相撲を取っていて、新築の劇場の壁に穴を開けた話を暴露されたナダル。
詳しい話は、「アンビリバボー1」を!

今回は、その問題の穴の、ニセの修理請求書が、劇場からナダルの事務所宛てに送られてきたという設定で、
事務所から請求書を預かったマネージャーが、ナダルに渡すように上司から指示を受け、説明を求める。
「どういう事ですか?」と。

請求書は9万5千円。

すると、急にチマチマの弁当を食べ始め、
「高見(ヒガシ逢ウサカ)に言ったほうがいいやろ。
盛山(見取り図)さんも出てくるやろ」

先輩芸人に責任転嫁

先輩芸人に責任転嫁

「これね、1人で10万はやっぱ多いから、ちょっと割った方がいいと思う。
そん時、おったやつ・・・20人くらい。
盛山さんが相撲をやろうと言い出した。

正直、その件に関しては被害者やからな。

割合的に俺が1万くらい払わないといかん。

高見2万、盛山さんが2万。」

と、あくまでも被害者ヅラをする。

48

すると、新証言!

亜生さんが「僕もその場に居ましたけど、ただただナダルさんが暴れていたという風にしか覚えていない」

「来い来い! 誰や、次誰が来るねん!」とはしゃいでいたという。

そもそも壁を壊した日、高見さんと盛山さんは、壊してしまったので劇場に言いに行こうとしていたという。
ところが、ナダルが「もうええやん、今日はもうええやん、もうやめとこ」と、

隠匿を計画

隠匿を計画

「これ、言わへんかったら、めっちゃ下の芸歴のやつがやったって事にしとこ」などと、半ば隠ぺい状態であったという。

それを証言しようとする亜生さんに
「亜生! 本当に悪いことばっかり言って、お前は!」と、まるでワンコちゃんを叱るみたいに、ピシャリと叱るナダル。

収録後、楽屋で着替えながら「熱があった時、やった!と思ったもんね!」と語るナダルの姿が暴露されました(笑)

やっぱりナダルさんは、卑怯っぷりが秀逸でしたね!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC