日本語声優キャストの吹き替えがひどいと話題の映画『キングオブエジプト』評価と口コミまとめ

こんにちは、「にぎわす.com」です^^

今回の『にぎわす』は、日本でも2016年(平成28年)9月9日(金)から公開になりました
映画『キング・オブ・エジプト』の評価や口コミです!

%e5%bc%95%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf

ただ単に予告編がとっても楽しそうだったので、実際観に行くにあたって、口コミをなんとなく調べてみたら、

単純に「面白かった」っていうのも沢山あるけど、

それ以上に、ものすごい酷評の嵐だったので、まとめてみました。

『キング・オブ・エジプト』のメイン出演キャスト

典拠: watchlatestmoviesnow.com

典拠: watchlatestmoviesnow.com

ホルス役・・・ニコライ・コスター=ワルドー(日本語声優: 中村 悠一)

ベック役・・・ブレントン・スウェイツ(声: 玉森 裕太 Kis-My-Ft2)

セト役・・・ジェラルド・バトラー(声:小山 力也)

トト役・・・チャドウィック・ボーズマン(声: 中村 和哉)

ハトホル役・・・エロディ・ユン(声: 沢城 みゆき)

ザヤ役・・・コートニー・イートン(声: 永野 芽郁)

制作本国アメリカ・オーストラリアでの評価と評判

アメリカとオーストライアの共同作品。

原題: Gods of Egypt(『エジプトの神々』)

分野としてはファンタジー映画という事で、配給開始。

アメリカ、カナダを始めとする68か国では、2016年2月26日に公開スタート。

典拠: twitter.com

典拠: twitter.com

日本は半年遅れの、9月9日スタートでした。

・・・というわけで、

私たちは幸運?にも、制作国の評判と、

試写会などに参加した日本人のコメントを両方聴けるわけです。

まず本国、アメリカ・オーストラリアの前評判ですが、
他の冒険系映画と同じく、上々のイメージからスタート。

2D、RealD 3D、IMAX 3Dという選びたい放題の状態。

結果から書きますと、
$140,000,000.oo(日本円にすると143億円くらいでしょうか)の製作費に対して、$147,000,000.oo(約150億円)ほどの収益を上げた。
(ただし、日本のように公開が半年遅れでスタートする国もあるため、世界的な規模ではまだ不明)

コストのかかるあの手のタイプの映画で、7億円の収益って、
「ホッと一息」というところでしょうか。

一昔前だと、『インディ・ジョーンズ』『ロマンシング・ストーン』など、歴史冒険モノは誰もが息をのみ、外れはありませんでしたが、

近年になると、冒険映画にも出尽くした感があり、

出演する役者さん達の

「さ、超大作ですよ、文句ないでしょ、どうぞ!」感がひどくなっており、外れが出た時の破壊力たるやすごい!

筆者は米国の映画制作にご縁があり、ヒット外した時の借金額を尋ねたのですが・・・

もう桁が違いました・・・。

監督さん達曰く、「額になじみが無さ過ぎて『借金こさえてしまった感』がまったくない」と仰っていました。

・・・楽しそうではなかったですが、ケロっとしていました・・・。

ふぅ・・・CG時代に突入して、良かったぜ・・・。

更に、日本ではありませんが、若手俳優さんが主演する映画などは

試写会や前挨拶で
「これが当たったら、俺、大スターですねん!
写真なら、さぁどうぞ!」
感がすごい事になっているケースも少なくない。

今、全てが全て当たるわけじゃないので、制作側は見ていてハラハラ・・・。

本作は子ども達には人気が出たものの、大人達からは賛否両論・・・

どころか、
「クソ映画」
「ゴミ」
「むちゃくちゃ」
などと、クソミソに酷評されている意見が目立った。

単純に楽しめばいいのにね。

酷評された理由は、下記の「『イマイチ』だと酷評された理由」をご覧あれ。

・・・日本では、夏休み明けシーズンに公開ですし、完全に「娯楽」だと思って観た方が良さそうですね。

日本国内での試写会や公開後の評価と口コミ

まず申し上げたいのが、日本国内での評価も、アメリカとさほど変わりない件。

テクノロジーに着目しやすい日本人からは、「映画内で駆使されたCGがすごかった」等の意見はあるものの、アメリカ国内での評判と今のところ大きな変化はなさそうです。

日本語吹き替えに批難轟々という別の意味で話題作!

配給会社の気遣いでしょうか(笑)

※上記『キング・オブ・エジプト』の出演キャスト参照

アメリカ国内で酷評だったのか、日本語吹き替えだけでも話題になって、少しでも客入ってくれと言わんばかりに、ジャニーズ、お笑い芸人などを数多く起用していますね・・・。

主要な声優さんは、ジャニーズの方を初めとする、著名人ですね。

その他はプロの声優さんを使用。

 

そしてここからが、すごい・・・というか、
話題づくりかとおぼしき日本語声優キャスト

アスタルテ・・・オカリナ(おかずクラブ)

アナト・・・ゆいP(おかずクラブ

小うるさい召使い・・・未知やすえ(吉本新喜劇)

裁判長・・・吉村作治(考古学教授、博士)

悪魔たち・・・LiLico

イシスやシャリファには、まさかの田中真弓さん(はに丸君とか、チビ太とか、クリリンとか、コエンマ様とかルフィとかの)!!!
急に大御所!!!

そして、そのご尽力あってか、日本語版にもたくさんの人が入った。

・・・が、封切り当初から、観に行った方から、

「単純に面白い」「大好きになった」等のスケール感を楽しむコメントとどっこいどっこいくらいで、

「日本語吹き替えがひどい」

「吹き替え、これどうなった?!」

「吹き替え、違和感ありすぎだろ」

「棒読みっぷりが、小学生の本読みよりひどい」
と、酷評の嵐となった。

吉村先生やプロの声優さん達はともかく、普段からドラマや舞台をこなしている人達なのに、「吹き替えひどい」って・・・

ファンの動員を狙ってんでしょうが・・・
お金貰って観に来てもらうエンターテイメントで「ヘタクソ!」ってコメントが嵐のように付くってどうなのよ・・・。

P.S.
演技や放送・制作系の劇団や、学校でも習いますが、「お金を払って来てもらっているのだから、プロとして魅せる」のは基本中の基本ですね!

「イマイチ」だと評価された理由:
エジプトなのにほぼ白人キャスト!

で、ここからが、酷評された理由です。

もちろん
「楽しい映画じゃない?
どうしてここまで批難されるかわからない」
って意見もたくさんありました。

けど大半は、やっぱり悲しいほど酷評。

まず、アメリカ本国で言われたのが

「クソ映画」

「観ないほうがいい」

「CGばかりがゴチャゴチャしていて、悪目立ちする」

「背景の景色や、時代背景もむちゃくちゃ。
神々の世界で起こる事なら納得できるが、あくまでも普段の設定はエジプト!
なのに、背景設定がむちゃくちゃなのが、度を越している」

そして日本だけでなくアメリカでも何より目立ったのが、

「どうしてエジプトなのに、白人ばかりが演じているのか」という意見。

そうなんです、あの時代を考えると、もし白人がエジプトに居たとしても、ほんの一握りのハズ。

なのに、この映画には、ほぼ白人でキャスティング・・・

それにしても、アメリカ国内でも、作品内の人種の起用が話題になるなんて、ちょっと前まで、白人・黒人が別れて乗ってた国の意見だと思うと、実に感慨深いですね・・・。

エジプト人を一切起用しない堂々の配役!

典拠: watchlatestmoviesnow.com

典拠: watchlatestmoviesnow.com

ホルス役・・・ニコライ・コスター=ワルドー(デンマーク人)

ベック役・・・ブレントン・スウェイツ(オーストラリア人)

セト役・・・ジェラルド・バトラー(イギリス・スコットランド人)

トト役・・・チャドウィック・ボーズマン(アメリカ人)

ハトホル役・・・エロディ・ユン(カンボジア人を父に持つフランス人)

ザヤ役・・・コートニー・イートン(オーストラリア人)

え・・・?

恐ろしい程、エジプトらしき人は出てこない。

せいぜいアメリカ出身のチャドウィック・ボーズマンの出身地の御先祖が、アフリカ大陸出身って事でしょうか?

トト役チャドウィック・ボーズマン 典拠: vogue.com

トト役チャドウィック・ボーズマン
典拠: vogue.com

ちなみにチャドウィックの御先祖様は、シエラ・レオネ出身のリンバ人だそうですよ。

この映画、すごい数のエキストラさんが居るので、探せば中には居るのかもしれませんが、少なくともメインキャストの中にはゼロ!

・・・色さえ同じだったら、いえ、肌の色とか民族的背景はどうでもいい配役だったのでしょうかね。

ちなみに、この映画、ロケ地もオーストラリアだそう・・・
大陸すら違うので、違和感あるでしょうよ。

そもそも、気にしてないのかも。

私達日本人も見たことありますよね?

アメリカ映画で、日本人に助言を得る事なく作られたのか、

神社なのに、ゴーンと鐘をついていたり・・・宗教の異種格闘技戦みたい。
(冠婚葬祭は、ごちゃまぜで、神道・仏教・キリスト教で行う日本人だからという新しい配慮かも!)

肌の色だけ同じ、着物を着た女性(多分中国か韓国系の)が、腕や足を丸出しにして歩き回っていたり・・・日本人女性は、そんなはしたない恰好では出歩かない。

ただTVを見ているだけなら「ハハハ、馬鹿みたい」って笑っていられますが、私たち日本人スタッフとして、こんなに悔しいことはありません。

「私達が居るのに、外国人の勝手なイメージだけで映画が出来てしまった」
となります。

私のお師匠さんも、エミー賞を受賞した方でしたが、日本人以外が作る日本映画のイメージが、あまりに現実離れしていて、嘆いておられました。

筆者は人種様々な人々が暮らすアメリカで、オーディションを見ていたので、

そんな、デンマークやフランスから俳優女優使うくらいなら、在米のエジプト系役者さんたくさん居ます!

しかもすごい美男美女多いですよ!

多分、エジプト人が観たら、「なんじゃい、これ」状態の服装とかしてるんでしょうよ。

マネしないで欲しいので、あえて伏せて書きますが、アメリカ人にとあるアメリカの歴史の話をすると、全員ブスーっとします。

(別に悪い話でも、悪口でもありませんよ)

なので、み~んな「自分のご先祖は、●●系〇〇人」だ、とかいうルーツの話は大好きです。

すごく得意げに語ります。

自分のルーツに、堂々と自信を持つのはいいことです。

けれども、他の民族のバックグラウンドに敬意を払わないのは、少々違和感です。

・・・50年以上前から、白人が黒塗りして映画に出てきたりしていた時代から、ちょっと変化したかと思えば、

白人の座長公演みたいななの?

まさかの「人種背景はなかったことに!」状態?!

オーストラリアが一緒に作っているんだから、きちんとしてくれそうなもんなのに・・・

一緒になって、歴史の改ざんでも始めたか?!

アメリカ本国でも
「エジプトなのに白人ばっかりはおかしいでしょ?!」

「まるでデタラメじゃない!」
という意見がけっこう出てるって事は、あきれているのは有色人種ばかりじゃなさそうです。

思えばいつも、冒険モノだと、白人主人公が現地に行き、現地の敵対する白人と争うか、こらしめるか・・・。

『インディ・ジョーンズ』なんていいほうです。

現地の人たくさん出てきますし、彼らにきちんとした役柄がありますから。

もう21世紀ですよ、

いい加減「世界には、色んな人種が居て、色んな文化的背景を持つ国民と民族がいる」って事、知ってくれよ。

小学校から歴史や地理の時間、あるでしょうに・・・。

以上、筆者にしてはかなり珍しい、ちょっと怒りの記事でした。

追記: 原稿を書いた当初は作品を観ないまま書いたものと、見てから書いたものがごちゃ混ぜになっていましたので、混乱させてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの映画ファン より:

    ベック役の声がへたくそ。なんか頼りない少年じみた声質で、ミュージカルっぽいわざとらしいレベル。
    人気アイドルらしいが?そのファンは擁護的見解で暖かい評価をしてるが、映画ファンとしては素人の下手な吹替えほど不愉快極まりない。
    その恋人ザヤ役の声が・・・これまたひどい。棒読み。感情移入なし。
    中学生に声優やらせてる文化祭の劇レベルでひどいわ。
    人気アイドルは声優に向かない。せめてアニメの声優でとどめて欲しい。

    • 仔ブタ より:

      通りすがりの映画ファン様

      怒りのコメントありがとうございますwww
      個人的には、俳優・女優さんは演技のプロなわけですよ・・・それをお構いなしに、各国自分の国の言葉で声優を付けて「動いてさえ居てくれりゃいい」状態の放送の仕方はどうなんだ、と思います。
      ただ、字幕読めないor読むの得意じゃない人達も居るわけで、仕方のない事だとも思っています。

      しかしお金払って観に来てくれてる人達に、「ひでーな、こりゃ」と思わせる声優の技量は、問題外です。
      声優って、演じてる声優ファンを喜ばせる為のものじゃないですものね、作品自体の雰囲気を壊してしまうというのは少し違う気がします。

error: Content is protected !!