日本語声優キャストの吹き替えがひどいと話題の映画『キングオブエジプト』評価と口コミまとめ

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回の『にぎわす』は、日本でも2016年(平成28年)9月9日(金)から公開になりました
映画『キング・オブ・エジプト』の評価や口コミです!

%e5%bc%95%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf

ただ単に予告編がとっても楽しそうだったので、実際観に行くにあたって、口コミをなんとなく調べてみたら、

単純に「面白かった」っていうのも沢山あるけど、
それ以上に、ものすごい酷評の嵐だったので、まとめてみました。

『キング・オブ・エジプト』のメイン出演キャスト

典拠: watchlatestmoviesnow.com

典拠: watchlatestmoviesnow.com

ホルス役・・・ニコライ・コスター=ワルドー(日本語声優: 中村 悠一)

ベック役・・・ブレントン・スウェイツ(声: 玉森 裕太 Kis-My-Ft2)

セト役・・・ジェラルド・バトラー(声:小山 力也)

トト役・・・チャドウィック・ボーズマン(声: 中村 和哉)

ハトホル役・・・エロディ・ユン(声: 沢城 みゆき)

ザヤ役・・・コートニー・イートン(声: 永野 芽郁)

制作本国アメリカ・オーストラリアでの評価と評判

アメリカとオーストライアの共同作品。

原題: Gods of Egypt(『エジプトの神々』)

分野としてはファンタジー映画という事で、配給開始。

アメリカ、カナダを始めとする68か国では、2016年2月26日に公開スタート。

典拠: twitter.com

典拠: twitter.com

日本は半年遅れの、9月9日スタートでした。

・・・というわけで、

私たちは幸運?にも、制作国の評判と、

試写会などに参加した日本人のコメントを両方聴けるわけです。

まず本国、アメリカ・オーストラリアの前評判ですが、
他の冒険系映画と同じく、上々のイメージからスタート。

2D、RealD 3D、IMAX 3Dという選びたい放題の状態。

結果から書きますと、
$140,000,000.oo(日本円にすると143億円くらいでしょうか)の製作費に対して、$147,000,000.oo(約150億円)ほどの収益を上げた。
(ただし、日本のように公開が半年遅れでスタートする国もあるため、世界的な規模ではまだ不明)

コストのかかるあの手のタイプの映画で、7億円の収益って、
「ホッと一息」というところでしょうか。

一昔前だと、『インディ・ジョーンズ』『ロマンシング・ストーン』など、歴史冒険モノは誰もが息をのみ、外れはありませんでしたが、

近年、冒険の内容にも出尽くした感があり、

出演する役者さん達の

「さ、超大作ですよ、文句ないでしょ、どうぞ!」感がひどくなっており、外れが出た時の破壊力たるやすごい!

更に若手俳優さんが主演する時などは

試写会や前挨拶で
「これが当たったら、俺、大スターですねん!
今のうちに、コネ作りたい方は、さぁどうぞ!」
感がすごい事になっているケースも少なくない。

・・・全てが全て、当たるわけないのに。。。

本作は子ども達には人気が出たものの、大人達からはイマイチ・・・

どころか、
「クソ映画」
「ゴミ」
「むちゃくちゃ」
などと、クソミソに酷評されている意見が目立った。

酷評された理由は、下記の「『イマイチ』だと酷評された理由」をご覧あれ。

・・・日本では、夏休み明けシーズンに公開ですし、完全に「娯楽」だと思って観た方が良さそう。

日本国内での試写会や公開後の評価と口コミ

まず申し上げたいのが、日本国内での評価も、アメリカとさほど変わりない件。

テクノロジーに着目しやすい日本人からは、「映画内で駆使されたCGがすごかった」等の意見はあるものの、アメリカ国内での評判と今のところ大きな変化はなさそうです。

日本語吹き替えに批難轟々という別の意味で話題作!

配給会社の気遣いでしょうか(笑)

※上記『キング・オブ・エジプト』の出演キャスト参照

アメリカ国内で酷評だったのか、日本語吹き替えだけでも話題になって少しでも入ってくれと言わんばかりに、ジャニーズ、お笑い芸人などを数多く起用している。

主要な声優さんは、ジャニーズのKis-My-Ft2の玉森君。

その他はプロの声優さんを使用。

そしてここからが、すごい・・・というか、
話題づくりかとおぼしき日本語声優キャスト

アスタルテ・・・オカリナ(おかずクラブ)

アナト・・・ゆいP(おかずクラブ

小うるさい召使い・・・未知やすえ(吉本新喜劇)

裁判長・・・吉村作治(考古学教授、博士)

悪魔たち・・・LiLico

イシスやシャリファには、まさかの田中真弓さん(はに丸君とか、チビ太とか、クリリンとか、コエンマ様とかルフィとかの)!!!
急に大御所!!!

そして、そのご尽力あってか、日本語版にもたくさんの人が入った。

・・・が、封切り当初から、観に行った方から

「日本語吹き替えがひどい」

「吹き替え、これどうなった?!」

「吹き替え、違和感ありすぎだろ」

「棒読みっぷりが、小学生の本読みよりひどい」
と、酷評の嵐となった。

吉村先生やプロの声優さん達はともかく、普段からドラマや舞台をこなしている人達なのに、「吹き替えひどい」って・・・

ファンの動員を狙ってんでしょうが・・・
お金貰って観に来てもらうエンターテイメントで「ヘタクソ!」ってコメントが嵐のように付くってどうなのよ?!

コブタは、吹き替えではなく、オリジナル派なので、観に行く事はなさそうですが・・・
DVDでも出たら、そんなにひどいのか観てみようかしら。

「イマイチ」だと評価された理由:
エジプトなのにほぼ白人キャスト!

で、ここからが、酷評された理由です。

もちろん
「楽しい映画じゃない?
どうしてここまで批難されるかわからない」
って意見もありましたよ!

けど大半は、やっぱり悲しいほど酷評。

まず、アメリカ本国で言われたのが

「クソ映画」

「観ないほうがいい」

「CGばかりがゴチャゴチャしていて、悪目立ちする」

「背景の景色や、時代背景もむちゃくちゃ。
神々の世界で起こる事なら納得できるが、あくまでも普段の設定はエジプト!
なのに、背景設定がむちゃくちゃなのが、度を越している」

そして日本だけでなくアメリカでも何より目立ったのが、

「どうしてエジプトなのに、白人ばかりが演じているのか」という意見。

そうなんです、あの時代を考えると、もし白人がエジプトに居たとしても、ほんの一握りのハズ。

なのに、この映画には、ほぼ白人でキャスティング。

エジプト人を一切起用しない堂々の配役!

典拠: watchlatestmoviesnow.com

典拠: watchlatestmoviesnow.com

ホルス役・・・ニコライ・コスター=ワルドー(デンマーク人)

ベック役・・・ブレントン・スウェイツ(オーストラリア人)

セト役・・・ジェラルド・バトラー(イギリス・スコットランド人)

トト役・・・チャドウィック・ボーズマン(アメリカ人)

ハトホル役・・・エロディ・ユン(カンボジア人を父に持つフランス人)

ザヤ役・・・コートニー・イートン(オーストラリア人)

え・・・?

恐ろしい程、エジプトらしき人は出てこない。

せいぜいアメリカ出身のチャドウィック・ボーズマンの出身地の御先祖が、アフリカ大陸出身って事でしょうか?

トト役チャドウィック・ボーズマン 典拠: vogue.com

トト役チャドウィック・ボーズマン
典拠: vogue.com

ちなみにチャドウィックの御先祖様は、シエラ・レオネ出身のリンバ人だそうですよ。

この映画、すごい数のエキストラさんが居るので、探せば中には居るのかもしれませんが、少なくともメインキャストの中にはゼロ!

・・・白人にとっては、色さえ同じだったら、いえ、肌の色とか民族的背景はどうでもいいのでしょうかね。

ちなみに、この映画、ロケ地もオーストラリアだそう・・・
大陸すら違うので、違和感あるでしょうよ。

そもそも、気にしてないのかも。

私達日本人も見たことありますよね?

アメリカ映画で、日本人に助言を得る事なく作られたのか、

神社なのに、ゴーンと鐘をついていたり・・・宗教の異種格闘技戦みたい。
(冠婚葬祭は、ごちゃまぜで、神道・仏教・キリスト教で行う日本人だからという新しい配慮かも!)

肌の色だけ同じ、着物を着た女性(多分中国か韓国系の)が、腕や足を丸出しにして歩き回っていたり・・・日本人女性は、そんなはしたない恰好では出歩かない。

ただTVを見ているだけなら「ハハハ、馬鹿みたい」って笑っていられますが、日本人スタッフとして、こんなに悔しいことはありません。

「私達が居るのに、外国人の勝手なイメージだけで映画が出来てしまった」
となります。

そんな、デンマークやフランスから俳優女優使うくらいなら、在米のエジプト系役者さん居たでしょうに!

多分、エジプト人が観たら、「なんじゃい、これ」状態の服装とかしてるんでしょうね。

・・・50年以上前から、白人が黒塗りして映画に出てきたりしていた時代から、ちょっと変化したかと思えば、

白人の座長公演みたいななの?

まさかの「人種背景はなかったことに!」状態?!

オーストラリアが一緒に作っているんだから、きちんとしてくれそうなもんなのに・・・

一緒になって、歴史の改ざんでも始めたか?!

でもま、アメリカ本国でも
「エジプトなのに白人ばっかりはおかしいでしょ?!」

「まるでデタラメじゃない!」
という意見が出るって事は、あきれているのは有色人種ばかりじゃなさそうですね^^

思えば、いつもそうでした。

冒険モノだと、白人主人公が現地に行き、現地の敵対する白人と争うか、こらしめるか・・・。

『インディ・ジョーンズ』なんていいほうです。

現地の人たくさん出てきますし、彼らにきちんとした役柄がありますから。

もう21世紀ですよ、

いい加減「世界には、色んな人種が居て、色んな文化的背景を持つ国民と民族がいる」って事、知ってくれよ。

小学校から歴史や地理の時間、あるでしょうに・・・。

と、ぶつくさ言いながら、ファンタジー映画好きだから、子どもに戻り「娯楽映画」だと思って観に行くコブタでした。

スポンサーリンク
レスポンシブ PC