個人で買える、自宅で受けられるPCR検査キットがあるだって?! 唾液採取で痛くない、結果判定方法や費用、精度などをチェック!

典拠: Teacher Trap

体調悪くて病院行ったら、コロナ疑われて、
診察終了時間まで院内へ入れて貰えず、車で待たされた・・・

診察どころか、PCR検査だけでも受けようと思ったら、
待ち時間すごくて、ずっと並ばなくちゃいけなかった・・・

そんな話が身近になってきましたねー・・・。

わたくしごとですが、
先日、とんだ事が起こりました。

妹が、ひどい熱を出したのです。

3~4日経ってもずっと微熱~高熱が続いて、病院に連れて行ったところ・・・

自宅が限りなく県境、かつ、ド田舎な我が家・・・

反復横跳びすれば、1分間に何度も隣県に行けるような距離(笑)

問診票の「1~2週間以内に県外に出ましたか?」の質問には、もちろんYesと答えるしかありません。

そのせいか、いくつもの病院には診察前の口頭質問で診察拒否・・・。

検査すら、所定の機関じゃないので受けさせて貰えず、やむなく帰宅。

ついに深夜、熱続きで意識もおかしくなり、救急車を呼びました。
やっとひとつの病院が受け入れてくれた頃には、本人は気を失っていました。

典拠: Jiko Trading

緊急病棟で出された診断結果は「扁桃腺炎」・・・。

どうやら雑多なばい菌が入ってしまい、高熱が出た様子。

コロナではありませんでした。

幸い、抗生物質をもらった妹はだんだん良くなりました

・・・・・・が!

ここでやっと思い知りました。

コロナだった人も、コロナじゃなかった人も、
すでに、病院にはなかなか受け入れて貰えなくなっているという現実。

こんなの絶対、うちだけじゃないぞ?!

この先、コロナなどでなくても、
こんなコロナっぽい症状の人々を「ウェルカム!」で迎えてくれる病院が増えるわけもなく・・・

咳・くしゃみ・熱、なんかの症状じゃなく、交通事故や盲腸であったとしても、
医療現場のひっ迫が問題になっている昨今、

病院自体がそれらの患者を受け入れる事ができない、という事態がもう来てる!

「すでに大きな都道府県からそうなってきている」ってニュースが訴えてたけど、本気で来た。

中には、

「PCR検査に行くように指示されたが、こんなに咳やくしゃみがでている中、
公共機関に乗って行っていいのか・・・」

「保健所に電話かけたら、PCR検査をすすめられたが、
そもそも微熱で行けそうもないから電話で相談したのに・・・」というご意見も。

もはやPCR検査までたどり着けない人さえ出てきとるがな・・・。

典拠:Geneva Business News

我が家では、妹の救急車の件で大変だった経験から、
ちょっと調べてみたところ・・・・・・なかなか良さそうなものが!

自宅で受けられる【検査キット】があるという!

購入する方は、なんでも、

  • 1個から買えるもの、
  • 唾液だけで判定できるもの、
  • 血液を採取してから結果をみるもの、
  • 過去にかかった事があって抗体があるかどうかがわかるもの

はてまた、

  • 検査後、結果までそのまま自宅でわかるもの、
  • 検査後、専門機関にキットを送り、より確実な結果がLINEやメールで送って貰えるもの、
  • 会社や家族用に複数個を買う人

など、実にさまざまです。

それに、
今日受けたPCR検査で陰性だったからといって、
明日も明後日も陰性というわけではないですから、

接客業など、対・人の仕事の方も何個もストックしている方がおられました。

家族の1人でも「体調がどうもおかしい」と思うような事があれば、

家族そろって一気に確認できるので、置き薬のように検査キットを人数分買っておくご家庭もあるんだとか。

うちの妹のように、ちょっと体調悪くなっても、病院はすぐに受け入れてくれませんしね・・・。

PCR検査と抗体検査の違いは??

典拠: Inc.com

専門的な事は、お医者様に任せるとして、
ここでは簡単に、抗体検査とPCR検査の違いを書いておきたいと思います。

抗体検査とは・・・

よくインフルエンザの診断で使われる検査 ↓↓↓

そのウィルス特有のたんぱく質を狙ってくっつく物質を利用し、唾液や血液などに含まれる菌を見つけます。
体内に抗体たんぱく質ができているかどうかを調べます。

検査を受けてみて、「抗体アリ」のサインが出た場合、過去知らずにコロナに罹患していた(もしくは現在、罹患している)可能性があります。

PCR検査とは・・・

抗体検査と同じく、ウィルスそのものを感知する検査↓↓↓

抗体検査よりは、検査結果の精度が高く、より確か。
ただし、結果が出るまでに、早くても数時間~数日かかるのがネックです。

抗体検査PCR検査別物なので間違えないようにしましょう!

*************

これからご紹介する検査は全て、専門の機関に行かずとも、
家庭やオフィスで受ける事ができます。

検査結果が、「抗体あり」と出たり、陰性であったとしても、
体調に異常を感じる場合は、早くしかるべき医療機関へ行って下さい。

「現在感染している」というサインが出た場合は問答無用で、帰国者・接触者相談センター、新型コロナウィルス受診相談センターなどの市町村の専門機関に問い合わせて、診察を受けて下さい。

個人で買える、
抗体検査・PCR検査キット オススメ3選!!

典拠:Business-Love To Know

ではタイプ別に3つご紹介します。

色んなタイプの検査薬がありましたが、
それぞれの検査方法や、分野内で1番リーズナブル!

かつ、信頼のおけそうなものを選んでみました。

※ 状況次第で、売り切れになっている場合があります。

唾液を採って結果も自宅で10分でわかる
新型コロナウイルス 抗原セルフ検査キット!

こちらは、唾液や鼻粘膜をスワブ(綿棒)で採取して、「現在感染しているかどうか」を調べる事ができる、ドイツ連邦も認定している「抗体検査」方法

検査方式:  免疫クロマトグラフィー法

検査方法:  鼻粘膜や唾液を、専門スワブ(綿棒)で採取

検査結果: 検査を受けたその場で5~20分後

個数: 1回分

皮膚を消毒したり、針で突いて血を取ったりと、痛い思いをしなくても検査できるのが魅力ですね!

しかも、妊娠検査薬みたいに、数分後に家で結果が見られる!

しかしお間違いなく!

こちらは、PCR検査とは違い、新型コロナの「抗原検査」なので、PCR検査より精度が低いのだ。

変異種にも対応!
血液採って、おうちで10分でわかる「陰性・感染・免疫抗体」検査キット!

こちらは、清潔にした指先や皮膚の柔らかい部分から採血して、

  • 陰性なのか
  • 感染しているのか
  • 感染しているのなら、初期・中期・後期どの段階なのか
  • 過去にかかった事があり、抗体があるかないか

が、わかる「抗体検査キット」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

抗体検査キット-研究用-
価格:2580円(税込、送料別) (2021/2/9時点)

検査方法:  自分で採血した血液から

検査結果: 検査を受けたその場で10分後

個数: 1回分

先程の検査薬と同じく、検査後10分程ですぐに結果を知る事ができます。

検査結果を知るために、検体(採血結果)をどこかへ送ったり、数日待ったり・・・などはしなくてもよいのだ!

ただ、血液を採取する場所を消毒して、自分でプスリ!と血を出さなきゃいけないので、血の苦手な人や、勇気のない方にはちょっと難しいかも・・・!

こちらも、PCR検査とは違い、新型コロナの「抗原検査」なので、PCR検査よりは精度が低いとされています。

これがオススメ!
唾液を採取・PCR総合検査センターに送付で、

信頼できる結果がメールやLINEで受け取れる!

こちらは、口を開けっ放しにして、専用カップに唾液を溜め、
それを付属の封筒でPCR総合検査センターに送付する事で、
確かな専門機関から結果をメールやLINE、各種SNSで受け取れる「PCR検査キット」です。

検査対象者: 発熱等の症状がある人、濃厚接触者や、その疑いのある人

検査手段:  核酸増幅法(RT-PCR法)

検査方法:  唾液を専門採取容器に取って、専門機関に付属封筒で送付

検査結果: PCR総合検査センターに到着後最短3時間で、メールや各種SNSで受け取れる

個数: 1回分

他の商品のように、自宅で10分後に!とはいきませんが、

他、抗体検査と違い、れっきとしたPCR検査である点、
唾液から採取できて痛くないところ、

そして素人が検査結果を見て判断するのではなく、専門の機関に検体を見て貰って、判断して貰えるので信頼がおけますよね!

また、
きちんとしたPCR検査であるにも関わらず、ただの抗体検査よりも安価なのも嬉しいですね!

ちなみにこちらは、同じページ内のトップに、複数個購入できるリンクもあります。

パートナーやご家族向けに、

2個セット、

3個セット、

5個セット・・・

また、職場や会社などで一斉に受けられるように、

10個セット、

20個セット、

30個セット・・・と100個セットに至るまで、一斉検査も可能なリンクがありますので、大量購入も可能です◎

付属の封筒がありますので、キットの指示に従って、その中に、唾液を採ったものを梱包し、送り返せばOK!

新型コロナ対策 抗体検査・PCR検査キット まとめ

典拠: The Economic Times

色んなタイプの検査薬がありましたが、
それぞれの検査方法や、分野内で1番リーズナブル!

かつ、信頼のおけそうなものをしっかりと選んでみました。

都道府県・市町村では「いずれは国民、一斉PCR検査受けさせる方向性で・・・」とか言ってるけど、それもいつになるやらわからない状態ですし、

いざ体調がおかしくなってから、検査薬を取り寄せたり、
決死の思い出検査を受けに行くのも、時間がかかるし大変なので、あらかじめ常備しておくのもいいなぁと思ってご紹介しました。

参考にしてみて下さい^^

======================


■注意事項■

  検査結果が、「抗体あり」と出たり、陰性であったとしても、どうも体調がおかしいという事が続く場合は、早く担当の病院へ行きましょう。

 「現在感染している」というサインが出た場合、すぐに帰国者・接触者相談センター、新型コロナウィルス受診相談センターなどの市町村の専門機関に問い合わせて、医師の診察を受けるようにして下さい。

  検査はあくまで「今現在(検査時)、新型コロナにかかっているかどうか」を調べるものです。

  受けたばかりの検査で「陰性」「抗体あり」だからと言って、それ以後もずっと陰性だという事ではありません。
  検査結果を過信せず、手洗い・うがい・マスク・消毒・ソーシャルディスタンスなどに心掛け、いつも「自分がウィルスをもっている」という心づもりで行動しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする