アホの坂田に憧れて、中2で家出、留置所で運命のヤクザと!明治・早稲田も合格したのに、なぜ専修大へ?東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス』に!

留置所の先客ヤクザは、のちに運命の人に!!!

当時は、親に迎えに来てもらおうにも、宮崎から小倉に出てくるためには10時間かかる。

警察も少年を置いておく場所などない為、親を待ち落ち着ける為に、一時的に留置所に置いておいたという。

しかしその部屋には先客があり、現在では口に出せない職業の、完全にあちらの世界のオジサンが居たという(・・・ダメでしょ、一緒にしちゃ。。。)

東国原少年が留置所で同室になったヤクザのおじさん

東国原少年が留置所で同室になったヤクザのおじさん

オジサンは、訊いた。

「おい小僧、コラ!
お前、何やって入ったんだ~!
どうせ家出だろう?!」

と。

東少年は「はい、大阪の吉本興業へ行って、アホの坂田師匠に弟子入りしようと思って家出をしました」と正直に答えたという。

するとそのヤ○○のオジサンが

25

「これからのお笑いには頭も必要。
高校や大学くらい出てから、お笑いを目指せ!」

と言ったという。

なんていいオッサンでしょうか。

ここでこのオジサンに出会わなかったら、今の東国原さんはなかったとの事。

つまり東国原さんにとっては、これが初めてのお師匠になるわけですね^^

その言葉通り、東少年はそれから猛勉強し、進学高校へ。

次ページ: 大学受験費用を使い込み?! 
群を抜いたダメダメ受験生・東国原青年!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!