仲良しが一番!病気を乗り越え、かつみさゆり「しくじり先生」でなれそめや、数々の借金返済ビジネスを語る

最終章:将来に不安を持つ全ての夫婦へ

69

どんな時も隠しごとをせずに本音を伝える。

自分よりも相手に幸せで居て欲しいという気持ち。

自分よりも相手に幸せで居て欲しいという気持ち。

さゆりさんがコンビを組む時言われた言葉が印象的

07

「夫婦とは、コンビとは、全て半分こや。

そこにガムがあったなら、その一枚も半分こ。

二つに分けても、大・小が出来てしまったら、
必ず大きい方を相手にあげる気持ちを持とう。」

「状況が悪くなった時、相手のせいにするのではなく、
うまく行ったときに、『ありがとう、この人のおかげやわ』と思ってやっていこう」という。

両親からは無償の愛を貰った。

しかし、かつみさんからも同じくらいの無償の愛を貰った。

親と同じくらいの愛を感じられるってすごい事。

かつみさんは言う。

「僕は、愛人の子。母が死んだら、ほんまに天涯孤独。

でもさゆりちゃんは、『私が家族になってあげる』と言ってくれた。

優しく接してくれた。僕は本当に幸せな男」という。

何の援助もなかったのに、借金だけ課せられたかつみさん。

父親をひどく恨んだという。

けれどさゆりさんは「本当に嫌いなら産ませたりしないよ。

お父さんは、その体と人生をくれたじゃない」と言ってくれたという。

「どうして別れないの?」と言われるが・・・

自分が家族から受けただけの愛を、かつみさんにも知って欲しかったという。

『家族って、大切な家族が困った時、見捨てますか?』 というさゆりさん。

私はかつみさんの家族だから見捨てない。

沈む時は一緒に沈むつもりで、乗り込んできた。

これからもずっとついていく」という。

借金を抱えた苦しんでいるご夫婦に言いたい。

「決してくじけないで!

借金って、その人の信用です。

貸してもらった分はあなた自身の信用です、必ず返せますから、頑張って元気で返して行って下さい」という。

72

かつさゆさんのしでかした事は確かにバカバカですが・・・

夫婦としての在り方は、感動ですし、本当に勉強になります。

一度は誓って夫婦になったのに、さしたる修復の努力もせずに、トラブルとなったらすぐ離婚するご夫婦が当たり前の時代に・・・

亭主関白でもカカア天下でもなく、イコールの関係で支え合っているかつさゆさん!

73

見習わなければなりませんね。

自分の結婚の時には、是非参考にしないとなぁと思ったコブタでした^^

P.S.

残念ながら、「ボヨヨンスイーツ」は、建物側の経営者が変わった事で突如閉店が決まってしまったそうですが、そのノウハウを生かして、是非是非またスイーツ店やって欲しいですよね^^

スポンサーリンク
にぎわす 336×280 レスポ




error: Content is protected !!