渋イケメン!マイロヴィンティミリアの髪型や恋人・結婚ゴシップ、ギルモアやゴッサムなど出演作品

こんにちは、「にぎわす.com」のふじさんです^^

 

今回NHKでも始まりました、海外ドラマ
THIS IS US 36歳、これから
(原題: THIS IS US)』
みなさん、観ておられますでしょうか?

典拠: Auditions Free

 

その中から今日は、主人公お三方の内の1人!

イケメンコメディドラマ俳優:ジャック役、
マイロ・ヴィンティミリア
をピックアップしてみたいと思います!

典拠: talkyseries.it

昨年秋米NBCで放送されたヒューマンドラマ『THIS IS US 36歳、これから』

 

本国アメリカでは、同じ36歳の様々な人々の人生模様を描く内容が話題となり大ヒット。
シーズン3までの制作がすでに決定しています。

 

ヴィンティミリア演じる36歳の建設会社勤務のサラリーマン、ジャックは、家庭を大事にする愛妻家という役柄ですが、実生活では一体どんな方なんしょうかね?

ちょっと詳しく見ていきましょう!

『THIS IS US 36歳、これから』メイン出演キャスト

典拠: NBC.com

ケヴィン役ジャスティン・ハートリー
・・・(日本語吹き替え:高橋 一生)

ケイト役クリッシー・メッツ・・・(声優:林 りんこ)

ランダル役スターリング・K・ブラウン
・・・(声:杉村 憲司)

ジャック役マイロ・ヴィンティミリア

レベッカ役マンディ・ムーア

 

ウィリアム役ロン・シーファス・ジョーンズ 

トビー役クリス・サリヴァン 

ベス役スーザン・ケレチ・ワトソン

ミゲル役ジョン・ウェルタス

ソフィー役アレクサンドラ・ブレッケンリッジ

テス・ピアソン役エリス・ベイカー

アニー・ピアソン役フェイス・ハーマン

ジャック役マイロ・ヴェンティミリア プロフィール

~宣材データ、出演番組より~

典拠: chooseveg.com

名前: 
Milo Ventimiglia(マイロ・ヴェンティミリア)
日本での一般表記がヴィンティミリアの為、そちらで表記させて頂きます。

本名: 
Milo Anthony Ventimiglia(マイロ・アンソニー・ヴェンティミリア)

生年月日: 1977年7月8日(40歳)

出身地: 米国カリフォルニア州オレンジ郡アナハイム

活動分野: 俳優、映画監督

身長: 178㎝

体重: 78kg

胸囲: 99㎝

ウエスト: 81㎝

腕周り: 36㎝

出身校: 
エル・モデナ・ハイスクール、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(舞台専攻)

所属事務所: Management 360

Instagram 
Milo Anthony Ventimiglia(miloanthonyventimiglia)

Twitter Milo Ventimiglia(@MiloVentimiglia)

短髪の髪型が超似あう!
マイロ・ヴィンティミリアの生い立ちと学生生活

マイロ・ヴィンティミリア(40)は、米カルフォルニア州オレンジ郡アナハイム出身。
イタリア系(シチリア)の父と母親はイギリス・スコットランド系の母の間に生まれ、上にお姉さんが二人います。

子どもの頃のマイロは、ご本人が呼ぶところの“曲がった口”で生まれてきたと言い、なんでも神経が傷つけられてしまったせいで、左サイドに顔面麻痺が残ってしまい、固まったようになり、動かせなかったのだとか。

 

映画『ロッキー』で有名な俳優:シルベスター・スタローン氏なども、顔面麻痺を乗り越えて成功しておられる俳優さんとして有名ですが、ちょうどそんな感じだったという。

 

出典元:imdb

地元オレンジ郡のエル・モデナ高校では、ドラマ制作を手掛ける一方、生徒会で生徒会長の事務所を開いたことも。
当時から、行動派で目立つ存在だったようですね。

 

1995年高校卒業後、19歳でサンフランシスコにあるアメリカン・コンサーバトリー・シアターのサマープログラムで演技を学び、カルフォルニア大学ロサンゼルス校で演劇を専攻します。

役柄で髪型が自由変化!
マイロ・ヴィンティミリアの、メディアデビューと『ギルモアガールズ』『ヒーローズ』『ゴッサム』等、出演作品

18歳の頃、役者を志していたヴィンティミリアは、1996年制作の短編映画『Must Be the Music』でゲイの10代の若者、ジェイソン役でデビュー。
すでに主役をゲット!

この時マイロ、まだ高校生です。

出典元:Variety

その後、立て続けにテレビドラマシリーズ『CSI:科学捜査班』(2000-2015)、
『サブリナ』(1996-2003)、
『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』(1999-)、
『ボストン・パブリック』(2000-2004)等にゲスト出演を果たします。

ここで培った演技経験をもとに、次のメジャードラマへキャリアをステップアップさせます。

 

下積み時代のヴィンティミリアの知名度を一気に上げた作品がこちら『ギルモアガールズ』(2000年―2017年現在)。

出典元:Gilmore News

コネチカット州の小さな田舎町を舞台にしたTVドラマシリーズで、
30代のシングルマザー、ローレライとその娘ローリーの母娘を取り巻く人間ドラマです。

 

ヴィンティミリアは、シーズン2から、コーヒーショップの店主ルークの甥、ジェス・マリアノ役で出演。

主人公ローリーとディーンの高校生カップルの間に波乱を起こすちょっとそっけない不良少年ジェスが好評で、その後、『ギルモアガールズ』のスピンオフ作品、『Windward Circle(原題)』にも出演。

ジェスと疎遠になった父の関係にフォーカスしたストーリーでしたが、残念な事に放映されずお蔵入りに。