ショーンビーン:死にまくり再婚しまくりの浅野忠信?超モテ俳優の逮捕や過去出演作品などエピソード集

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

 

 

突然ですが、筆者は俳優:ショーン・ビーンの顔が好きです。

『シャープ』シリーズの時のショーン・ビーン
典拠:pinterest

 

「他にも居るのに、なんでソコ?!」と言われるのですが、好みなのでわかりません(きっぱり)

男女問わず、とにかく目のサイズなどはどうでもいいので、シュッとした切れ長のお目目で、鼻筋の通った人が好みなのです。

 

そんなワケで、ショー・ビーンの顔が好きなほうです。
(もはやどんなワケだかわかりませんが)

 

で、本日は、現在世界中で1位人気ドラマと言えましょうね、

 

Game of Thrones
(邦題:ゲーム・オブ・スローンズ)
でも活躍!

典拠: glocalmediait-pa.com

 

ショーン・ビーンについて、日本ではあんまり知られていない作品まで詳しく、どどーんと調べてみたいと思います。

 

役者歴の長い方でもうすでにずいぶん知られた方ですが、改めて現地メディアを調べてみたいと思います^^

過去出演作品や、エピソードがかなり長めになっていますので、読み飛ばしたい方はどうぞ。

 

ゲーム・オブ・スローンズのメイン出演キャスト

典拠:Quiz Factory.com

『ゲーム・オブ・スローンズ』その他出演キャストはコチラ

 

ショーン・ビーン公式プロフィール

~公式HPと宣材データ、出演番組より~

典拠: pinterest

名前: Sean Bean(ショーン・ビーン)

本名: Shaun Mark Bean(ショーン・マーク・ビーン)

愛称: ショーン

生年月日: 1959年4月17日(57歳)

出身地: 英国シェフィールド、ハンズワース

活動分野: 俳優、声優、ナレーター、溶接工

身長: 179㎝

体重: 85kg

出身校: 
ブルック・コンプリヘンシブ・スクール(1975芸術&英語)中退、
ロザーハム・カレッジ・オブ・アーツ&テクノロジー
(溶接コースのみ父の会社で働きながら)、
王立演劇学校(1983RADA)

趣味: ガーデニング、スケッチ画、

特技: ピアノ、フェンシング

好きな事: 
シェフィールド・ユナイテッド(サッカーチーム)のサポーター、
ヨークシャー・カウンティ―・クリケット・クラブのファン。
デビッド・ボウイの大ファン。

好きな食べ物: 
フライ・ベントス(ステーキと豆のパイ)、
ジンジャーナッツ、ワイン・グミ、フィッシュ&チップス

所属事務所: Independent Talent Group Ltd.

Twitter 
Sean Bean(@BadGuySeanBean)
ご本人のものかどうか不明。2014年3月以降更新ナシ

 

ショーン・ビーンの生い立ちと
さまよった学生時代の末に出会った天職!

若き日のショーン・ビーン
典拠: Pinterest

ショーン・ビーンは、1959年4月17日(今日ですね!)、英国の当時ウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャーと呼ばれたところ(現在は、サウスヨークシャー郡)のハンズワースに、

 

地元ハンズワースで従業員50人程の金属加工製作業を営むお店のオーナーであった父:ブライアン・ビーンさんと、
そこで秘書として働くお母様:リタさんとの間に、
長男:Shaun Mark Bean(ショーン・マーク・ビーン)として生まれた。

 

芸名のSean(ショーン)とは、読み方は同じですが、スペルが違いますね!

・・・理由は、後の過去出演作品の項目をご覧あれ!

 

妹の、ロレインさんが居ます。

 

 

そんなお家なので、段々と裕福になっていったにも関わらず、ご家族は友人・知人や親せき達と離れるのが嫌だった為、国営住宅が数多くある地域から一度も転出はしなかったのだとか。

 

子どもの頃の、ショーンは・・・と言えば、ちょっとした言い争いをしている最中に、なんと誤ってガラス製のドラを突き破ってしまい、そのガラス片が足に刺さってしまい、一時は歩く事もできない時期が続いたという。

 

今でもその大きな傷跡が残っているそうで、この傷が元で、プロのサッカー選手になるという、ショーンの夢は、残念ながら絶たれてしまった。

シェフィールド・ユナイテッドのロゴ
典拠: Wikipedia

 

ちなみにショーンは、8歳の頃からシェフィールド・ユナイテッドの熱烈なファン!

 

現在は左肩に「100 Blade」(Bladeとは、シェフィールド・ユナイテッドの略称)とタトゥーが入れる程!

左肩に「100% Blade」の文字が。
典拠: whiterosewritings.blogspot.com

 

(このタトゥーは様々な作品に出演する際、メイクで隠される事に!)

 

 

1975年、ショーン16歳の時、一般レベルの芸術と英語を学びに通っていた、ブルック・コンプリヘンシブ・スクールというところを辞めてしまいます。

 

そして、地元のスーパーなどで点々と仕事をした後、お父様の会社で働きはじめます。

 

イギリスのシステムで「研修休暇制度(労働者が、週一度、就業時間内で通学し、教育を受ける事ができるシステム)」を利用し、ロザーハム・カレッジ・オブ・アーツ&テクノロジーというところで、溶接のコースを受講し、勉強します。

 

ところが、そこに通っている間、ショーンは芸術の授業に出会い、そっちの方に興味を持ち始めます。

 

 

他にも2つの学校で、コースを受講したショーン。

1つは半日だけのプログラムで、もうひとつは一週間弱のもの。

それに通った後、ショーンはロザーハム・カレッジに戻ってきます。

 

 

そこでショーンにとって、運命の「演技コース」に申し込むことになります。

 

 

学内公演でいくらか役を演じ、ロザーハム市民劇場でも一度演技をした後、なんとショーンは、俳優学校の名門:ロイヤル・アカデミー・オブ・