周囲は誰も気が付かなかったのか?! 存在しない「ショーンK」。学歴・経歴・顔すらウソ!大卒ですらなかった純日本人「ホラッチョ川上・伸一郎」

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

ここ1日のうちに、とんでもないニュースがまた出てきましたね!

「ショーンK」こと、ショーン川上さんです。

ショーンK

ニュース報道など、よくコメンテーターとしてしごくマジメな顔して出演しておられましたよね?!

「学歴詐称」というから、てっきり「なんか1つ何か間違いがあったのでは?」と思ったのですが・・・

すごいですね、学歴から経歴まで、

「どれも嘘・これも嘘、顔すら嘘」でしたね!

そもそも彼は、この騒ぎになる前にどんなプロフィールという事になっていたのでしょうか?

現在、ショーンKさんのホームページはすでに消されていて、見れないようになっています。

なので、過去の記事から、順番に見てみましょう!

ショーン川上公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

Sean MrArdle 川上 典拠:テーラー福島

Sean MrArdle 川上
典拠:テーラー福島

本名:
Sean McArdle Kawakami
(ショーン・マクアードル・川上)

通称: ショーン川上

別名: ショーンK

ショーンK プロフィール 典拠:所属事務所HP

ショーンK プロフィール
典拠:所属事務所HP

生年月日: 1968年3月21日(48歳)

出身地:
アメリカ合衆国ニューヨーク市

血液型: B型

活動分野:
経営コンサルタント、DJ、コメンテーター、声優

事業内容

コンサルティング領域 典拠: 所属事務所HP

コンサルティング領域
典拠: 所属事務所HP

日本・ニューヨーク・パリ・シンガポールなど7都市で事業展開。
企業戦略コンサルティング、M&A、投資ファンド運営事業、地方自治体・各国政府・行政団体へのアドバイザリーサービス

両親:
アイルランド系アメリカ日本人の父と、熊本県出身の日本人の母

身長: 170㎝

出身校:
アメリカ・テンプル大学で経営学専攻、
ハーバード・ビジネススクール(MBA取得)

レギュラー出演番組:
テレビ朝日『報道ステーション』
フジテレビ 情報プレゼンター『とくダネ!』
BSスカパー『Newsザップ』
FM81.3 J-WAVE『MakeIT』

講演・セミナー目録:

講演・セミナー目録

所属事務所: サンディ

著書:
『MBA講義生中継 経営戦略(TAC出版)』
『プロフェッショナルの5条件(朝日新聞出版社)』
『自分力を鍛える(あさ出版)』などがある。

自身の会社ホームページ:
すでに消去されている

次ページ: 問題となった英文プロフィールと、ショーンKの正体

問題となった英文のプロフィール

ショーンKさんの主張する、「急ごしらえで間違いのまま乗せられていた」とされる英文のプロフィールですが・・・

英文経歴

ニューヨークで生まれて、11歳の時に日本へ引っ越して来て、日本で教育を受け、高校も卒業し、それからアメリカで2年生大学の教育を受け、それからパリで2年過ごした事になっています。

文の中の辺りでは、ビジネス面での輝かしい活躍が書かれていますが、真ん中の辺りでは、なんと客員教授として南カリフォルニア大学のマーシャルでビジネスについて講演したと書いてある!

スイスのローザンヌビジネススクールでも、国際マネジメント展開について客員教授・・・。

そして一番下の段落には、件のテンプル大学やハーバードで修了証書もらったことと、それに第一パリ・ソルボンヌ大学で、就学して学位を修めたような事が書いてあるが・・・?

じゃぁ「ショーン川上」ってほんとは何なんだ?

実はこのアイルランド系アメリカ日本人「ショーンK」なんてそもそも存在しないのだ。

アイルランド系アメリカ人は存在するけど、アイルランド系アメリカ日本人って・・・冷静になれば、もはやどういうことなのかよくわからないwww

居るのは、熊本出身の川上 伸一郎という、純日本人!!

あの顔立ちも、実は整形らしいが・・・。

高校の卒業アルバムを見ていただければわかるが、こんな青年であったらしい。

川上 伸一郎たる人物

川上 伸一郎たる人物

これまで、あの絵に描いたような「ハンサムな日系白人」の見た目に騙され、

女性達は

「ショーン川上には彼女は居るのか?」

「結婚はしているのか?」

と検索してきた。

しかしながら実は、同じくらいの数、「鼻が変」という疑問が、もとから有ったというのはご存知でしょうか?

年ごとに、大きくなってくるという謎の鼻。

年ごとに、大きくなってくるという謎の鼻。

あまり意識して川上さんの顔を画面上で眺めた事がなかったから、気が付きませんでしたが、改めて見てみると確かに「昨日、入れすぎたばかりのヒアルロン酸」といったようなパンパンの鼻は不自然です。

あんな、みけんがパンパンになったような鼻をした白人も黒人も、見たことありませんしね。

そして、昨日になるまで世の中は「確かにあの見軒の間の部分は、日増しにふくらんできておかしいけれど、そもそも(ハーフである)ショーンKさんが、鼻に入れ物をする理由がないじゃないか」で、話は終わっていただけの事だったのだ。

ちなみに、あのみけんにできた、白人ぽい、独特な眉根を寄せたような独特のシワは、毎日トレーニングすれば、できるのだそうですよw
(高須クリニック委員長・談)

次ページ:ネーミングセンス抜群!「ホラッチョ川上」

高校時代のあだ名『ホラッチョ川上』

同級生によると、強い癖ッ毛の印象が強く、女子たちからは「ホラッチョ川上」と陰で呼ばれ、笑われていたそうだ。

ホラッチョとは、熊本弁で「ホラ吹き」の事だというから、驚愕である!

そんな笑われ者で、あだ名があった高校時代でなんて・・・
自分なら思い出すだけで、死んでしまいたくなるような暗黒時代だな・・・。

ショーンKが認める通り、彼のHPには謝りがあり(謝りとかのレベルじゃない、かなりの大嘘が数か所)

なぜかショーンKの日本の故郷である、熊本には、川上伸一郎という、同級生の中では有名なほら吹きが居た・・・。

まるで関係ないような2つの話ですが、ここまで突き止める事ができたなんて、サスペンス漫画みたいな話です・・・すごいぞ、センテンススプリング!!!!(週刊文春)
さすがの取材力!

ショーンKさんによる 「お知らせ」という名の弁明

ショーンKさんによる
「お知らせ」という名の弁明

学歴は嘘で、ほんとは大卒ですらないっぽい。

これによると、テンプル大学は10ヶ月居ただけで、学位は取っておらず、

ハーバードビジネススクールに至っては3日間の体験コースに行っただけ。

第一パリ大学に留学というは、オープンキャンパスに行っただけ。

・・・まるで体験留学か、観光ついでのキャンパス見学じゃないか。。。

そして、順番に消去していくと、確かなのは、故郷・熊本の高校を卒業した辺りまでしか証明できないという。

・・・つまり高卒。

経歴も証明できない

更にホームページに載っていた、ビジネスパートナーたちの名前ですが、存在しない架空の人物である可能性が高いらしく、顔の写真はそれっぽい人の顔写真を使用しただけと報じられた。

経営する会社は、まさかのペーパーカンパニー

ショーンKさんが経営しているとされるコンサルタント会社「ブラッドストーン・マネジメント・イニシアチブ・リミテッド」とかいうもので、世界7か所に拠点があると書かれてあるが、

実際はレンタルオフィスで、実態のない「ペーパーカンパニー」の可能性が限りなく高いという!

ちなみに東京オフィスは、1ヶ月3万円で借りられるレンタルオフィス」であるらしく、その建物の住人は誰も「ショーンK」などという人物を見たことがないという。

芸名じゃないの? 学歴詐称の何がダメなの?

「芸能人はみんな芸名を持っているじゃないか、何がいけないんだ」という人も居ますが、ショーンKさんの場合は、「学歴もほとんど嘘、職歴も証明できるものが何一つない、顔すら嘘」って・・・

身長を嘘をつこうが、年齢を2,3サバ読もうが、公式の場所でなければかわいいものだと思うのですが、経歴や学歴はダメです。

なぜなら仕事に関係するから。

周囲や、会社の人は、その人の経歴や知識に価値を見出し、対価を支払って雇っています。

その分、支払われた方はそれに見合うだけの価値を提供しなければなりません。

もしその全てが嘘であれば、詐欺です。
内容や価値の伴わない物を、虚偽で売りつけたのと同じになってしまいます。

なのでいくら虚栄心が強かろうが、同じようなレベルの頭脳があろうが、虚偽は詐欺で、犯罪です。

次ページ:周りの人は、何にも気が付かなかったのか?

周りの人は、なんとも思わなかったのだろうか?

すでに結婚はしておられるそうで、かなりの愛妻家だというが・・・嫁さんは不自然に思わないのだろうか?

(知ってますよね、きっと)

ご実家のご家族が健在かどうかは知りませんが、
息子がこんな大きな付け鼻をつけて、外国人かぶれで戻ってきたら、情けなくて涙出てくるでしょうに・・・
ましてやTVで知られた、「NY市生まれの、アイルランド系アメリカ・日本人」などという奴になって戻ってきている。

里帰りなんてしようもんなら、近所は大騒ぎでしょうよ!

そもそもアイルランド系アメリカ日本人って時点でわけがわからず、

アイルランド系(筋肉質で大柄なイメージありますよね)で、身長170㎝もかなり不自然な感じがしますが、
「アイルランド人にも小さい人が居る」
「日本人の血が入ったから」
と言われてしまえば、それまでだし・・・。

そもそも出演前に、この人のプロフィールを証明してもらうような審査は何もなかったのでしょうか? と、言いたいですが、日テレ以外どこのTV局の番組にも出ていたような気がするので、自分のクビを占めるような疑問提起的な報道はしにくいでしょうから、熾烈な他社のせめぎ合いになるのでしょうな・・・。

同じ番組に、英語圏の人が同席してしまえば、一発で後学の英語なんてバレるでしょうに!
ましてや、すごく難しいコンテンツを扱う、ニュース番組なんだから。

ちなみに昨日、事務所に直接インタビューした人の報道によると・・・

「ショーンKは現在、『自分は一体何をしてしまったのだろうか』『4月からどうやっていけばいいのだろうか』と、ショックを受けている」とのこと。

・・・いや、あなたが書いたんですけどね。

これによって飛び火し、まさか、川平慈英さんや、クリス・ペプラーさんまで、付け鼻や、純日本人だったって事はないとは思いますが・・・。

川平Jさんからハーフを取ったら、何が残ると思っているんだ?

華丸さんしか残らんぞ!(笑)

この報道はまだまだ始まったばかりで、まだまだおかしな真実が出てくるかと思いますので、後発報道を待って、またお知らせしますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク