エイダンギレンの身長やインスタ、現在の彼女は?ゲームオブスローンズ・ボヘミアンラプソディなど大人気出演作をWikiより詳しく

こんにちは、「にぎわす.com」のmegumielbazです^^

ついに、最終シーズンだという事が発表されましたね、

ゲーム・オブ・スローンズ

典拠:PortlyGazelle

(原題: Game of Thronesでも活躍!

 

大蔵大臣ピーター・ベイリッシュ役

エイダン・ギレン

典拠:UPI.com

で、にぎわってみたいと思います。

『ゲーム・オブ・スローンズ』で本領発揮の変幻自在な演技力で人気急上昇中のエイダン・ギレン。彼の抗えない独特な甘い魅力に迫ります!

ゲーム・オブ・スローンズのメイン出演キャスト

典拠:Quiz Factory.com

~ スターク家 ~

ウィンターフェル城主:エダード・スターク役ショーン・ビーン

妻:キャトリン・スターク役ミシェル・フェアリー

スターク家長男ロブ・スターク役リチャード・マッデン
・・・(日本語吹き替え:川田 紳司)

スターク家長女:サンサ・スターク役ソフィー・ターナー

侍女:アリア・スターク役メイジー・ウィリアムズ

次男:ブラン・スターク役アイザック・ヘンプステッド・ライト

エダードの私生児(冥夜の守人):ジョン・スノウ役キット・ハリントン

ベンジェン・スターク役ジョゼフ・マウル

シオン・グレイジョイ役アルフィー・アレン

~ バラシオン王家 ~

王ロバート・バラシオン役マーク・アディ 

ロバートの悪妻:サーセイ・バラシオン役レナ・ヘディ

ロバート王の長男:ジョフリー・バラシオン役ジャック・グリーソン

ジョフリーの妻:マージョリー・タイレル役ナタリー・ドーマー 

ロバートの弟:スタニス・バラシオン役スティーブン・ディレイン

~ ラニスター家 ~

西部総督:タイウィン・ラニスター(通称:キャスタリーロック公)役
チャールズ・ダンス 

サーセイの双子の弟:ジェイミー・ラニスター役
ニコライ・コスター=ワルドー

末息子:ティリオン(通称:小鬼インプ)役
ピーター・ディンクレイジ・・・(声:森川 智之)

ドスラク人の長:カール・ドロゴ役ジェイソン・モモア 

ドラゴンの母:デナーリス・ターガリエン役エミリア・クラーク
・・・(声優:清水 理沙)

女剣士:ブライエニー役グウェンドリン・クリスティー

デナ―リスの側近副長:
ダーリオ・ナハリス役ミヒル・ホイスマン

大蔵大臣ピーター・ベイリッシュ役エイダン・ギレン

宦官ヴァリス(通称:スパイダー)役コンリース・ヒル 

学匠パイセル役ジュリアン・グローヴァー

エイダン・ギレン プロフィール

引用元:Facebook

名前: エイダン・ギレン(Aidan Gillen)

本名: エイダン・マーフィー(Aidan Murphy)

生年月日: 1968年4月24日(50歳)

出身地: 
アイルランド、ダブリン、ドラムコンドラ

活動分野: 俳優

身長: 178 ㎝

体重: 73 kg

胸囲: 104 ㎝

ウエスト: 84 ㎝

腕回り: 36 ㎝

出身校: セイント・ヴィンセント高校

エイダン・ギレンの生い立ちと学生生活

1968年4月24日にアイルランド・ダブリンで生まれたエイダン・ギレン。

ダブリンのドラムコンドラという町で生まれ育ちました。

二人の姉妹と、一人の弟がいます。

弟のジョン・ポールは脚本家として活躍中だそう。

エイダンの苗字は本当は「マーフィー」でしたが、
母方の名前「ギレン」を選んだエイダン。

理由は父親との間に何かしらの確執があったからなのだそう。

若かりしエイダン。
引用元:24smi.org

ティーンエイジャーの時に演劇に目覚め、すぐに自ら演技を学びだしたエイダン。

カトリック系の男子校セイント・ヴィンセント高校を卒業すると、ダブリンに住む14歳から22歳のまでの若者のみが所属できる劇団ダブリン・ユース・シアターに参加しました。

ここで演技とパフォーマンスを学びました。

演技者としての初めてのパフォーマンスは、シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』のニック・ボトム役でした。

エイダン・ギレンのデビューと『ダークナイト』
『シングストリート』など過去出演作品

数々の舞台で経験を積んだ後、エイダンはついに正式デビューを果たします。

同性愛を描いたテレビシリーズ『クィア・アズ・フォーク(原題:Queer as folk)』です。

出演するやいなや英国アカデミー賞テレビ部門にノミネートされる快挙。

引用元:Digital Spy

また、イギリスの劇作家ハロルド・ピンター原作の『管理人(原題:The Caretaker)』に出演した際は、なんとトニー賞にノミネートされました。

新人ながら業界から大絶賛を受けたようです。

舞台でもキラリ輝くエイダン。
引用元:The Guardian

2004年にはアメリカの放送局HBOで放送のドラマシリーズ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』に出演。

デビュー当初の勢いと、当シリーズの成功もあって、アイルランド出身のエイダン・ギレンの名は一気に世に知れ渡りました。

その後、クリストファー・ノーラン監督で世界的な注目を浴びた『ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises  )』や、

引用元:IMDb

SFサスペンススリラー『メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮(The Scorch Trials)』

『メイズ・ランナー: 最期の迷宮(原題:Maze Runner: The Death Cure)』

アクション大作『キング・アーサー(原題:King Arthur: Legend of the Sword)』

そして、アイルランド作品として久しぶりに脚光を浴びた音楽映画『シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)』などの話題作に次々と出演しています。

昨年はテレビ伝記映画『Dave Allen at Peace(原題)』に出演し、
アイルランド出身の歯に衣着せぬジョークで有名な伝説的コメディアンのデイブ・アレンを怪演。

引用元:Daily Mail

さらに、日本でもスカパー!で放送の人気テレビシリーズ『刑事トム・ソーン 臆病な殺人者(原題:Thorne: Scaredy Cat)』と、
『刑事トム・ソーン 声なき目撃者(原題:Thorne: Sleepyhead)』では、ゲイの病理学者フィル・ヘンドリックスを演じますますファンを増やしています。

引用元:IMDb

映画やテレビだけでなく舞台でも活躍を続け、多才な役をこなす演技派俳優として近年ますます世間の注目を集めています。

主演としてはもちろん、脇役としても独特の存在感を発揮できる稀有な俳優。

今後の世界を股にかけた活躍が心から楽しみです!

妖しい魅力に目が離せない?
エイダン・ギレンの出世作
『ゲーム・オブ・スローンズ』

そして2011年、彼のキャリアを決定付ける作品に出会うことになります。

爆発歴ヒットを記録し続けているHBOのテレビドラマシリーズゲーム・オブ・スローンズです。

エイダンが演じるのは“リトル・フォンガー”ことピーター・ベイリッシュ。

表向きはスマートで良い顔をし、その裏には嘘や策略が渦巻いている非常に“タチの悪い”恐ろしい人物を好演しています。

引用元:Time Magazine

悪い奴だとは分かってていても、どうしても彼に惹かれてしまう人も多いのではないでしょうか?

リトルフィンガーには何か恐ろしい得体の知れない「色気」があるのです!

妖しいヒゲのせい?

この色気が、良くも悪くもシリーズ全体をつねに大きく翻弄するのです。

いや~、本当に当たり役!

引用元:Den of Geek

エイダンは演じるリトルフィンガーについて以下のように語っています。

僕にとってリトルフィンガーはヘビでもナメクジでもないけど、何故サーセイや他の人から“低俗”で“ずる賢い”と言われてるのかをしっかり認識している。

でもこれこそが人間ってもんだと思う。

彼の最終目標は、王位につくことでも権力を握ることでも何でもない、
そんなことは彼には危険すぎるし向いてない。

彼はただゲームによって動かされているだけの男なんだ。

エイダン・ギレンのプライベート
現在、結婚や恋人は?

エイダンは、出会いは15歳だったというオリビア・オフラナガンという方と2001年に結婚し、二人の間にはベリーとジョーという2人の子供が誕生しています。

お似合いのカップルだったのに。
引用元:thegalleria.eu

しかし、結果的に別れてしまった二人。

2014年以降は良い友人関係にあるといいます。

Wikipediaによると、現在のエイダンの恋人は、同じくアイルランド出身の歌手・女優のカミラ・オサリヴァンだそう。

引用元:Independent.ie

年齢と共に渋みが増し、よりセクシーな色気を醸し出しているエイダンの私生活もきになるところ!

ところが彼はツイッターやインスタグラムなどは一切開設していないようです。

引用元:Vanity Fair

それこそが世界のファンの好奇心をより掻き立てている秘訣?!

エイダン・ギレンの最新作
『ボヘミアン・ラプソディ』

Netflixで視聴可能なシリーズ『ピーキー・ブラインダーズ(原題:PEAKY BLINDERS)』にシーズン4からヒットマン、アベラマ・ゴールドで登場しているエイダン・ギレン。

キリアン・マーフィーを主演に、トム・ハーディやエイドリアン・ブロディら人気スターたちが参加してきたイギリスの男臭くてカッコいいギャングシリーズ。

殺しのプロ、ヒットマンを熱演。
引用元:Irish Mirror

今回もなかなか強烈な印象を残していると話題のファン必見の作品です。

いまだに記録的大ヒットを飛ばしている超話題作『ボヘミアン・ラプソディ』

言わずもがな伝説的ロックバンド、クイーンの伝記音楽映画です。

エイダンはクイーン誕生の重要人物でもある元マネージャーのジョン・リードを演じています。

引用元:Twitter

まさかリトル・フィンガーと同じ俳優だとは全く思わなかった見事な化けっぷり!

エイダンファンもそうでもない人も、世界中のクイーンを知ってる全ての人に見てもらいたい素晴らしい映画!

ぜひ劇場で。

スポンサーリンク
スポンサーリンク