レナヘディ:タトゥーだらけのカッコイイ水着姿やゲームオブ、ターミネーター:サラコナー役、眼帯似合う『高慢と偏見』ゾンビ映画、300など過去出演作

こんにちは、「にぎわす.com」のmegumielbazです^^

 

で、大ヒットもいいところのドラマ!

ゲーム・オブ・スローンズ

(原題: Game of Thrones)でも活躍!

典拠: glocalmediait-pa.com

 

サーセイ・バラシオン役

レナ・ヘディ

典拠: Pinterest

で、にぎわってみたいと思います。

 

知性溢れる美貌で「ザ・女帝」として存在感を発揮するレナ・ヘディ。

実はタトゥー好きな二児の母であるレナの知られざる私生活に迫りましょう!

その他『ゲーム・オブ・スローンズ』
キャスト一覧はコチラ!

 

レナ・ヘディ’s プロフィール

 

引用元:IMDb

名前: Lena Headey(レナ・ヘディ)

本名: 
Lena Kathren Headey(レナ・キャスリン・ヘディ)

愛称: Lenea

生年月日: 1973年10月3日(45歳)

出身地: 
イギリス領バミューダ諸島、ハミルトン

活動分野: 女優

身長: 166 ㎝

体重: 54 kg

胸囲: 84 ㎝

ウエスト: 61 ㎝

ヒップ: 84 ㎝

足のサイズ: 25 cm

出身校: シェリー大学(英国ウェストヨークシャー)

趣味: タトゥー

所属事務所: Troika(タレントエージェンシー)

Facebook Lena Headey

Instagram Lena Headey (@iamlenaheadey)

Twitter lena headey (@IAMLenaHeadey)

 

レナ・ヘディの生い立ちと学生生活

1973年10月3日、大西洋にあるイギリス領バミューダ諸島のハミルトンで生まれたレナ・ヘディ。

警察の士官候補生としてそこに滞在してたジョンと、妻ス―のもとに生まれました。

 

彼女が5歳の時、家族と共にイングランド南西部のサマセットに。

その後11歳の時には、北部のウェスト・ヨークシャーに居を移しました。

引用元:Amino Apps

一度は美容師を志すも、演劇に目覚めてシェリー大学で演技を学びます。

 

17歳の時、ロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターで行われた学校主催の舞台のパフォーマンスがキャスティング・エージェントの目に留まります。

これこそが映画デビューのきっかけとなりました。

 

レナ・ヘディの、デビューと『300 〈スリーハンドレッド〉』『『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』などの過去出演作品

 

映画デビューは1992年のイギリス・アメリカ合作の映画『秘密(原題:Waterland)』

監督は俳優ジェイク・ギレンホールの父親でもあるスティーブン・ジレンホール。

 

共演はイーサン・ホークやジェレミー・アイアンズなどの人気スターたちでした。

引用元:IMDb

彼女をさらに成功に導いたのは、1993年に公開された2作品『日の名残り(原題:The Remains of the Day)』『The Summer House(原題)』でしょう。

前者ではアンソニー・ホプキンスやエマ・トンプソン、
後者ではジャンヌ・モローやジュリー・ウォルターズなど、欧州を代表する名優たちと共演。

 

また、翌年にはディズニー名作の実写化映画『ジャングル・ブック』にも出演しました。

『ジャングル・ブック』より
引用元:Pinterest

脇役としてジャンルを問わず様々な役柄を演じ、堅実的なキャリアを積んできました。

 

テレビ映画『Loved Up(原題)』では悪い男にハマってドラッグやナイトクラブの世界に落ちていく女を。

また、テレビシリーズ『Band of Gold(原題)』ではSM嬢を演じました。

『Band of Gold』より
引用元:Pinterest

その傍ら、ヴァージニア・ウルフの長編小説が原作の映画『ダロウェイ夫人(原題:Mrs. Dalloway)』や、

ペネロペ・クルスと共演の『イフ・オンリー(原題:The Man with Rain in His Shoes)』等のメジャー映画にも出演。

重要な役柄を演じ、その存在感を世界にアピールしてきました。

 

2005年には、テリー・ギリアム監督の『ブラザーズ・グリム(原題:The Brothers Grimm)』に猟師の娘アンジェリカ役で出演。

マット・デイモンや故ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチなど世界的人気俳優が出演していることもあって大ヒット作となりました。

 

翌年、R指定のアクション映画『300 〈スリーハンドレッド〉(原題:300)』に出演。

その高貴な凛とした気品と、内に秘めた強さをもってスパルタの王妃ゴルゴを好演しました。

引用元:Coach Mag

続編『300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜(原題:300: Rise of an Empire)』にも引き続き出演しています。

 

また、2008年にはテレビシリーズ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(原題:Terminator:The Sarah Connor Chronicles)』に、サラ・コナー役として主演を務めました。

映画『ターミネーター』に登場するジョン・コナーの母親サラの物語として話題になりました。