リサロビンケリーの今現在は?若い頃『ザット’70sショー』で活躍した女優の死因とお葬式 元彼や夫との警察沙汰、依存症トラブルなど晩年を詳細に

こんにちは、「にぎわす.com」の akiraです^^

今回は懐かしのドラマです。

ザット’70sショー

(原題: That ‘70s Show)

典拠:Screen Rant

その中から今日は、

ローリー・フォアマン役
リサ・ロビン・ケリー

をピックアップしてみたいと思います!

エリックのお姉さんで、弟をよくイジメていましたね。

私生活でもトラブルが絶えなかったようですが、リサ・ロビン・ケリーとはどんな人物だったのでしょうか。

その他『ザット’70sショー』メイン出演キャストはコチラ

リサ・ロビン・ケリー プロフィール

引用元:Charmed Wiki Fandom

名前: Lisa Robin Kelly(リサ・ロビン・ケリー) 

生年月日: 1970年3月5日

出生地: アメリカ合衆国コネティカット州サウシングトン

没年月日: 2013年8月15日(享年43歳)

死没地: アメリカ合衆国、カリフォルニア州アルタディーナ

活動分野: 俳優

出身校: デポール大学

身長: 165 ㎝

体重: 56 kg

バストサイズ: 86 ㎝

ウエスト: 68.5 ㎝

ヒップ: 86 ㎝

Facebook Lisa Robin Kelly(@lisarobinkelly)

その他『ザット’70sショー』メイン出演キャストはコチラ

リサ・ロビン・ケリーの生い立ちと学生生活

リサはアメリカ東海岸にあるコネティカット州で母リンダ・ダイアン、父トーマス・カールの下に生まれました。

兄弟姉妹はおらず、一人っ子のようです。

引用元:Looper

その後一家でノース・カロライナ州に。

シカゴにあるデポール大学では演劇を専攻していました。

リサ・ロビン・ケリーのデビューと過去出演作品
That70’sShowで人気が出たものの、薬物・飲酒問題で降板

リサのデビューは21歳の時。

アメリカで長年続いたシチュエーションコメディ『Married With Children』(原題)でのキャロル役でした。

ドラマ『Married with Children』
でのリサ・ロビン・ケリー(動画・英語)

Lisa Robin Kelly & Christina Applegate

この後もいろんなドラマへの出演が続き、『Days of Our Lives』(原題)ではジル・スティーブンスとしてレギュラー出演!!

1998年から今回取り上げているザット’70sショーでメインキャストの一人ローリー・フォアマン役を獲得。

引用元:70 Grand Forks Herald

1999年には映画『ハード・キャンディ』(原題:Jawbreaker)にもチアリーディングチームのメンバーとして出演。

引用元:IMDb

彼女自身も高校生の時チアリーディングをしていたんですよ。

日本でも見ることができる作品でいうと、『チャームド~魔女3姉妹』(原題:Charmed)にも出演。

1話のみの出演でしたが、デイジーを演じていました。

引用元:Kabel Eins

着実に俳優としてのキャリアを積み上げ、彼女の人気も高まっていくのですが、薬物使用問題でザット’70sショー第3シーズンで降板。

ドラマの中では、美容学校へ行くという理由で番組から去ることになりました。

リサ・ロビン・ケリーのプライベート
飲酒運転や暴行を繰り返し、夫には接近禁止命令も

 

リサは2000年頃から、薬物やアルコールに依存し始めたようです。

テレビドラマを降板してから俳優としての仕事はほとんどなくなり、依存傾向はより強まったのかもしれません。

2010年には飲酒運転で逮捕され、1年の保護観察処分に。

2012年ロバート・ジョセフ・ギリアムと結婚するも、元恋人ジョン・ミハスから暴行で訴えられます。

元恋人はリサが加害者だとして警察に訴えますが、リサ自身は彼女が被害者だと、テレビのインタビューに答えていました。

その数か月後、今度はリサと夫ロバートが自宅で騒ぎを起こしていたことで逮捕。

夫ロバート(引用元:Inside Edition)

双方ともに暴力を認め、保釈金を払うことで釈放され、リサは離婚と夫への接近禁止命令を申請し、別居することになります。

更に2013年には再び飲酒運転で逮捕され、カリフォルニアのリハビリ施設へと入居しました。

リサ・ロビン・ケリーの遺作と最後
死因は薬物中毒、今現在もフェイスブックアカウントは残っています

リサの遺作は2005年公開の映画『The Food Chain:A Hollywood Scarytale』(原題)。

引用元:IMDb

ここで彼女はマリリンを演じました。

引用元:IMDb

この時はまだ若くて、とてもきれいですよね。

2010年以降は事件続きで大変だった彼女ですが、依存症リハビリ施設に入居して数日後の2013年8月15日に亡くなってしまいます。

寝ている間に亡くなっていたらしく、夫のロバートは施設の対応に責任があるのでは疑っていたのですが、2014年ロサンジェルス警察は死因を複数の薬物中毒と判断。

悲しい最後となってしまいました。

彼女の葬儀は両親が住むノース・カロライナで行われ、花を送りたいというメッセージがたくさん届いたそう。

リサの母親は花を送ってもらうよりも、リサをサポートしていた女性施設「フェリシティ・ハウス」に寄付してほしいとフェイスブックにメッセージを投稿していました。

リサのフェイスブックページはまだ残されていて、彼女の生前の様子を知ることができます。

父の日には父親への感謝のメッセージを投稿したり、俳優の仕事に復帰できるよう準備をすすめているとの投稿もありました。

依存症と戦いながらも、前向きにがんばっていただけに、本当に残念です。

今現在の彼女のネット市場価値は1000ドル。(引用元:Celebrity Net Worth)

時間の経過と共に忘れられてしまいがちですが、彼女の演じたローリーはこれからも私たちを笑顔にしてくれることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク