ジェームズヒロユキリャオ『アンフォゲッタブル・24・プリズンブレイク』のアジア人俳優の年齢や身長、年収と出演最新作品などWiki的紹介

こんにちは!

『にぎわす.com』の りさです。

 

 

今回は、日本テレビでも放送中、海外ドラマ

アンフォゲッタブル 完全記憶捜査
(原題: Unforgettable)2』

 

引用元:TV Goodness

みなさん、観ておられますでしょうか?

 

その中から今日は、

ジェイ・リー役

ジェームズ・ヒロユキ・リャオ

をピックアップしてみたいと思います!

典拠: Digital Spy

 

ドラマの主要登場人物の中では、唯一のアジア系として、頼もしい活躍をしていますよね?

 

ヒロユキという日本名もお持ちですし、さて、一体どんな役者さんなのでしょうか?

 

『アンフォゲッタブル』のメイン出演キャスト

典拠:ceciliobenito.blogspot.com

 

キャリー・ウェルズ役ポピー・モンゴメリー
・・・(日本語吹き替え: 甲斐田 裕子)

元恋人同僚アル・バーンス役ディラン・ウォルシュ
・・・(声優:てらそま まさき)

 

検視官ジョアン・ウェブスター役ジェーン・カーティン

検視官デリーナ・マイルズ役ラ・ラ・アンソニー

エリオット・デルソン役ダラス・ロバーツ

サンドラ・ルッソ役キャシー・ナジミー

元FBIシェリー・ロリンズ・マリー役タウニー・サイプレス

ジェイ・リー役ジェームズ・ヒロユキ・リャオ

元組織犯罪課デニー・パディーヤ役E・J・ボニーリャ

マイク・コステロ役マイケル・ガストン
・・・(声: 藤 真秀)

ニーナ・イナーラ役ダヤ・ヴァイジャ 

ロー・ソーンダース役ケヴィン・ランキン

 

ジェームズ・ヒロユキ・リャオのプロフィール

引用元:Frostsnow

名前: 
James Hiroyuki Liao
(ジェームズ・ヒロユキ・リャオ)

生年月日: 1985年12月30日(32歳)

出生地: 
アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン・ベンソンハースト

活動分野: 俳優、プロデューサー

出身校: 
スタイヴサント高校(中退)、
ジュリアード音楽院(演劇専攻)、
マージョリー・バレンティーン・スタジオ

 

年齢は? ヒロユキ・リャオのWiki的生い立ちと学生生活

典拠: Spoiler Geeks

まずは生い立ちから見ていきましょう!

 

ジェームズ・ヒロユキ・リャオ(本名同じ)は1985年12月30日にアメリカ・ニューヨークのブルックリンにて、台湾人の父親と日本人の母親の間に四人兄弟の末っ子として誕生しました。

現在は32歳ということになりますね。

 

小さな家での両親と子供四人の生活はとても大変なものだったようです。

 

ニューヨークのスタイヴェサント・ハイスクールに入学したヒロユキは途中で高校を中退。

 

その後アメリカ軍に入隊しましたが、数か月ののち健康上の理由で除隊となってしまいます。

 

そんなヒロユキでしたが、姉・マーガレットの勧めでニューヨークの名門校、ジュリアード音楽院の演劇学部に入学。

役者の道を志します。

 

マーガレットは、高校生時代にヒロユキ・リャオが演劇クラスをとっていたため入学を勧めたそうですが、ヒロユキによると、演劇クラスをとったのは英語の授業の中で一番ラクだったからだそう…!

 

どちらにしても、マーガレットはヒロユキの俳優としての才能に気がついてたのでしょうね。

 

2004年に同学院を卒業したヒロユキは俳優としてのキャリアをスタートしますが、さらなる演技力向上のため、演技指導コーチであるマージョリー・バランタインのもとで演技を学びます。

スクレ役  アマウリー・ノラスコ
引用元:Wikipedia

実は、のちに大ヒットドラマ『プリズン・ブレイク』で共演することになるアマウリー・ノラスコは師を同じくするクラスメイトで、この頃から親交があったのです。

 

ヒロユキ・リャオのデビューと 『24』や『プリズンブレイク』などTVや映画出演作品

 

2004年、ヒロユキ・リャオは日本でも人気のドラマ『ロー&オーダー』のゲスト出演で初めてテレビに姿を現しました。

ドラマ『ロー&オーダー』
典拠: Pinterest

 

同じく2004年に彼は初の舞台出演作となる『M. Butterfly(原題)』でソン・リリンという名のオペラ歌手役を演じます。

この作品について、アメリカの『ワシントン・ポスト』紙のインタビューの中でヒロユキ・リャオは「こんな機会は二度と来ないって気付いたよ。この役を全力で楽しむことにする」と語っています。