NY発・行列のできる「チョップドサラダ」って何? 日本のスーパーで買える食材でレシピをご紹介!

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今日は、去年辺りから日本にもジワジワきてますね・・・

NY発・チョップドサラダの

のご紹介をさせてください^^

チョップドサラダとは何?

チョップド? ケチャップみたいなもん? と思われるかもしれませんが、味付けや材料の名前ではありません。

英語で[Chopped(チョップド)]とは、「切る」「切り刻む」の意味。

これはハーブとひよこ豆とゴートチーズのチョップドサラダ! 典拠:Harf baked harvest

これはハーブとひよこ豆とゴートチーズのチョップドサラダ!
典拠:Harf baked harvest

そう、なんのことはない・・・色んな野菜や、フルーツ、ナッツなどを、字のごとし・・・
小さく切り刻んでサラダにしたものです。

従来のサラダは、千切りであったり、レタスがそのままであったり、そんな感じでしたよね?

「チョップドサラダ」は、どれもこれも、材料をだいたいコマ切れにしたサラダです。

従来のサラダとの大きな違いとしては、

スプーンで、チャーハンみたいにすくって食べられる事と、

副菜ではなく、メインディッシュとして食べられるのが特徴。

日本人が知っているものといえば、ケンタッキーのコールスローなんかが、代表的なチョップド状態でしょうか。あれは、かなり細かめですが。

つまりそんな状態になっていれば、どれもこれも「チョップドサラダ」ですね^^

最近ではこんなマシーンも出てきた!

Phillips マルチチョッパー(ホワイト)

Phillips マルチチョッパー(ホワイト)

全部、あのサイズに切ってくれる!
従来のフードカッターと違って、所定のサイズになったものは、下に落ちていく仕組みなので、それ以上小さく細切れにされる事はない。

本国アメリカのニューヨークでは、お店に行列ができる程、すごい人気だそうで・・・アメリカ人って、肉ばっかり食べてて、世界一の肥満大国ですし、すっごく不健康そうなイメージがありますが・・・実は、サラダを作らせると、ほんとに上手なんです。

あと、焼きもの系も上手ですよ^^

野菜の種類は、日本以上に豊富にありますし(日本は、同じ野菜でも、味がめちゃくちゃおいしくて、「品種で勝負」ってところがありますが)、

アメリカ人は、具材の組み合わせと、色味などの盛り付け・見せ方がとっても上手なんです^^

あ、それからドレッシングを作らせても、すっごく多種多様に、おいしいのを作ってくれますしね!

次ページは、アメリカの人気チョップドサラダレシピをご紹介!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC
レスポンシブ PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ PC