過去出演作多過ぎ名俳優『ナンバーズ』ラリー役ピーターマクニコルの身長や結婚、アリー、ビーン、24など詳細

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

テレビ東京でも第3シリーズ放送中となりました、

NUMB3RS(邦題:ナンバーズ
 天才数学者の事件ファイル)

典拠:TV東京

第1シーズンが始まった途端に、ものすごい人気でしたが、第3シーズンともなると、どんどん脂が乗ってきてますね!

その中から、今日は主人公:チャーリーの親友で、南カリフォルニア大学で教鞭を取る、
天才物理学者:ラリー・フラインハート役
ピーター・マクニコルをフォーカスしてみたいと思います。

ドラマ『ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル』ラリー役
典拠: pinterest

言わずと知れた、名脇役中の名脇役ですが、一体どんな方なのでしょうか!

『ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル』の主な出演者

典拠:TVmag.lefigaro.fr

FBI捜査官ドン・エプス(兄)役ロブ・モロー
・・・(日本語吹き替え: 内田 直哉)
天才数学者チャールズ・エプス(弟)役デイビッド・クラムホルツ
・・・(日本語声優: 咲野 俊介)

アラン・エプス(父)役ジャド・ハーシュ・・・(声優:長 克己)

物理学者: ラリー・フラインハート役ピーター・マクニコル
アミタ・ラマヌジャン役ナヴィ・ラワット

テリー・レイク役サブリナ・ロイド
デイビッド・シンクレア役アリミ・バラード

メーガン・リーブス役ダイアン・ファール
コルビー・グレンジャー役ディラン・ブルーノ
リズ・ワーナーFBI捜査官役アヤ・スミカ

物理学者ラリー役
ピーター・マクニコル プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

ドラマ『CSI:科学捜査班』より
典拠: TV LIne

名前: 
Peter MacNicol(ピーター・マクニコル)

本名: 
Peter C. MacNicol(ピーター・C・マクニコル)

生年月日: 1954年4月10日(62歳)

出身地: アメリカ合衆国テキサス州ダラス

活動分野: 俳優、声優、監督、脚本家

身長: 
169㎝、173cm、177㎝説など。

体重: 75kg

出身校: 
ダラス大学、
ミネソタ大学ツインシティー校、
ニューヨーク大学(映画製作の集中講義)

趣味: バグパイプ、

好きな事: 旅行、映画鑑賞

Twitter Peter MacNicol(@PeterMacNicol1)

物理学者:ラリー役ピーター・マクニコル
生い立ちとデビュー

若き日のピーター
典拠: Peter MacNicol Online

ピーター・マクニコルは、1954年4月10日、テキサス州ダラス生まれ、ダラス育ちの米国人俳優さん。

本名は、ピーター・C・マクニコルさんというそうで、
専業主婦の母:バーバラ・ジーン・マクニコルさんと、
現在は聖公会系キリスト教の司祭をつとめる、ノルウェー系アメリカ人の父:ジョン・ウィルバー・ジョンソンさんとの間に生まれた5人兄弟の末っ子。

ピーターの姉・クリスティーと、兄のジミー
典拠:Daily Mail

別名:ピーター・ジョンソンという、お父様の姓を使用している事もある。

お父様のお父様、つまりピーターのおじいちゃんが、ノルウェー人なのだそうで、お母様のほうは、フランス系カナダ人、アイルランド、オーストリア、ドイツ、イギリス、オランダ、スコットランド系アイルランド人など、数々のご先祖様が居るそう!

典拠:Open Clip Art

ちなみに、お父様の苗字:ジョンソンは、英国やスコットランド系の苗字で、元はラテン語の「ジョハンズ」から。

Johnson自体は、「Son of John(ジョンの息子)」という事から来ているそうですが、大基は、ヘブライ語「Yochanan(神よ、私と息子に目をかけて下さい)」の意味らしい。

その後、アメリカ大陸や、ヨーロッパ大陸の様々な国に派生し、枝分かれしていていった苗字で、ジョーンソン、ジョインソン、ジョーンズ、ジェハン、ジーン、などすごい数。

ちなみに、ピーター本人が名乗っておられる母方の姓「MacNicol(マクニコル)」のMac(Mcの方もおられますね、ユアン・マクレガーとか、マコーレー・カルキンとか)とは、元はスコットランドやアイルランドのお名前で、「Mac(~の息子)」の意味。

つまりピーターの場合は、MacNicolなので、「ニコルの息子」という事ですね。

典拠:Frontiers-Wathington University in St.Louis

お母様は、ミドルネームもジーンですし、苗字もなんかロマンを感じますね。

ジョンの息子は、ニコルの息子なのかー・・・。

ご両親の祖先は全く別(国すら違う)の場所出身。
けれども、実は限りなくスコットランドやアイルランド系って事なのでしょうね。

ちなみに、お姉さんのクリスティー・マクニコルさんも、子役の頃から活躍する女優さん。

姉のクリスティー・マクニコル(Kristy McNichol)
なぜか兄弟で苗字のスペルが違いますね。
典拠: People

ダラス大学に進学したピーターですが、後に、ミネソタ大学でも勉強しており、卒業しているかどうかは不明。

時期は別ですが、ニューヨーク大学では、映画製作の集中講義のみ受講しており、彼の学生時代は、演技を始めとする、その他たくさんの科目やプログラムを勉強している。

映画『ソフィーの選択』より
典拠:pinterest.com

元々は、古生物学者になりたかったという事で、化石化した生き物の骨を研究していたそうですが、結局様々な種類の人々を生き生きと演じる「役者」という職業を選んだピーター・・・

演技の際には、事実を知ってるだけあって、役に真実味が出そうですが、興味の対象が、まるで逆なところが面白いですね。

そして役者としてデビュー:
経験を積み始めるピーター・マクニコル

『ザ・フェアリー・テイル』でマーティン役を演じるピーター
典拠:TV Buzer

1978年、ミネアポリスのギャスリー劇場で、2シーズンに渡って、シェイクスピアの『ハムレット』や、イプセン『王位請求者たち(原題:Kongs-Emnerne)』などを演じたピーター。

1980年には、NYのオフ・ブロードウェイ劇場デビュー!

ベス・ヘンリー原作『Crimes of the Heart(クライムス・オブ・ザ・ハート)』を演じていたが、翌年に所属事務所がブロードウェイに移転し、ピーターはブロードウェイの賞『シアターワールド賞』を受賞!

『クライムズ・オブ・ザ・ハート』(1982年)で受賞
典拠: theatreworldawards.org

これは、メリル・ストリープなども受賞している、立派な賞!

すごいな、デビュー2年で!

そんな実力者なので、ここに所属している間、彼の演技に注目したキャスティング・エージェントが、ピーターに連絡!

映画『ソフィーの選択』
典拠:TV Buzer

これが後の、メリル・ストリープ主演映画『Sophie’s Choice(邦題:ソフィーの選択)』(1982)出演に繋がります。

ちなみに、ピーターの映画デビューは、その1年前、1981年のディズニー&パラマウント共作の『Dragonslayerドランゴンスレイヤー』で、主人公の若者:ゲイレン役!

映画『ドラゴンスレイヤー』
典拠: cineplex.com

共演の英国人俳優:サー・ラルフ・リチャードソンと肩を並べて、いきなり主役で映画デビューを飾ったわけですね!

出演作品を観た事ない人は居ないはず?!
ピーター・マクニコルの多数の過去出演作品

ピーター・マクニコル(1981年)
典拠:Getty Image

ほぼデビューから主役で、映画界に登場してしまったピーター・マクニコル。
主役から、助演、脇役に至るまで、あまりの出演作品の数々・・・

紹介しきれませんので、代表的なものだけ一気に行きますよ!

原作『全ての王の民』
ロバート・ペン・ウォレン著
典拠: Goodreads

1987年、ダラス劇場センターにて、『All the King’s Men(邦題:『すべての王の民』

ブロードウェイでピーターの名前がクレジット表示されたものだけでも『ブラック・コメディ/ホワイト・ライズ』

女優ケイト・マルグルーと『ブラックコメディ/ホワイトライズ』を演じるピーター
典拠: pinterest

セントラルパーク内にある野外劇場で開催されるNYシェイクスピア祭では、
史劇『リチャード2世』
悲劇『ロミオとジュリエット』を始め、
喜劇『十二夜』
『Rum and Coke(ラム&コーク)』
『Found a Peanut(ファウンド・ア・ピーナッツ)』
などに出演している。

1989年『ゴーストバスターズ2』では、ビル・マーレー演じる、ピーターの元恋人:ダナ(シガニー・ウィーバー)の同僚として登場!
とんでもない事で、物語を盛り上げる役柄でしたね!

映画『フォーストバスターズ2』で、ヤノス博士を。
典拠:Flavorwire

1993年『Addams Family Values(邦題:アダムス・ファミリー2)』では、後にTV『ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル』で、親友兼同僚チャールズ・エプス役を務める事になる、当時まだ子どもだったデビッド・クラムホルツと共演を果たしている。

映画『アダムスファミリー2』
この先生、イヤな先生だったなー・・・。
典拠:The Robot’s Voice

1994年、テレビドラマ『チアーズCheers』「Look before you sleep」の巻では、ホテルの受付従業員を演じている。

こちらは、現在日本でも放送中『CSI:科学捜査班』の主役でもある、テッド・ダンソン主演、10年以上続いたコメディドラマなので、知っている人も多いはず。

スリルだけど、コメディミュージカル映画『Radioland Murders(邦題:笑撃生放送! ラジオ殺人事件)』に、サン・ライター役で!

映画『Radioland Murders
(邦題:笑撃生放送! ラジオ殺人事件)』
典拠:Escape

同年『シカゴ・ホープ』にシーズン1~2中盤にかけて登場。

同じ番組クリエイター(デイビッド・E・ケリー)のドラマ『Ally McBeal(邦題:アリー・マイ・ラブ)』への定期的な出演になるまで、『シカゴホープ』でアラン・バーチ役を演じます。

ただ、ファイナルゲストとして、シーズン5の第5話に顔を見せてくれてますよ!

コメディ映画『レスリー・ニールセンのドラキュラ』
典拠:Amazon.co.jp

1995年、『Dracula: Dead and Loving It(邦題:レスリー・ニールセンのドラキュラ)』に、トーマス・レンフィールド役。

そしてピーターの存在を、完膚なきまでにお茶の間に印象付けたのが、1997年スタートの、法律ドラマ『Ally McBeal(邦題:アリー・マイ・ラブ)』でした。

リーガルドラマ『アリー・マイ・ラブ』
典拠:Like Share Tweet

この作品で、主人公アリーの同僚弁護士:ジョン・ケイジを、なかなかに小賢しく、コミカルに演じたピーター。

人に何か証明したい時、あのオーバーリアクションで、得意げに喋る様子に影響され、翌日には会社で我が癖かのごとくオッサンも出没しました(笑)

ちなみに先ほどの『シカゴ・ホープ』も含めて、こちらの『アリー』でもピーターは、エミー賞や俳優組合賞など、演技部門や助演男優部門を総ナメ!

こちらは『ナンバーズ』で受賞した時の画像。
典拠:numb3rs.wikia.com

書いていないものもあるので、数えられませんが、ノミネートも含めると、とんでもない数の認められかたですよー・・・!

この年は、イギリスのほぼ無声(ヴィジュアル)コメディ『ミスター・ビーン』Mr.Beanの、映画版『Bean: The Ultimate Disaster Movie(邦題:ビーン)』で、アメリカ上陸した、例の男の話に出演している。

映画『ビーン』
典拠:JoBlo.com

このシリーズ、大好きでした!

当時まだDVDは主流ではなかったので、筆者はこの映画のNHS(ビデオテープ)の英語字幕を買ったのですが、一緒に買った知人が日本語吹き替えを買ったので、見せてもらったら・・・

まぁびっくりする程面白くなかったです。

勝手に「~~だねん」みたいな変な言葉が語尾に付けてあり、ドン引きしました。

ここまで、元作品の意図を台無しにする日本語吹き替えがあったとは!

映画『ビーン』出演中のピーター
怖いwww
典拠:mirmay.mplore.com

2005年『ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル』で、主人公の天才数学者の親友:ラリー・フレインハートを演じた際は、お茶の間からの指示が絶大に(笑)

『ナンバーズ』ラリー役で出演中のピーター
典拠:pinterest

こちらのキャラクター、かなりユニークというか、変わり者役であった為と、それゆえか、ラリー出演を楽しみに待つ視聴者が続出。

ストーリー内の色んな設定で、降板したりした際には、ネットに「ラリーが居ないのは寂しい。ラリーを楽しみに見ていたのに・・・」などの声が吹き荒れた。

ただ、復帰も果たしているので、ご安心あれ!

典拠:GhostbustersFans

2006年『ボストン・リーガル』では「Race Ipsa」の巻で、ドクター:シドニー・フィールド役。

『24』出演では、トム・レノックス役で、シーズン7に出演。

その後、テレビ用映画映画版『24:リデンプションRedemption』でも続投する事となった。

ドラマ『24』用の宣材写真
典拠: Alchetron

2010-11年、大人気恋愛系医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』では、小児科医のスターク先生を演じ、計7話に出演。

ドラマ『グレイズ・アナトミー』

2013年、『エージェント・オブ・シールドAgents of S.H.I.E.L.D.』には、エリオット・ランドルフ教授役で、2話に出演。

俳優業だけだと思うな!
ピーター・マクニコルの声優活躍

アニメ映画『リセス ~ぼくらの夏休みを守れ!~』
典拠:Disney Movies

2001年、ディズニーアニメ映画『Recess: School’s Out(邦題:リセス ~ぼくらの夏休みを守れ!~)』では、フェンウィック教授役を。

翌年は、ユニバーサルピクチャーよりアニメ映画『BaltoⅡ:Wolf Quest(邦題: バルト 新たなる旅立ち)』で、ムールー役を。

2004年から放送された、TVアニメ『The Batman(バットマン)』では、カーク・ラングストン博士Dr.Kirk Langstorm役で計3話で声優をこなしている。

アニメシリーズ『バットマン』
典拠:Netflix DVD

2005年、映画『Stuart Little 3: Call of the Wild(邦題:スチュアート・リトル3 森の仲間と大冒険)』では、Troopmaster Bickleトゥループマスター・ビックルを。

続く、アニメシリーズ『ジャスティス・リーグ・アンリミテッド』では、デイビッド・クリントン/クロノス役を。

アニメシリーズ『ジャスティス・リーグ・アンリミテッド』
典拠:Kethroysdon-WP.com

TVシリーズ『ヤング・ジャスティスYoung Justice』ではイーヴォ教授を。

TVシリーズ『The Spectacular Spider-Man(邦題:スペクタキュラー・スパイダーマン)』では、ドクター・オットー・オクタヴィウス/ドクター・オクトパス役を。

『Harvey Birdman/Attorney at Law(ハーヴィー・バードマン、アトーニー・アット・ロウ)』では、ザ・エリミネーターX。
英語の判る方・・・このタイトル、なんとも言えず気をひかれてしまいますよねwww

直訳すると『弁護士ハーヴィー・バードマン』・・・『弁護士:鳥男ハーヴィー』でしょうか・・・どういう設定なの?!(笑)

ちなみに、

『ハーヴィー・バートマン』の記念すべき第1話動画(英語)はコチラ!

また、プレイステーション3と、Xbox 360向けに発売された、ゲームソフト『バットマン アーカム・シティBatman:Arkham City』『Batman: Arkham Origins(邦題: バットマン アーカム・ビギンズ)』、そして『バットマン アーカム・ナイトBatman:Arkham Knight』の三部作では、悪役マッド・ハッターを。

『G.I. ジョー レネゲイズ』
典拠:YouTube

アニメシリーズ『G.I. Joe: Renegades(GIジョー:レネゲイズ)』では、ファイアーフライ役で、それぞれ声優をこなしている。

2013年には、筆者も大好きなホラーコメディアニメの映画版『Scooby-Doo! Stage Fright(スクービー・ドゥー! ステージ・フライト)』で、デューイ・オットーマンの声優をしている。

映画『Scooby-Doo! Stage Fright(スクービー・ドゥー! ステージ・フライト)』
典拠:Wikipedia

これ、学校から戻ったら宿題しながら観てましたよ~。
アメリカンアニメ独特の、あのドタバタ感がいいんですよね!

もはや「普段俳優やってる人が、ちょっと声優に挑戦してみた」って数ではないですよね・・・。

古生物学者になるか、役者になるかで選んだ人生でしたが、結果ピーターは、劇場やテレビ、映画で、こんなにも幅広い活動を見せているのですから、才能が幅広いと言えますね!

身長や結婚などプライベートなピーター・マクニコル
奥さんや子どもは?

ドラマ中に時々披露するバグパイプは、ピーター本人の趣味。
典拠: PeterMacNicol.online

ピーター・マクニコルですが、出演作を見ればわかるかと思いますが、小柄な方です。

身長は、169㎝、173cm、177㎝、など諸説あるものの、いずれにせよ、欧米男性にしてはとても小柄です。

『アリーマイラブ』の女優:カリスタ・フロックハート(166cm)と並んでいる写真を拝見すると、カリスタがヒールの付いた靴を履いているとしても、頭の位置から、そんなに大きくないのが伺えます。

身長166㎝のカリスタと並ぶピーター
典拠: Getty Image

実生活をあまり公開しない事でも有名な、ピーター。

奥さまは、1986年ご結婚された、マーサ・スー・カミングさん。

妻:マーサ・スー・カミングさんと。
典拠:Hubmesh

「コーリー・ウィリアムズ奨学金機構」というNPO団体で活動しておられる方で、LA市内の大学生向けの奨学金制度。

ちなみにこのコーリーというお名前のご本人は、1997年、LA市内のバスに乗ってただけで、ギャング同士の銃撃に巻き込まれて亡くなった名誉生徒からとったもの。

奥さまとは、色々な式典やパーティなど、公の場所に一緒に出席されるものの、お子さんに関する情報は明らかにされていません。

典拠: Funny or Die

最近のピーターへのインタビューで、奥さまと居るととっても幸せで、その生活に大満足していると答えている事から、お子さんたちが居ようが居まいが、とっても仲がいい様子!

ピーターが、旅行や映画が好きであることから、奥さまの人生を謳歌しておられる事が伺えます。

気になるピーター・マクニコルの最新作品
エミー賞最優秀ゲスト俳優賞取り消し?!

さて、どれだけ降板が続こうが、途絶える事なく、別の作品へのメインキャストや、サブメイン、ゲスト出演が続くピーターなので、おそらく意識せずに、ドラマを見ててもひょっこり出てくると言えば、出てくるのですが・・・

ドラマ『CSI:サイバー』
典拠:TV Wise

まずは、2015年『CSI:サイバー』のメインキャスト:サイモン・シフター役。

2016年『Veep(邦題: 副大統領)』ジェフ・ケーン役で、計5話。

こちらは、エミー賞にノミネートされたものの、受賞者ルールの都合上、対象から外されてしまいましたね・・・。

ドラマ『Veep(邦題: 副大統領)』
典拠: Google Play

これだけ色んなドラマで見かける名役者ピーター!

なので、エミー賞を始めとする数々の賞に、多々ノミネートされるわけですが、ルールの都合上、ゲスト役者部門や、助演部門など、メインでない位置づけでノミネートされる場合、

計○話の内、○話以上、出ていてはいけない。

○秒以上の出演があってはいけない、などの厳格なルールがあります。

・・・そうしないと、主役がどの賞も受賞!みたいな事になりかねませんからね。

ピーターの場合は、ドラマ『副大統領』の第5シーズンで、最優秀ゲスト俳優賞にノミネートされたものの、式典当時10話目が経過中という中、第5話目のエピソードで10秒以上の出演が確認されてしまう。

こうなるともはや「ゲスト出演」という事には当たらないとして、受賞の対象者から除外されてしまった。

ちなみに、ハンク ~ちょっと特別なボクの日常~に出演していた、著者で役者のヘンリー・ウィンクラーなども、こういったルールで取り消しされている。

一見、残念ですが、番組自体への出演時間が増えているわけですから、役者さんとしてはありがたい事ですね!

2007年、ディズニーのアニメドラマ『Tangled:The Series(邦題:塔の上のラプンツェル)ザ・シリーズ』にメインキャストであるアドバイザー:ナイジェル役で声優出演している。

テレビアニメ『塔の上のラプンツェル』
典拠:Disney Channel

こちら、まだ始まったばかりのアニメなので、是非是非チェックしてみて下さい。

ではでは、これからもピーターを応援していきたいと思います!!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC
レスポンシブ PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ PC