ベンウィショーの身長や恋人との同性婚、双子兄やメリーポピンズ、ボヘミアンのフレディ、パディントンの声などWikiより詳しく

こんにちは、「にぎわす.com」の Ayakaです^^

日本の映画館でも封切りされましたね!

メリー・ポピンズ・リターンズ

典拠:Royal Albert Hall

みなさん、もう見られましたでしょうか?

その中から今日は、

マイケル・バンクス役

ベン・ウィショー

典拠: Daily Express

をピックアップしてみたいと思います!

中性的な魅力の漂う英国俳優ベン・ウィショー

その素顔は、なんともお茶目で可愛らしい人でした!

そんなベンの素顔に迫っていきます。

『メリー・ポピンズ リターンズ』の
メイン出演キャスト

典拠: Variety

メリー・ポピンズ役エミリー・ブラント
・・・(日本語吹き替え:平原 綾香)

ジャック役リン=マニュエル・ミランダ
・・・(声優:岸 祐二)

マイケル・バンクス役ベン・ウィショー
・・・(声:谷原 章介)

ジェーン・バンクス役エミリー・モーティマー

Mr.ウィルキンズ役コリン・ファース

トプシー役メリル・ストリープ

Mr.ドース・ジュニア役ディック・ヴァン・ダイク

ベン・ウィショー プロフィール

引用元:Time Out

名前:  Ben Whishaw(ベン・ウィショー) 

生年月日:  1980年10月14日(38歳)

出生地:  イングランド・ヘッドフォードシャー州  

活動分野:  俳優、声優

出身校: 
Samuel Whitbread Community College

身長:  177 ㎝

体重:  65 kg

趣味:  猫が好き

意外と身長低い?
ベン・ウィショーの生い立ちと学生生活

ベン・ウィショーは身長175cmと比較的小柄な男性です。

中性的な雰囲気のある男性ですよね。

引用元:pinterest.com

そんな可愛らしさもあるイケメン英国俳優の生い立ちと学生生活をご紹介していきます!

ベンは、イングランドのベッドフォードシャー州クリフトンに生まれました。

母親は、化粧品会社に勤めていて、父親は、情報技術の仕事をしています。

化粧品会社勤めの母親なんて、きっと綺麗なお母さんなのでしょうね!

イケメンのベン、彼の先祖には、フランス人、ドイツ人、ロシア人、イギリス人と様々な国の人がいます。

とてもグローバルな家系ですね!

引用元:aceshowbiz.com

そんな彼は、様々な学校で演技の勉強をしています。

特に、「Samuel Whitbread Community College」という大学で勉強しているうちに、
舞台に目覚めました。

英国王立演劇アカデミーでも、演技の勉強をしています。

若い時から、将来の夢を持ち、夢に向かって努力し、夢を叶えるなんてさすがですね!

ベンは、卒業するやいなや、すぐに様々な舞台・テレビ・映画で活躍する俳優になりました!

特に舞台『ハムレット』は、評論家たちから大絶賛され、瞬く間に彼をスターダムに伸し上げました!

若くて才能のある役者だったのですね。

『007』シリーズや『パディントン』にも出演!
ベン・ウィショーのデビューと過去出演作品

 続いて、ベンのデビュー作品や過去出演作品についてご紹介していきます。

先ほど少し触れたとおり、ベンが出演した舞台『ハムレット』が批評家たちの間で話題になったおかげで様々な作品に出演するようになりました。

引用元:fotosfotos.eu

2004年に公開の映画『レイヤー・ケーキ』もその一つです。

こちらは、麻薬ディーラーの話となっています。

若いころのベンが見られるので、オススメですよ。

同時期にイギリスのテレビ番組・シットコム『Nathan Barley(原題)』にも出演しています。

映画からテレビ番組まで幅広く活躍していますね!

そんなベンはまた、イギリスの名だたる有名作品に出演しています!

なんとあの、「007シリーズ」に出演しているのです!

2012年公開の映画『007スカイフォール (原題:Skyfall)』

2015年公開の映画『007スペクター(原題:Spectre)』どちらにも出演しています。

引用元:James Bond Wiki – Fandom

ベンの演じる役は「Q」と言う名前で、主人公ジェームズ・ボンドをその天才的な頭脳で助ける人物です。

ベンは、4代目Qに就任しました!

メガネと、知的な雰囲気がとっても素敵ですね♪

Qの知能と知性的なルックスに、多くの女性ファンが釘付けになったとか!

ベンはまた、子供から大人にまで大人気の映画『パディントン』にも出演しています。

キュートで紳士的なテディベア・ペディントンの声を担当しています。

引用元:Los Angeles Times

パディントンがとても可愛らしいので、まだ観ていない人は要チェックです!

子供映画まで幅広く活躍しているんですね。

また、2015年に公開されたドラマ『ロンドン・スパイ』では、
主人公役を熱演しています。

こちらは、ベンの演じる男性が恋した男がスパイだったというなんとも刺激的なストーリーです!

中性的な雰囲気のあるベンは、同性愛者の役がぴったりなのではないでしょうか?

ベンは同性婚も公表していますから、自然な演技に期待ができますね!

ぜひ、チェックしてみてください!

実はあのヒット作でフレディ・マーキュリーを演じる予定だった?
ベン・ウィショーの知られざる歌の実力


2018年間違いなく大ヒットした超話題作『ボヘミアン・ラプソティ』

みなさん、もうご覧になりましたか?

こちらは、伝説的バンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画です。

なんとあの超話題作に、実はベンが出演する予定だったのです!

しかも、その役なんと、主人公フレディ・マーキュリー役!

びっくりですよね!?

引用元:The New York Times

ベンがフレディ・マーキュリー役を演じて撮影されたバージョンも見てみたいですね!

ベンもしっかりとフレディー・マーキュリーを完全再現したのではないでしょうか?

そんなベンは、最新作映画メリー・ポピンズ・リターンズで歌を披露しています。

この映画で、大人になったマイケルを演じているベン。

メリー・ポピンズの魔法によって子供のころの夢と希望を思い出します。

しかもなんと、この映画は、ベンのミュージカル初挑戦映画です!

ベンの優しい歌声は、女性必見ですよ♪

大の猫好きベン・ウィショーは同性婚?
双子の兄などプライベート情報

ベンは、同性婚を発表しています。

中性的な魅力を持つベンは、なんとゲイだったのですね。

その気になるお相手は、作曲家のマーク・ブラッドショーです。

引用元:Daily Mail

極秘結婚式を行ったようです。

なんとも絵になる2人ですね。

そんな2人の出会いは、2009年に公開の映画『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(原題:Bright Star)』です。

この映画は、イギリスの詩人ジョン・キーツとその恋人の恋愛物語で、
ベンは主人公キーツを演じています。

お相手のマークは、映画の作曲を手掛けていました。

ベン自身も素敵な恋を見つけていたなんて、ロマンチックですね。

また、ベンには、二卵性の双子の兄弟がいます。

引用元:Pinterest

そしてなんと、ベンの母親も二卵性の双子の姉妹がいるのです!

そんなことってあるのでしょうか?

すごい偶然ですね!

ベンは無類の猫好きでもあります。

1番多い時で何十匹も飼っていたそうです!

猫好きな男性ってなんとも可愛らしいですよね。

ベン自身も猫のように見えてきました!

祝ゴールデングローブ賞受賞!
ヒューグラントの元恋人役?
ベン・ウィショーの最新ドラマ

 では、最後にベン・ウィショーの最新ドラマ情報のご紹介をします。

ベンは2018年に公開のイギリスのドラマ『英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件(原題:A Very English Scandal)』に出演しています。

引用元:Pinterest

このドラマでなんとベンは、ゴールデングローブ賞も獲得しています。

高く評価されているドラマなのですね。

ドラマのあらすじをご紹介します*********

同性愛が禁止されていたイギリスで、政治家のジェレミー・ソープが、
男性のノーマン・スコットに恋をし、やがて二人は付き合います。

しかし、スキャンダルを恐れたソープがノーマン殺害を計画する話です。

なんとこのお話、イギリスで本当にあった事件なのだとか!

イギリス政界史上、最も世間を賑わせたスキャンダルなのです。

本当にあったらすごく怖い話ですよね。

同性愛が認められていない時代に戦った男性を、同性愛者のベンが演じます。

とても考えさせられるドラマです。

ベンは、政治家ソープの恋人ノーマン役を熱演しています。

また、お相手役にはあの大人気英国俳優のヒュー・グラント!

ヒュー・グラントといえば
『ノッティングヒルの恋人(原題:Notting Hill)』
や、
『ブリジット・ジョーンズの日記(原題:Bridget Jones’s Diary)』で有名な、イギリスを代表する俳優さんです。

2人のイケメン英国紳士の共演に、心躍りますね♪

一体どのような恋愛模様を見せてくれるのでしょうか?

要チェックですね♪

今回は、イケメン英国俳優ベン・ウィショーの生い立ちから過去出演作品、
プライベートまでご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

私生活でも、ドラマのような恋をして、幸せを手にいれたベン。

自分が同性愛者であることをオープンにしていて、潔くてかっこいいですよね。

カメレオン俳優として今後も様々な映画・ドラマに出演していくことでしょう!

ディズニー最新作映画メリー・ポピンズ・リターンズも楽しみですね♪

ベンの今後の活躍にもますます目が離せませんね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク