ライリーキーオの身長や彼氏との結婚、祖父プレスリーやガールフレンド:クリステンとマッドマックスやマジックマイクなど過去出演作品Wiki的紹介

こんにちは、「にぎわす.com」のjasmine です^^

今回は、問答無用のイケメン達が勢ぞろいし、何かと話題の

映画『マジック・マイク

典拠:The Indie Sound

そして、続編の

マジック・マイク XXLの出演者にもフォーカスしてみたいと思います。

その中から今日は、

ノーラ役

ライリー・キーオ

をピックアップしてみます!

引用元:fanpop.com

自由奔放だけどとってもキュートなノーラを演じ、世界をざわつかせた彼女ですが、

今回は、そんな綺麗な彼女がどんな人なのか探ってみましょうー!

【マジック・マイク】のメイン出演キャスト

典拠: Ain’t It Cool News

マイケル(マジック・マイク)レーン役チャニング・テイタム
・・・(日本語吹き替え:前田 一世)

アダム(ザ・キッド)役アレックス・ペティファー
・・・(声優:佐藤 拓也)

ブルック役コディ・ホーン

ケン役マット・ボマー

ジョアンナ役オリヴィア・マン

ビッグ・ディック・リッチー役ジョー・マンガニエロ

ダラス役マシュー・マコノヒー
・・・(声:藤原 啓治)

テイト役アダム・ロドリゲス

ターザン役ケビン・ナッシュ

トビアス役ガブリエル・イグレシアス

ノーラ役ライリー・キーオ

ライリー・キーオ プロフィール

典拠: EtOnline.com


名前:
 Riley Keough(ライリー・キーオ)

本名: Danielle Riley Keough(ダニエレ・ライリー・キオウ)

愛称: ライリー

生年月日: 1989年5月29日(29歳)

出生地: 
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタ・モニカ

活動分野: 女優、モデル、プロデューサー、

身長: 170 ㎝

体重: 59 kg

胸囲: 87 ㎝

ウエスト: 66 ㎝

ヒップ: 81 ㎝

ブラカップサイズ:  B

好きななデザイナー: 
Dior、Chanel、Marc Jacobs、Zac Posen、

好きなもの: ココア・バター、

Instagram Riley Keough(@rileykeough)

Twitter Riley Keough(@RileyKeough)

父:  ダニー・キーオ(ミュージシャン)

母: リサ・マリー・プレスリー(シンガーソングライター)

兄弟: ベンジャミン・ストーム・キーオ

半姉妹: 
フィンレイ・アーロン・ラブ・ロックウッド
& ハーパー・ヴィヴィエンヌ・アン・ロックウッド(双子)

祖父: エルビス・プレスリー(ロック歌手)

祖母: プリシラ・プレスリー(女優&大物有力ビジネス家)

家族構成が豪華!! お父さんも有名人?
ライリー・キーオの生い立ちと学生生活

引用元:Riley’s instagram

ダニエル・ライリー・キーオ(以下ライリー)は、
カリフォルニア州サンタモニカで歌手である母:リサ・マリー・プレスリーと、
ミュージシャンである父:ダニー・キーオの元に生まれました。

フルネームから分かる通り、”ライリー” はミドルネームです。

そしてお母さんの名前、聞き覚えがあるなあと思ったら、あのレジェンド ”エルビス・プレスリー”と、”プリシラ・プレスリー”のお嬢様!

つまり、ライリーはエルビス・プレスリーの最初の孫なんです!!

『Vogue』誌の表紙を、祖母・母・ライリーと、女三代で飾った時のもの。タイトルは “プレスリー家の女性たち” となっている。
典拠: Pinterest

しかもお母さんのリサ・マリーは、”マイケル・ジャクソン”の元奥様 でもあるんです…!

そんなライリーは音楽について以前にこんな風に話していました。

「世界で一番好きなことが音楽。

ずっと音楽と共に育ったし、私にとって一番大事なことのひとつだと思います。

でも、今のところプロとして音楽をすることは想像できません。

ラッキーなことに、大半においてプレッシャーは感じていません。」

最高の音楽に囲まれて育ったライリーは、やっぱり音楽が大好きなんですね!

今のところは音楽活動は考えていないようですが、

2013年にはジャスティン・ティンバーレイクの『TKO』でMV出演をしているので、
女優としてMVに出演するライリーを見るチャンスはまたあるかもしれませんね。

ライリー・キーオのデビューと『マッドマックス』
『ガールフレンド・エクスペリエンス』など過去出演作品

ライリーの女優デビューは2010年公開のダコタ・ファニング主演映画『ランナウェイズ(原題:The Runaways)』です。

ここでクリステン・スチュワートとも共演をしています。

人気の若手女優が盛りだくさん、といった感じでしょうか?

2011年には『グッド・ドクター禁断のカルテ(原題:The Good Doctor)』でオーランド・ブルームとも共演を果たしています。

そしてライリーが更に知名度を上げたのが2012年公開『マジック・マイク(原題:Magic Mike)』への出演。

引用元:imdb.com

マシュー・マコノヒーやチャニング・テイタムなど名立たる有名、演技派俳優たちとの共演を果たしていますが、
ライリーの演じたノーラ役は、ライリーがリンジー・ローハンから勝ち取ったんだとか!

役を得たことも凄いですし、デビューからの出演映画全てで実力のある有名俳優との共演をしていて、堂々たる演技をできているライリーはカッコいいです!

ちなみに、ここで共演した、アダム役アレックス・ペティファーとは、
結婚こそなかったものの、後に交際・婚約にまで発展している。

そして次に代表作となっているのが2016年に公開され全世界を圧倒しアカデミー賞を総なめした映画『マッドマックス:怒りのデスロード(原題:Mad Max:Fury Road)』

ここでライリーは5人の美女軍団の1人であり心優しいケイパブルを演じました。

この美女軍団は監督が「荒々しく激しいチェイスの中で観客が1人1人を見分けられる女性でなければならない」ということを前提に選ばれたそうですが、そこで選ばれるライリー・・・すごすぎます!

また、大部分は映画での活動をしているライリーですが、テレビ出演作もあります。

中でも2016年から始まったテレビドラマ『ガールフレンド・エクスペリエンス(原題:The Girlfriend Experience)』では主演を務めています!

引用元:blog.reedsy.com

とても人気でシリーズは続いていますが、役どころがロースクールに通いながら高級コールガールとして働く役なので、お母さんには見せていても男性家族には見せていないそうです。

確かに、恥ずかしいというか見てほしくないですね・・・。

映画・テレビに大活躍のライリーは、複数のアワードにおいて今までに6回助演女優賞や主演女優賞にノミネートもされています。

典拠: Hollywood News Source

綺麗なだけ、知名度だけでは確かにビッグネームが揃う映画にはキャスティングされないと思いますし、演技力が評価されていることもライリーの魅力ですね!!

ライリーは演技に対して「一度の人生で、異なる人のとても多くの人生を生きることができるのが楽しい」と言っていましたし、

「自分の人生の変化のスピードがとても速いです。
より強くなり一緒に成長できる素晴らしい人たちの周りに居られることにすごく感謝しています」とも言っています。

引用元:michaeljacksonelisapresley.blogspot.com

そういった心持ちが更にライリーを魅力的な女優にしてくれているんでしょうね!

「プライベートなときだけはシャイで大人しいですが、なぜか仕事になると全くそんなことがなくなるんです」とも話しているので、これからもっと演技派女優として様々な役がこなせそうです!

モデルに会社経営まで!!
女優だけじゃない!ライリー・キーオの活動

とっても綺麗なので何の不思議もありませんが、ライリーは女優になる前のティーンエイジャーだったころにモデルを始めています。

引用元:vanityfair.com

モデルとしてもキャリアは順調で、モデルとして初めての仕事が14歳でのドルチェ&ガッバーナのランウェイ!

母・祖母と親子3代でVogueの表紙を飾ったこともあります。

ファッション界においては女優を始めてからも活動があり、

2013年夏にはオーストラリアのファッションブランド Bonds のアンバサダー、

2014年にはハイブランド”ミュウミュウ”が関わったショートフィルム『Spark and Light(原題)』にも出演しています。

確かにこれだけ綺麗ならファッション界からしても放っておけない存在ですよね。

引用元:Riley’s instagram

また、ライリーにはもうひとつ別の顔もあります。

2017年にはプロデューサー:ジーナと共に Felix Culpa というプロダクション会社を設立しました。

そう、ライリーは経営者でもあるのです。

Felix Culpaでは、既に『Sweet Lamb of Heaven(原題)』を含めた3つの小説を受け入れています。
設立の理由は、「映画や文学がただとても大好きなので、もっと注目を受けるに値するストーリーやタレントの発展に捧げるため」とのこと。

自分が表現者として活動するだけでなく他の人の才能も広めようとするなんてとても素晴らしい女性ですね!

もう結婚してる旦那さんは誰?
クリステン・スチュワートと不仲!?
ライリー・キーオのプライベート

ライリーは5か月間の婚約期間を経て、スタントマンとして活躍しているベン・スミス・ピーターソンと2015年2月4日にカリフォルニア州ナパで結婚しました。

2人の出会いは『マッドマックス』の撮影現場だったそうです!

彼氏が同じ現場でスタントをしているとかっこよさと同時にドキドキハラハラするのでは・・・?と思いますが、ライリーはどんな気持ちだったんでしょうか??

美男美女とはまさにこのこと!

引用元:bingapis.com

結婚式では、プライベートな時間を持つため、式の直前に2人で会う時間をとったそうですが、ベンは “ライリーが入ってくるのを見たときに涙を流さずにはいられなかった” と明かしています。

2人にとってとても嬉しくて幸せに溢れる1日だったことが伝わってくるコメントです!!

式ではダコタ・ジョンソンがブライズメイドを務め、

サービスの間にポエムを呼んだのがクリステン・スチュワート

マッドマックスの共演者たちも参列していたそうです。

クリステンとは元々仲良しだったのが、クリステンの元カレであるロバート・パティンソンとライリーに交際の噂が流れたのがきっかけでなんとなくギクシャクし疎遠になったこともあったようです。

それでもまた仲良しに戻って、ライリーの大切な結婚式にも参列しているととってもほっこりします。

引用元:popsugar.com.au

他にライリーととても仲良しな友達が、エヴァン・ロス、オースティン・ブラウン、ライアン・カブレラです。

彼らには、音楽界に関わっているまたはエンタメ界に有名な親族がいるという共通点があるので(エヴァンは母がダイアナ・ロス、オースティンはマイケル・ジャクソンの甥、ライアンは自身がシンガーソングライター)他の人とは違った特別な絆があるんでしょうね。

映画出演がもりだくさん!
ライリー・キーオの最新作

次回作がとっても楽しみなライリーですが、特に映画がたくさん控えています!

2018年にはミステリー映画『Welcome the stranger(原題)』

サスペンス映画『Under the Silver Lake(原題)』(10月13日公開予定)、

サイコホラー映画『The House That Jack Built(原題)』

Netflix映画『Hold The Dark(原題)』の4作が公開!!

引用元:Riley’s instagram

2019年にはホラー映画『The Lodge(原題)』

日本を舞台にしたミステリー映画『The Earthquake Bird(原題)』が公開予定です。

テレビも、テレビ映画『Paterno(原題)』や、

主演ドラマ『ガールフレンド・エクスペリエンス』があるのでこれからもライリーから目が離せません!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!