アホの坂田に憧れて、中2で家出、留置所で運命のヤクザと!明治・早稲田も合格したのに、なぜ専修大へ?東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス』に!

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今日、にぎわってみたいのは、

そのまんま東こと、東国原 英夫氏です^^

タイトル

なぜかここ数日、

2016年(平成28年)5月16日(月)放送の

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 

2016年(平成28年)5月19日(木)放送の

『アウトxデラックス』

など、失敗系、反省系、暴露系の番組への出演が多くなっていますよね?!w

スポーツ万能、頭もすっごく優秀、面白くて女性にも人気、果ては国会議員など、一見すると、非の打ちどころがない東国原さんですが、何がそう何度も彼を失敗させ、マズイことにさせてしまったのでしょうか?

見逃した人の為に、詳細を書いていきますが、
東国原さんの人生は、波乱万丈で、とんでもなく長いので分けて記事にしましたので、伝記だと思って読んでみて下さいね^^

今回は東国原英夫さんの「しくじり先生第1弾」です。

主に幼少期~大学受験の時期の東国原さんをフォーカスしています。

中学生の時に留置所に入るハメになったという東国原さんですが、一体どうしてそんな事になってしまったのでしょうか?

東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス:第2弾
金欲しさのバイト三昧の大学生活から、たけしの1番弟子に!

運命のフライデー襲撃事件詳細」

東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス:第3弾
イメクラで、未成年への淫行!芸能界追放の真実
その期間に勉強し、早稲田へ進学、政治家の道!
20回以上ハニートラップの例など。

ちなみに、東国原さんの
『妾の子』という立場、逮捕歴の嘘。三度の結婚・2度の再婚の詳細年表
の記事はコチラ

せっかく叶えた夢を
気の緩みで台無しにしない為の授業

10

自らを「ちょっと成功するとすぐに浮かれて気が緩んでしまう」という東さん。

08

成功した後に気が緩んでしくじる人の例

成功した後に気が緩んでしくじる例

成功した後に気が緩んでしくじる例

人は、世間からの風当たりがキツかったり、苦しい時など、向かい風には用心するという。

しかし、追い風で絶好調になったら、調子に乗って、つまづく生き物だという。

9.1

・・・亀田大毅さんの時と似ていますね!!

次ページ: はじめてのしくじり、家出少年、留置所に?!

東国原はじめてのしくじり(中学留置所編)

11

小学校時代

小学校時代は、超優等生であったという東さん

12
13

憧れはナポレオンの「私の辞書に不可能の文字はない」ってやつ。

14

そんなわけで、将来なりたいものは「フランス人」だったという。

ちなみにそれを担任の先生に言ったら「努力すればなれますよ」と言われたというwww
国籍変更の事かなぁ?w

しかし小学校も6年生になると、卒業文集に「お笑い芸人と政治家」と書いている。

東国原少年の卒業文集

東国原少年の卒業文集

後に、西川きよしさんや、立川談志さんなどが芸人から政治家になられますが、当時はまだ一人も居なかった時代・・・すごい夢です。

政治家になった芸人

政治家になった芸人

しかし東国原少年には、その2つに共通点があったという。

どちらも人を幸せにする事ができる仕事だそうだ。

どちらも人を幸せにする事ができる仕事だそうだ。

ちなみに後の選挙の際には、「その両方を兼ね備えた人間になりたい」と選挙演説で語っている。

中学になるとまさかのアノ人に憧れとんでもない行動に!!!

20

東国原少年は、九州人。
当時アイドル状態の、中田カウス・ボタンなど、関西のお笑いが九州を席巻していた。

そんな少年が、中学に入ると面白すぎて憧れる芸人が現れる!
それが坂田利夫師匠!

19

東さんに言わせると、「この完璧な姿!哲学ですよ!素晴らしすぎる!」と大絶賛!!!

そしてどうしても坂田師匠に弟子入りしたくて、所属する吉本興行のある大阪に行くために、友達・山下君と共に家出する。

東国原、中学時代の家出

東国原、中学時代の家出

もちろん子どもなので、途中で心細くなって泣いたりしてしまう旅だったらしいのですが・・・学校は大ごとになります。

その日の夕方には、捜索願いが出てしまい・・・

東国原少年、九州全土に捜索願

東国原少年、九州全土に捜索願

当時、九州から本土に渡る為には、必ず関門海峡のある門司(モジ)港を通過しないとならず、警察はここをマークしたという(犯罪者並みの扱いw)

警察は、門司港をマークした

警察は、門司港をマークした

腹の減った少年2人は、駅で立ち食いうどんを食べていたところ、警察に「東国原君か?」と訊かれ、身柄を確保される。

次ページ: 家出のせいで、留置所に! 
先客は、刺青の入ったヤクザでしたが?!

留置所の先客ヤクザは、のちに運命の人に!!!

当時は、親に迎えに来てもらおうにも、宮崎から小倉に出てくるためには10時間かかる。

警察も少年を置いておく場所などない為、親を待ち落ち着ける為に、一時的に留置所に置いておいたという。

しかしその部屋には先客があり、現在では口に出せない職業の、完全にあちらの世界のオジサンが居たという(・・・ダメでしょ、一緒にしちゃ。。。)

東国原少年が留置所で同室になったヤクザのおじさん

東国原少年が留置所で同室になったヤクザのおじさん

オジサンは、訊いた。

「おい小僧、コラ!
お前、何やって入ったんだ~!
どうせ家出だろう?!」

と。

東少年は「はい、大阪の吉本興業へ行って、アホの坂田師匠に弟子入りしようと思って家出をしました」と正直に答えたという。

するとそのヤ○○のオジサンが

25

「これからのお笑いには頭も必要。
高校や大学くらい出てから、お笑いを目指せ!」

と言ったという。

なんていいオッサンでしょうか。

ここでこのオジサンに出会わなかったら、今の東国原さんはなかったとの事。

つまり東国原さんにとっては、これが初めてのお師匠になるわけですね^^

その言葉通り、東少年はそれから猛勉強し、進学高校へ。

次ページ: 大学受験費用を使い込み?! 
群を抜いたダメダメ受験生・東国原青年!!!

東国原青年は大学進学を目指す

そして、希望の志望大学はこうなる。

東国原青年の志望校

東国原青年の志望校

お父さんからはキツく「留年も浪人もさせない!」と言われていたといい、

「お前を受験させる費用は100万しかないから、滞在中それでやりくりしなさい」と言われ、その大金を持って大学受験の為に1ヶ月間だけ上京したという。

受験費用の使い道予定

受験費用の使い道予定

当時は、今と違って、ATMもなければ、新幹線も、銀行口座への振込みもナシ。
受験が終わる度に、実家に帰れもしなかった時代。

受ける大学が多ければ多いほど、その期間滞在しておかなければならず、ネットで格安の宿を探せる仕組みでもなかったので、費用がかさんだ。

ところが、東京へ行きその空気にのまれ、散財するという行動に出た東青年は、なんと受験前日までに50万円を使ってしまう。

28-02

調子に乗って、大事なお金をパーマに使ったりするから、今こういう事になる。

東国原さんの現在

東国原さんの現在

29-02

そんなワケで、入学手付金が1校分しか払えなくなる事に気づく。

30-02

合格発表後に、手続き期限までにお金を払わないと、合格が無効になる。

30-03

その時点で、専修大学には受かっており、明治の試験は手ごたえが半々であったという究極の選択!

迷いまくって、自分の実力を明治に賭ける事ができなかった東青年は、専修大学に入金する。

後日、明治も早稲田も合格していた事が判明するのですが、それは親には伝えておらず、「落ちた」とだけ伝えたという。

東国原青年が、大学受験で学んだこと

東国原青年が、大学受験で学んだこと

ひー・・・この時、きちんとしておけば、後に何個も大学に行く必要ないのに!

傍目にですけど、傍目に見ると・・・
もう、大馬鹿としか言いようがありませんね・・・。

もちろん早稲田などに受かるくらいですから、馬鹿とは呼ばれる分野の人ではないのでしょうが・・・行動が浅はかですよね・・・。

第2章予告

そして、第一志望校ではなかったものの、夢の東京に出た東国原さんは、この後、大学にもろくろく行かず、お金欲しさのバイト三昧の日々を送る事になるのですが・・・

それは「遊ぶ金欲しさ」だけではありませんでした。

次回は、大学生になってから、無名時代のビートたけしに出会います。
そして運命の、芸能界史上に残る大事件を起こしてしまいます。
一体どうしてそんな事になってしまったというのでしょうか?!

東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス:第2弾
金欲しさのバイト三昧の大学生活から、たけしの1番弟子に!
運命のフライデー襲撃事件詳細

32
スポンサーリンク
スポンサーリンク