宮崎謙介元議員が『しくじり先生』で語った例のイクメンゲス不倫の末路が悲惨すぎる&嫁金子恵美の内助の功がすばらしすぎる感動夫婦な件! 見逃した人に!

みなさんは、このイケメンをご存じでしょうか?

左の人じゃないよ!(笑)
右の方ね!
典拠: 元宮崎謙介議員の公式HP(現在すでに閉鎖)

 

本日は、この、元国会議員:宮崎謙介さんについてです。

見逃した方も是非どうぞ!

 

こんにちは、「にぎわす.com」です^^

 

今回の、2016年(平成28年)12月14日(金)放送のぶっちゃけ反省番組

しくじり先生 俺みたいになるな!!
2時間スペシャル
に、

00-01 タイトル

 

3年前、とある事件で大騒動になった宮崎謙介元議員と、

妻の金子恵美さんが出ておられましたね!

00-02 タイトル

 

お二人が例の騒動を振り返って語ってくれるわけですが、

それよりなにより、妻の恵美さんの強い意志と心根が本当に心洗われるようで、

あの事件云々より彼女の事の方が気になったので、

そこにフォーカスしてみたいと思います。

 

『しくじり先生 宮崎謙介元議員』回の出演キャスト

 

00-04 キャスト

 

高山 一実(乃木坂46)

高橋 ユウ

梅沢 富美夫

北斗 晶

杉浦 太陽

澤部 佑(ハライチ)

 

若林 正恭(オードリー)

吉村 崇(平成ノブシコブシ)

 

宮崎謙介元議員のプロフィール

 

典拠:公式ホームページ

名前: 宮崎 謙介(ミヤザキ ケンスケ)

通称: 宮崎元議員

生年月日: 1981年1月17日(39歳)

出身地: 東京都新宿区

活動分野: 
自由民主党議員(元)、
会社経営者(株式会社ネオトラディション)、
コメンテーター

元職業・肩書き: 
日本生命保険社員、
人材派遣会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア)社員、
ドリコム(IT)社員、

身長: 188㎝

体重: 80 kg

血液型: O 型

出身校: 
早稲田大学高等学院、
早稲田大学商学部、

 

金子 恵美議員のプロフィール

 

典拠: アエラドット-朝日新聞デジタル

本名: 金子 恵美(カネコ メグミ)

通称: 金子議員

生年月日: 1978年2月27日(42歳)

出身地: 新潟県西蒲原郡月潟村(現:南区)

活動分野: 
元自由民主党議員、
総務大臣政務官、
現県議会議員、
市議会議員、

元職業・肩書き: 
新潟放送非常勤職員、
フリーライター、
新潟県きものの女王、
ミス日本関東代表、

身長: 168㎝

血液型: O 型

出身校: 
月潟村立月潟中学校、
県立三条高等学校、
早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業

 

経歴や肩書きだけで言うなら、国会議員で、高学歴で、イケメンで、長身で
・・・文句のつけようのない方ですよね。

典拠: 公式選挙ポスターより

・・・とある事件までは。

 

筆者は当時、仕事柄もあって、このニュースの成り行きをTVの傍らでずっと見ていました。

今回こうしてご夫婦がTVで当時の自分たちを語っておられるのを見て、

夫が妻に対する姿勢、

妻が夫に対する姿勢、

家族の一員であるという姿、

家族で支え合うという姿、

渦中の友人・知人を親切ぶって近づいて売るという行為、

世間で非難・批判されている対象だからと、誇張したり、面白おかしく書いたり、より悪く見えるように報道するマスコミ各社、

それによって何も悪い事をしていない(今回の場合はむしろ被害者)家族まで追いつめてしまうという真実、

そして本当に困っている人を、困っている時支えたいという意志、

色んな事を感じました。

特にマスコミとしての姿は、かつて自分が身を置いた世界なので、いつも色々考えさせられますが、今回、より深く考えさせられた気がします。

 

では、遡って、
そもそも宮崎元議員は一体どんな活動をなさっていたんでしょうか?

 

宮崎謙介さんの、
国会議員時代の軌跡と活動の概要

 

2012年、第46回衆議院議員総選挙出馬…初当選を果たします。

01-01 衆議院初当選

 

 

2015年5月、同じく早稲田出身の議員、金子恵美衆議院議員と結婚。

01-02 結婚

 

ちなみに、宮崎さんは、2006年、
加藤鮎子さん(当時、加藤さん本人のお父様の議員秘書として働いておられた)と結婚し、3年後離婚しておられるので、金子議員とは再婚になります。

加藤 鮎子議員

ちなみに加藤鮎子さんは、父の元:自民党幹事長加藤絋一さんの娘!

親子で国会議員のサラブレッド。

 

話を戻して、

金子議員との結婚当時は、美人過ぎる国会議員と結婚したという事で、ちょっとした話題でした。

美男美女だと思いますけどね!

 

8月に妻:金子さんの妊娠が発表されると、「男性にも育児をする環境を」という事で、自らが、見本・代表となって育児休暇を取るつもりで、『男性の育休』を推し進めていました。

 

国会議員、しかもイケメンの議員がそんなプランを打ち出したもんで「イクメン議員」として賛否両論あったものの、先進的な活動として世間は見守っていました。

 

 

しかし妻の妊娠発表から半年程経った2016年2月、
週刊文春が、宮崎議員の不倫を大々的に報じます。