アホの坂田に憧れて、中2で家出、留置所で運命のヤクザと!明治・早稲田も合格したのに、なぜ専修大へ?東国原英夫『しくじり先生・アウトxデラックス』に!

東国原はじめてのしくじり(中学留置所編)

11

小学校時代

小学校時代は、超優等生であったという東さん

12
13

憧れはナポレオンの「私の辞書に不可能の文字はない」ってやつ。

14

そんなわけで、将来なりたいものは「フランス人」だったという。

ちなみにそれを担任の先生に言ったら「努力すればなれますよ」と言われたというwww
国籍変更の事かなぁ?w

しかし小学校も6年生になると、卒業文集に「お笑い芸人と政治家」と書いている。

東国原少年の卒業文集

東国原少年の卒業文集

後に、西川きよしさんや、立川談志さんなどが芸人から政治家になられますが、当時はまだ一人も居なかった時代・・・すごい夢です。

政治家になった芸人

政治家になった芸人

しかし東国原少年には、その2つに共通点があったという。

どちらも人を幸せにする事ができる仕事だそうだ。

どちらも人を幸せにする事ができる仕事だそうだ。

ちなみに後の選挙の際には、「その両方を兼ね備えた人間になりたい」と選挙演説で語っている。

中学になるとまさかのアノ人に憧れとんでもない行動に!!!

20

東国原少年は、九州人。
当時アイドル状態の、中田カウス・ボタンなど、関西のお笑いが九州を席巻していた。

そんな少年が、中学に入ると面白すぎて憧れる芸人が現れる!
それが坂田利夫師匠!

19

東さんに言わせると、「この完璧な姿!哲学ですよ!素晴らしすぎる!」と大絶賛!!!

そしてどうしても坂田師匠に弟子入りしたくて、所属する吉本興行のある大阪に行くために、友達・山下君と共に家出する。

東国原、中学時代の家出

東国原、中学時代の家出

もちろん子どもなので、途中で心細くなって泣いたりしてしまう旅だったらしいのですが・・・学校は大ごとになります。

その日の夕方には、捜索願いが出てしまい・・・

東国原少年、九州全土に捜索願

東国原少年、九州全土に捜索願

当時、九州から本土に渡る為には、必ず関門海峡のある門司(モジ)港を通過しないとならず、警察はここをマークしたという(犯罪者並みの扱いw)

警察は、門司港をマークした

警察は、門司港をマークした

腹の減った少年2人は、駅で立ち食いうどんを食べていたところ、警察に「東国原君か?」と訊かれ、身柄を確保される。

次ページ: 家出のせいで、留置所に! 
先客は、刺青の入ったヤクザでしたが?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!