テレサパルマ―『ディスカバリーオブウィッチズ』ダイアナの夫や子ども、元彼氏は?身長やそっくりのクリステンスチュワートとの関係は? 映画『ハクソー・リッジ』など出演作も!

こんにちは、「にぎわす.com」のSatokoです^^

 

今回は海外ドラマ

『ディスカバリー・オブ・ウィッチズ』
(原題: A Discovery of Witches)

などにも出演中!

Source: ew.com

ダイアナ・ビショップ役
テレサ・パルマー

をピックアップしてみたいと思います!

 

作中では、小さな頃から不思議な事が巻き起こってはいたものの、普通?の女性から魔女になってしまった主人公:ダイアナを演じていますね!

実際の彼女は、いつも自然体で、子供が大好きな女優さんのようですよ!

 

テレサ・パルマー・プロフィール

 

引用元:eonline.com

名前: Teresa Palmer(テレサ・パルマー)

本名: Teresa Mary Palmer
               (テレサ・マリー・パルマー)

生年月日: 1986年2月26日(年齢37歳)

出生地: オーストラリア南オーストラリア州アデレード

活動分野: 女優、モデル、実業家、脚本家、
      プロデューサー

身長: 167㎝

体重: 58kg

バストサイズ: 86㎝

ウエスト: 61㎝

ヒップ: 89㎝

ブラカップサイズ:C70

服のサイズ: 9号

靴のサイズ: 24cm

好きな食べ物: アボガドトースト、スムージー

好きな映画: 『リトル・プリンセス』(1995)

Facebook: Teresa Palmer (@teresamarypalmer)

Instagram: Teresa Palmer (@teresapalmer)

Twitter: Teresa Palmer (@teresapalmer)

 

両親や兄弟姉妹、クリスティン・スチュワートとの関係は? テレサ・パルマーの生い立ちと学生生活

 

引用元:melissaambrosini.com

テレサ・パルマー(Teresa Palmer/本名:Teresa Mary Palmer)
1986年2月26日、
オーストラリア南オーストラリア州アデレードに生まれました。

 

『トワイライト』シリーズで有名な
アメリカ人女優クリスティン・スチュワートとそっくりですが、
何の関係もない赤の他人です。

 

過去に一度だけ、
クリスティンだと思い込んで超興奮するファンにサインをねだられ、
「ええいっ!」とばかりに
「クリスティン」とサインしたことがあるんだとか笑。

 

普段は「違うのよ~」とやんわり伝えるそうですが、
あまりの勢いに押し切られちゃったんでしょうね。

どっちがどっちでしょう?
引用元:pinterest.de

 

おっと、テレサの生い立ちに話を戻しましょう。

 

「テレサ」という名前は、
敬虔なカトリック教徒のお母さんが
「マザー・テレサ」にちなんでつけてくれたもの。

 

お父さんは無神論者でした。

 

考え方が正反対な両親は、テレサ2歳半の時に離婚。

 

お父さんはその後再婚したので、
テレサには2人の義理兄弟と2人の異母姉妹がいます。

テレサとお母さん(その昔)
引用元:dailymail.co.uk

牧場でオーストラリアの絶滅危惧種を保護するお父さんと、
公営住宅に住むお母さんの間を行き来したテレサ。

 

お母さんが双極性障害を患っていたこともあり、
「素敵だけど複雑な」子供時代だったそう。

 

8歳の時、
1995年の映画『リトル・プリンセス』(原題:A Little Princess)を見て
女優を夢見るように。

 

映画を見ることは現実逃避の1つだったみたい。

 

自立も早く、
14歳からファストフード店でバイトして
自分のお小遣いは自分で稼ぎます。

 

それでも、

「普通の生い立ちじゃないのはわかってるけど、
この経験すべてに心から感謝してる。

自分を大切にする方法を教えてくれたんだもの。」

引用元:Vogue Australia 

テレサとお母さん(今現在)
引用元:news.com.au

と前向き。

 

えらい。

 

アパレルショップでもバイトして、
マネージャーまで上り詰めたこともありました。

 

でも幼少期のファッションはダサダサで、
フリフリレースの靴下にサンダルがお気に入りだったとか笑。

 

学校ではバレーボール、ソフトボールにネットボールの選手を務め、
乗馬もたしなむなど運動神経抜群。

 

お父さんの影響から大の動物好きで、
アニマルレスキューを夢見た時期も。

10代の頃
引用元:yourzenmama.com

そんなテレサは2003年、17歳の時、
南オーストラリア最大のオーディション大会
『Search for a Movie Star』の女子部門で優勝し、
コマーシャルなどに出演するように。

 

高校卒業後はジャーナリスト、もしくは英語/ドラマの先生を目指し、
大学に進学。

女優になってから自分の高校に赴き、
ドラマの授業を教えたこともあるんですよ。

 

バイト先でマネージャーになったり教師を目指したり、
人を引っ張っる力があるんだな、きっと。

 

そんな社交的な性格は
「たぶんおばあちゃん譲り」
なんだそうですよ。

 

カンヌ映画祭でチャンスをゲット! 映画『ハクソー・リッジ』! テレサ・パルマーのデビューと過去出演作品

 

『明日、君がいない』
引用元:amazon.com

デビューは2004年のショート映画『Orientation』(原題)

 

転機になったのは、
2004年に撮影した映画『明日、君がいない』(原題:2:37)

 

当時まだ学生だったムラーリ・K・タルリ監督直々のお願いで出演すると、
2006年のカンヌ映画祭に出品され、思いもよらぬ高評価を受けたのです。

 

「(映画を撮影した時)
彼(監督のムラーリ)は19歳、私は18歳、
みんなまだまだ未熟だった。

私たちみんな、
映画作りを模索する未熟なお子ちゃまだったの。

 

だからあの映画でカンヌに行ったなんて、
どう考えても現実離れしてるわ。

 

あの映画が私のキャリアに弾みをつけたの。

すべてが実現したのは、あの映画のおかげなのよ。」

引用元:Under the Radar

 

ムラーリから出演依頼の