実は超簡単!精製水&グリセリンで、手作り化粧水と保湿クリームの作り方

こんにちは^^

「にぎわす.com」の仔ブタです。

今日、ご紹介したいのは、

手作り化粧水&保湿クリームの良さと、作り方

です!


以前は、かなり高い化粧品を平気で買っていたのですが、色々使って思ったのが、

「値段」と「口コミ」と、「効果」が、全然正比例していない

という事に気が付いてきて(遅い!)・・・

では、「高価な化粧水にどれほど、よいものが入っているのだろうか?」 と調べていくうちに、

すごく高価でいいもの(雀の巣とか、生コラーゲンとか)が入ってはいる事があるものの・・・

なんか添加物とか、生物の体には決してよくないものとか、保存料なども、十分色々入っている事がわかってきて、

「なんでそんな体に悪いものをわざわざ、大枚はたいて買っていたのか」と馬鹿くさくなり、

同時進行で「より体によいものを・・・」

と、なんとなく考えるようになったので、作ってみる事にしました。

自分で作った化粧水なんて、使って大丈夫?!

って、思われる方もたくさんおられるかと思いますが、大丈夫です(笑)

根拠はコチラ!

そもそも市販の化粧水の中身って?

市販の化粧水は、主に

1.精製水

2.グリセリン

3.尿素

の3つを基盤に出来ています。

「グリセリン化粧水」とか「精製水化粧水」とか呼ばれることも多いみたいです!

1.精製水

・・・・・単に水道水を沸騰させたものではなく、それに含まれる塩素やミネラルなどの不純物を一切取り除いて精製されたお水です。

「精製水」 コスト: ¥95 / 500ml

「精製水」
コスト: ¥95 / 500ml

その分、保存期間がすごく短いですが、粒子が小さいぶん、肌や髪への吸収がとてもいいため、すぐに使い切る事ができます。
他の用途: 除湿機、肌ミスト、寝癖直し用の髪ミスト、革製品の掃除。

2.グリセリン
・・・・・これは主に保湿&潤い成分ですね!

大洋製薬 『グリセリン』 コスト:  ¥349 / 100ml

大洋製薬
『グリセリン』
コスト: 
¥349 / 100ml

3.尿素

・・・・・硬い角質のはがれと、角質表層の分解速度を上げ、肌が柔らかくなるのですが、足の裏などの硬い皮膚に使うものなので、実は、顔などには使わない方がいいのです!
(続けると、新しい皮膚まで弱り、逆に硬くなってしまいますよ!)

それ以外にかなりたくさんの成分がサブ的?にゴチャゴチャ入っています。
もちろん肌にいいとうたわれている成分の数々ですが、
実は、保存料や人工的な香料、石油系鉱物など、
「自分が使うなら、とてもじゃないけどお断りだぜ」
ってものもずいぶん多く含まれていますので、
実は「市販だから」と妄信的に信じていいものでもないのです。

次ページ: 実際の、基本の手作り化粧水の材料

スポンサーリンク
レスポンシブ PC
レスポンシブ PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ PC