ビリーボブソーントン:俳優・脚本家・バンドマンは6度の結婚経験のある渋イケメン! 歴代の妻や、息子・娘と、ファーゴなどシリーズ物ドラマと、1883など話題の最新出演映画

こんにちは、「にぎわす.com」のakira です^^

 

今回は海外ドラマ

FARGO/ファーゴ
(原題: Fargo)

などにも出演中!

Source: Esquire

 

ローン・マルヴォ役ビリー・ボブ・ソーントン

をピックアップしてみたいと思います!

 

前髪パッツンの不気味な殺し屋。

冷酷な悪役だけど、ちょっと愛嬌もあって、独特の雰囲気を醸し出していますね。

そんなマルヴォを演じているビリー・ボブ・ソーントンとはどんな人物なのでしょうか。

ドラマ『FARGO/ファーゴ』キャスト一覧はコチラ!実話(ノンフィクション)なの?つまらないとの噂もあるのに、なぜ名作?
今回は海外ドラマ 『FARGO/ファーゴ』(原題: Fargo) のキャスト一覧です。 ついでに、ストーリー冒頭に流れる「これは実話である」的なキャプションについて、本当に実話なのかどうか、製作元が発表した...

 

ビリー・ボブ・ソーントン プロフィール

 

引用元:Wordpress.com

名前: Billy Bob Thornton(ビリー・ボブ・ソーントン)

生年月日: 1955年8月4日(年齢 66歳)

出生地: アメリカ合衆国アーカンソー州ホット・スプリングス

活動分野: 俳優、映画監督、脚本家、 ミュージシャン

出身校: マルヴァーン高校

     ヘンダーソン州立大学

身長: 178 ㎝

体重: 83 kg

オフィシャルサイト: http://billybobthornton.net

Facebook Billy Bob Thronton(@ BillyBobOfficial)

Twitter Billy Bob Thronton(@ billybobthorntn)

ドラマ『FARGO/ファーゴ』キャスト一覧はコチラ!実話(ノンフィクション)なの?つまらないとの噂もあるのに、なぜ名作?
今回は海外ドラマ 『FARGO/ファーゴ』(原題: Fargo) のキャスト一覧です。 ついでに、ストーリー冒頭に流れる「これは実話である」的なキャプションについて、本当に実話なのかどうか、製作元が発表した...

 

ビリー・ボブ・ソーントンの生い立ちと学生生活

 

ビリーは1955年アメリカのアーカンソー州生まれ。

父は自称霊能者というちょっと変わった家族ですが、電気も水道もない家で過ごしたこともあったようです。

赤ちゃんの頃のビリー
(引用元:Zoomboola)

 

高校ではバスケットボールチームに入っていて、カンザスのプロチーム、カンザス・シティ・ロイヤルズに所属したことも!

でもケガをしてプロとしての道をあきらめ、心理学を学ぶために大学へと進学しました。

 

大学は1年で退学し、俳優を目指してロサンジェルスへ。

 

すぐには活躍することはできず、テレ・マーケティングや風力発電会社、ファストフード店などで働きながらの生活を送っていました。

あるとき脚本家のビリー・ワイルダーと働くチャンスがあり、その時脚本家になることをアドバイスされ、ビリー自身も脚本家として活躍を始めます。

 

ビリー・ボブ・ソーントンのデビューと過去出演作品  映画『トゥームストーン』やアカデミー賞受賞後も多くのシリーズ物ドラマに出演

 

ビリーのデビューは1986年製作の映画『Hunter’s Blood』(原題)。

 

ビリー・ボブという男性の役なので、彼自身のキャラクターも反映されていそうですね。

 

映画『Hunter’s Blood 1987 03』(動画・英語)

 

 

 

1993年には映画『トゥームストーン』ジョニー・テイラー役で出演。

 

『トゥームストーンーワイアットVS ビリー・ボブ・ソーントン』(動画・英語)

 

 

そして、彼の名前が世界中に広がったのが『スリング・ブレイド』

 

『スリング・ブレイド』予告動画(日本語字幕)

 

 

彼自身が脚本を書き、一人舞台として演じられたものが映画にもなり、なんとアカデミー賞の脚色賞を獲得しました。

 

 

日本での人気作品といえば『チョコレート』(原題:Monster’s Ball)

ハル・ベリー演じる主人公の相手役ハンク・グロトウスキを演じましたね。

 

『チョコレート』予告動画(日本語字幕)

 

 

アカデミー賞の常連となったビリーですが、その後もテレビドラマへの出演は続きます。

映画を中心に活躍している俳優が多い中で、彼がテレビドラマにも出演していることについて、こんな風に話していました。

 

映画俳優、テレビ俳優というようなものはもう今はないと思う。

ただ俳優なんだ。

もしテレビに行こうと思っている友人がいたら、私はYESというだろう。

なぜならテレビには自由があって、それは映画では必ずしも手に入るとは言えないから。

(引用元:IMDb)

 

見ているファンにはわからないけど、製作する段階でいろんな違いがあるのでしょうね。

 

ビリー・ボブ・ソーントンの、音楽活動  バンド:ボックスマスターズのメンバーとしても活躍中

俳優、脚本家としても大活躍のビリー

ミュージシャンであることも有名ですよね。

引用元:Rolling Stone

 

彼の弟もミュージシャンで、子どもの頃から家族で音楽に親しんでいたようです。

1970年代からバンド活動を行っていて、最初のバンドの名前はタトゥーにしているとか。

 

2007年からはJ.D.アンドリューとボックスマスターズというバンドを結成。

 

『The Boxmasters – I’ll Give You A Ring』(動画・英語)

 

アルバムはすでに10枚もリリースしていて、ツアーも精力的に行っているとか。

ホームページやインスタもあって、ミュージシャンとしての活動にも力を入れていることが分かります。

 

ビリー・ボブ・ソーントンのプライベート 6回結婚した歴代の妻との間に4人の息子&娘

 

才能あふれた人物だからか、プライベートもかなり充実しているよう。

なんと6回も結婚しているんです。

 

最初の妻はメリッサ・リー・ガトリン

結婚生活は2年ほどで、娘アマンダがいます。

 

1993年に結婚したモデル、ピエトラ・ドーン・チャーニアクとの間には二人の息子も。

引用元:Popsugar

彼女との結婚は4年続きますが、ピエトラは暴力を受けたと主張して離婚。

 

2000年にアンジェリーナ・ジョリーと結婚したことは日本でも話題になりましたね。

引用元:Thirsty for news

 

2003年に彼女と離婚すると、メイクアップ・スタッフのコニー・アングランドと交際をはじめ、ベラという娘も授かりますが、すぐに結婚はしませんでした。

引用元:NY Daily News

さすがに5回繰り返すと、自分には向いていないと思ったのでしょう。

でも2014年に結婚し、現在も続いています。

 

ビリー・ボブ・ソーントンの最新作は『1883』

 

ビリーの最新作は西部劇『1883』。

ケヴィン・コスナーがプロデュース・主演したテレビドラマ『Yellowstone』のスピンオフ作品です。

 

ケヴィン・コスナープロデュース! ビリーも出演 映画『1883』予告動画(英語)

 

 

 

ビリー演じるジム・コートライトは実在したガンマン

引用元:townandcountrymag.com

彼がどんな風に演じているのか、日本でも見れる時が来ることを楽しみにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました