ローワンアトキンソン『Mr.ビーン』吃音障害と歩む超秀才コメディ俳優!身長や美人妻、驚愕年収と車マニアで惨劇事故!メグレ警視やジョニーイングリッシュなど代表作を詳細に!

こんにちは、「にぎわす.com」の Satokoです^^

これぞコメディ!

もう見た事無い人居ないのではないでしょうか?

Mr.ビーン

典拠: IMDb

再放送もまたまた始まりましたね!

誰を取り上げるって、この方しか居ませんね!

ローワン・アトキンソン氏

典拠: ET Canada

Mr.ビーンの初期放送から、そろそろ30年が経過・・・

主役のMr.ビーンを演じた、ローワン・アトキンソンさん。

今現在は、またまたとんでもないヒットを飛ばしたドラマに出演中ですよ!

『ビーン』では、永遠に子どものようなキャラクターを演じておられましたが、

実はこのサイト始まっておそらく最高じゃないでしょうか?

輝かしいまでの経歴の持ち主だってご存知でしたか?

『Mr.ビーン』のメイン出演キャスト(人間のみ)

典拠: Just Watch

 Mr.ビーン役ローワン・アトキンソン

イルマ・ゴッブ役マチルダ・ジェグラー

ローワン・アトキンソン プロフィール

引用元:biography.com

名前: Rowan Atkinson(ローワン・アトキンソン)

本名: 
Rowan Sebastian Atkinson
(ローワン・セバスチャン・アトキンソン)

生年月日: 1955年1月6日(年齢64歳)

出生地: イギリス ダラム コンセット

出身地: イギリス ダラム州

活動分野: 俳優、コメディアン、脚本家、声優

出身校: 
Durham Choristers School(小学校)
St. Bees School(中学高校)
Newcastle University(大学)
Queen’s Collage at Oxford University(大学院)

身長: 181 ㎝

体重: 79 kg

胸囲: 99 ㎝

ウエスト: 86 ㎝

腕周り: 33 ㎝

靴のサイズ: 28 cm

ゴーン元会長にそっくり?! 驚きの学歴!
そして、インタビューで暴露した驚きの障害!
ローワン・アトキンソンの生い立ちと学生生活

引用元:ABC

ローワン・アトキンソン(Rowan Atkinson/本名:Rowan Sebastian Atkinson)は
1955年1月6日イギリス・ダラムにあるコンセットという街に生まれました。

実はこの1月6日と言う誕生日、ドラマ『ウォーキングデッド』出演中のノーマン・リーダスと同じ誕生日なんです!(勿論年は違いますよ)

意外な共通点にビックリですね!

さて、話を戻しましょう。

ローワン、実は超秀才で驚愕の高学歴の持ち主です。

まずは地元ダラムのDurham Choristers School、そして
イギリス西部のSt. Bees Schoolという2つのボーディングスクールを超優秀な成績で卒業。

イギリスのエリートはボーディングスクールに進学するのが一般的で、
ローワンも例外ではなかったんですね。

オックスフォード時代のローワン
引用元:Pinterest

その後ニューキャッスル大学の電気電子工学部へ進み、卒業後は父のレガシーを受け継ぎ、
何とあのオックスフォード大学の大学院で電気電子工学の勉強を続けました。

ローワンの兄ロドニーもイギリスで有名な経済学者。

家族で優秀なんですね!

演技の才能も子供の頃から突出していました。

St. Bees Schoolの物理の先生によると、

「教室では静かで目立たないが舞台に立つと別人になり『どもり』もどこかに行ってしまう」

ような生徒だったそうです。

オックスフォード時代のローワン
引用元:Twitter.com

そう、ローワンにはどもり、つまり吃音障害がありました。

この障害のせいで、Durham Choristers Schoolではいじめを受けていたと言われています。

驚いたことに、ローワンはまだこの障害と戦っているようです。

2007年のあるインタビューでこのように話しています。

「どもりはなくなったり又出て来たりを繰り返しているよ。

自分以外のキャラクターになりきると、
どもりは消えることだけははっきりわかっているんだ。」

引用元:The Stuttering Foundation

役者さんの何かになりきる力って凄いですね!

オックスフォード大学ではコメディグループやドラマクラブに所属、
寸劇・コメディーの脚本・出演をこなしました。

その脚本力と演技力に、周りの生徒は「究極の天才」と呼んだほど!

オックスフォード時代のローワン
引用元:Before The Cyborgs

修士課程の後博士課程に進みましたが、演劇一本で活動することを決意します。

勉学より演劇の道を選んだローワン。

日産のゴーン元会長にそっくりなどと言われる彼の、
その後の活躍を一緒に見ていきましょう!

映画『ラブ・アクチュアリー』、
スパイ映画『007』にも出演?!
ローワン・アトキンソンのデビューと過去出演作品

ローワンは1979年のテレビ番組『Rowan Atkinson Presents Canned Laughter(原題)』でテレビデビュー。

いきなりの冠番組、脚本も手掛けたなんて凄すぎです。

ノット・ザ・9オクロック・ニュース
引用元:Tellyspotting-KERA

そして同年コント番組『ノット・ザ・9オクロック・ニュース』にも出演。

1983年にはシットコム『ブラックアダ―』の主演をゲット。

イギリス史上のある時代を舞台にブラックアダ―が毒舌を炸裂させるというこの番組。

シリーズ4まで続き特番も制作されるほど大人気でした。

ブラックアダ―
引用元:mirror.co.uk

同年にはかの有名俳優ショーンコネリー主演の007映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』に間抜けな大使館員役として出演。

ネバーセイ・ネバーアゲイン
引用元:Graham’s Crackers

そしてシットコム『Mr.ビーン』

1990年から1995年まで続きました。

あまりの人気に、1997年の映画『ビーン』、2007年の映画『Mr.ビーン カンヌで大迷惑⁈(原題:Mr. Bean’s Holiday)』も制作されました。

Mr.ビーン こんなシーンありましたね
引用元:DNA India

2002年にはアニメ版の『ミスター・ビーン(原題:Mr. Bean : The Animated Series)』も始まり、まさに世代性別国籍問わず、幅広く愛われるキャラクターに進化しました。

Mr.ビーンは2012年のロンドンオリンピック開会式セレモニーにも出席!

ローワンじゃないですよ、Mr.ビーンが出席したんです!

まさに世界的アイドルですね!

ロンドン・オリンピック
引用元:BBC

でもその後のインタビューで「50を過ぎた大人が子供じみたことをするのは痛々しい」と心情を話し、Mr.ビーンを演じる機会は減っていきました。

それでもやはり、ローワンを代表する役に違いないです!

その後2003年にはクリスマス映画『ラブ・アクチュアリー』に宝石店の店員として出演。

ネックレスをさっと早く買いたい客に対し、
過剰なサービスでゆっくりラッピングするローワンの演技は笑わずにはいられません!

ラブ・アクチュアリー
引用元:Digital Spy

この映画には、ウォーキング・デッドアンドリュー・リンカーンを初めとする、数多くの有名俳優が出演し、ストーリーの素晴らしさもあって、すごい話題になりましたね!

そして同年、コメディスパイ映画『ジョニー・イングリッシュ』にも主演。

スパイ映画と言えば知らない人はいない『007』シリーズのパロディー映画で、ローワン演じるジョニー・イングリッシュは勿論ジェームス・ボンドをモチーフにしたイギリスのスパイ。

ジョニー・イングリッシュ
引用元:filmofilia.com

実はローワン、「子供の頃からずっと今でも好き」というほどの『007』ファン。

本家『007』の脚本家が脚本を執筆し、徹底的に『007』を意識した映画となりました。

でも、ジョニーの間抜けっぷりったら・・・!必見物ですよ!

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
引用元:sky.com

『ジョニー・イングリッシュ』は大ヒットとなり、
2011年には『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(原題:Johnny English Reborn)』
2018年には『ジョニーイングリッシュ アナログの逆襲(原題:Johnny English Strikes Again)』と、続編も作られました。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲
引用元:Consequence of Sound

ジョニーのキャラクターはイギリスで幅広く愛されています。

「僕のコメディは間違いなく自分の過去に影響を受けているよ。

僕の幼少期、学生時代、住んだ場所・・・全部イギリス的世界なんだ。

別に、イギリスを宣伝しようとしているわけじゃないんだ。

ただ、僕が面白いと思うことをしているだけなんだよ。」

引用元:Dailymail

この「イギリスらしさ」がイギリス人に大ウケする理由なんでしょうね!

車の事故で死亡説?!
そして驚きの年収!
「車マニア」のローワン・アトキンソン

ローワンは大の車好き。

大型トラックの免許さえ持ってます。

今まで所有した車はクラシックカーからスポーツカーまで15台以上と言われています!

これはもう正真正銘の車マニアですね!

彼のコレクションの1台なんでしょうね
引用元:mercedesblog.com

雑誌の車コラムを執筆したり車のテレビ番組に出たり、ローワンの車好きは業界で有名。

2011年にはイギリスの有名な車番組『トップ・ギア』
著名人がサーキット1周のラップタイムを競う名物コーナーに出演、
当時の最速ラップをたたき出しました。

走り屋ローワン、なかなかクールです!

トップ・ギア 必死です!
引用元:bbc.co.uk

しかし!!

車と言えば事故が付き物。

ローワンも幾多の交通事故を経験しています。

一番ひどい事故は2011年のとある雨の日。

愛車マクラーレン・F1を運転していたローワンはスリップして交通標識に大追突!

車は大破するも、ローワンは奇跡的に右肩甲骨骨折だけで難を逃れました。

事故直後の様子です
引用元:jalopnik.com

このマクラーレンの修理には2年という期間と約1億3千万円もの修理代がかかったんだとか!

ちなみにローワンの推定年収は約1億9千万円!

ええっ、もう、桁違いな世界ですね!

そしてこの車、2015年に手放し、約17億7千万円で誰かが買ったというのですから、
もう一般人には理解できません。

車好きの世界はスケールが大きい!

車好きのせいか、「交通事故で死亡!」というデマが毎年のように流れてしまうローワン。

こんなデマが何回も流れています
引用元:Heart Radio

大好きな車の運転を長く楽しめるよう、くれぐれも注意して欲しいですね。

さて、そんなワイルドな一面も持つローワンのプライベートを次で見てみましょう!

ルイーズ・フォードって誰?
えっ、この年齢でパパに?!
今現在の奥さんは?娘さんとの関係は?
ローワン・アトキンソンのプライベート

ローワンは1990年、『ブラックアダ―』のメイクアップアーティストだったサネトラ・サストリーと結婚。

ローワンとサネトラ
引用元:www.itv.com

1993年には長男ベンジャミン、1995年には長女リリーが生まれました。

長年連れ添いましたが、2014年に別居、2015年に離婚が成立しました。

なんと離婚裁判にローワンは出廷せず、たったの65秒で判決が下ったそうです。

家族3人の写真
引用元:Heat magazine

女優として活躍する娘リリーは父ローワンに腹を立て、
「アトキンソン」姓を捨て母サネトラの旧姓を名乗り、
自分のイメージから父の影を消そうと必死だったそうです。

そんなことからも、なんとなく後味の悪い離婚だということが垣間見れちゃいますね・・・

でも、2018年『ジョニーイングリッシュ アナログの逆襲』のプレミアに
リリーとローワンは一緒に出席。

確執を乗り越え、仲直りしたのかな?!

ローワンとリリー
引用元:Daily Mail

別居後ローワンは、29歳年下のコメディアン、ルイーズ・フォードと正式に交際を始め、
今現在パートナーとして一緒に生活しています。

2017年には2人の間に女の子アイラが誕生、
ローワンはなんと62歳という年齢にしてパパになりました!

結婚という形はとっていない2人ですが、ずっと幸せに過ごしてもらいたいです。

ルイーズと。親子みたいなカップルです。
引用元:EternalLifestyle

さて、3人の子供のパパになったローワンの最近の活動を次で見てみましょう!

『メグレ警視』で類まれな演技力を証明!
ローワン・アトキンソンの最新作

ローワンの最新作と言えば、2016年から続くテレビシリーズ『メグレ警視(原題:Maigret)』

ローワンは主人公のメグレ警視を演じています。

これ、イギリスで物凄い視聴率をたたき出しているんですよ!

メグレ警視
引用元:wptschedule.org

『メグレ警視』は有名なフランス推理小説を題材にしたドラマ。

「フランスのシャーロックホームズ」とも呼ばれ、
いつも厚いコートを羽織りパイプをくわえ、どんな難題も直感で解決する物静かで、礼儀正しく、知的な警視・・・

そう、これ、コメディじゃないんです!

れっきとした正真正銘のミステリードラマなんです!

ローワンがメグレ警視を演じることに賛否両論あったようですが、このキャスティングは大当たり!

ローワンはいつもの「ゴムみたいにグニャグニャの表情」を封印し、見事な演技力を見せつけました。

メグレ警視
引用元:KUED

原作は75話あるのですが、ファンに惜しまれつつ4話で打ち切りが決定。

ローワンがアイラちゃんの育児に専念したがっている、という噂もあるので、そんなことが打ち切り理由なのかもしれないですね。

やっぱりローワンにはコメディがお似合いです!
引用元:Famous Biographies

十八番のコメディだけでなく
シリアスな演技も難なくこなしてしまう見事な演技力を持ったローワン。

家族との時間を大切にしつつ、これからもスクリーンで私たちの目を楽しませて欲しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク