超セクシー!エイダンターナーの結婚や彼女、身長など詳細最新情報と画像

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回NHKでも始まりました、アガサ・クリスティ原作ドラマ
『そして誰もいなくなった
(原題: And Then There Were None)

みなさん、観ておられますでしょうか?

『そして誰もいなくなった』より
典拠: Daily Mail

その中から今日は、

元アメリカ傭兵:
フィリップ・ロンバート役

俳優: エイダン・ターナー

で、にぎわってみたいと思います^^

鋭いまなざしで、一瞬でハートを打ち抜かれた乙女も多いのでは??

日本では、過去出演作品情報がチラホラ出回っている程度ですが、一体どんなお方なのでしょうか?

『そして誰もいなくなった』の出演キャスト

体育教師:ヴェラ・クレイソーン役メイヴ・ダーモディ
元米傭兵:フィリップ・ロンバート役エイダン・ターナー 
遊び人:アンソニー・マーストン役ダグラス・ブース

元巡査部長:ウィリアム・ブロア役バーン・ゴーマン 
元将軍:ジョン・マッカーサー役サム・二―ル 
元判事:ローレンス・ウォーグレイヴ役チャールズ・ダンス 
元外科・神経症専門医:エドワード・アームストロング役 

エミリー・ブレント役ミランダ・リチャードソン 
使用人:トマス・ロジャーズ役ノア・テイラー 
エセル・ロジャーズ役アンナ・マックスウェル・マーティン

フィリップ役エイダン・ターナー公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: Twitter

名前: Aidan Turner(エイダン・ターナー)

生年月日: 1983年6月19日(33歳)

出身地: 
アイルランド・サウスダブリン

活動分野: 俳優、声優

身長: 180㎝

体重: 73kg

胸囲: 102㎝

ウエスト: 83㎝

腕周り: 35㎝

髪の色: ダーク・ブラウン

瞳の色: 淡褐色

出身校: The Gaiety School of Acting

Twitter Aidan Turner(@AidanTurner)

フィリップ役エイダン・ターナーの生い立ちとデビュー

1983年6月19日、サウスダブリン生まれのアイルランド人俳優さん。

俳優という仕事に興味を持ったのは16歳の頃。
映画館で働き出して以降だそう。

若き日のエイダン・ターナー
典拠: Pinterest

高校卒業後は、お父様に付いて、見習いの電気技師として働いていた。

その頃の事をエイダンは、The Independent誌で
「勉強好きな方ではなかったから、これ以上勉強したくなくて、大学にも進みたくなかった。
(電気技師見習いは)やりたくもない仕事がとにかくたくさんあって、僕がそこで一般的な労働者になるっていうのも、どうも違うという事も知ってしまった」
と語っている。

事実、興味もないのにいくつかの大学に申し込んだところ、全て落とされてしまったらしく、同時に申し込んでいた俳優学校の方にしか興味がなかったそう。

19歳の頃、コリン・ファレルなどを輩出したダブリンのThe Gaiety School of Actingという演技演出の学校に入学した。

自身の出身校の広告に載るエイダン(左)。
元カノ:インディア・ウィスカー(右)と。
典拠: Daily Mail

2004年、21歳でそこを卒業後は、他の駆け出し俳優さんと同じようにエンドクレジットに名前も載らないような端役をこなして、下積みを送る。

ちなみに意外ですが、最初のメディアデビューは、演技学校へ入るより前!

18歳の頃に、アイルランドのボードビアという会社の卵のコマーシャルだったそうです^^

2007年、サム・二―ル、故:ピーター・オトゥールや、トーランス・クームズなんかも出演していたドラマ『The Tudors(邦題: The Tudors 背徳の王冠)』の最初のエピソードでベドリ役を演じた事による。

エイダン・ターナーのデビュー作
典拠: Yahoo! Movie

たった52秒間の出演ですが、鼻息荒く一生懸命演じる若きエイダンが見られますよ!

次項目: 俳優だけじゃない、エイダン・ターナーの活躍!

俳優だけじゃないぜ!
エイダン・ターナーの活躍と過去出演作品。

若き日のエイダン・ターナー
典拠: Fly High!

そして翌年2008年、ついにテレビのシリーズドラマで、名前のある役が回ってきます!

『The Clinic』で、ルアリー・マクゴーワン役を演じ、18話ものエピソードに出演する事ができたそう!

同年は、スリル映画『Alarm』でもマルという役を得ており、エイダンにとっては、運命の変わり始めを感じる事ができた年だったと思います。

そして翌2009年から、BBCのミニドラマ『Desperate Romantics』で主役:ダンテを射止め、6話全てに出演。

『Desperate Romantics』出演中のエイダン・ターナー
典拠: Daily Mail

エイダンの魅力に取りつかれた人ならわかると思いますが、一度人目に触れてしまえば、あのセクシーな見た目と、強烈な存在感で、あっという間にひっぱりだこになってしまいます。

同2009年からヴァンパイヤドラマ『Being Human』の主役:ジョン・ミッチェルに抜擢され、2011年第3シリーズまで出演!

ドラマ『Being Human』
典拠: Mirror

そりゃぁ、テレビの前の乙女・おばさん、罪なきゲイ達を虜にしたんじゃそうな! 
・・・日本昔話風(笑)

この作品でエイダンはいくつもの賞にノミネートされたものの、惜しくも逃している。

この時の演技と存在感がピーター・ジャクソンの目に留まり、
後の2012年、大作『The Hobbit: An Unexpected Journey(邦題: ホビット 思いがけない冒険)』に出演が決まったというから、すごい!

典拠: Digital Spy

ここでエイダンは、最優秀男性新人賞を受賞!
この後に続く「ホビット三部作」と呼ばれる、
『The Hobbit: The Desolation of Smaug(邦題: ホビット 竜に奪われた王国)(2013年)、

最後の『The Hobbit: The Battle of the Five Armies(邦題: ホビット 決戦のゆくえ)』(2014年)
の三部作で、超イケメンドワーフ:キーリを演じ、世界中で話題に!

典拠: Decider.com

ドワーフって、小さくてドッテリとしたイメージがありますが、あんなイケメンを起用するとは、ほんとに小憎いです!!!

(注意: 近所でドワーフ見かける事はまずないですが!)

2013年、アメリカのドラマ『The Mortal Instruments: City of Bones(邦題: シャドウハンター)』で、シャドーハンターから人狼になってしまったルーク・ギャロウェイ役を演じ、主役級の役でもないのに、これまた乙女達を熱狂させる。

『シャドウハンター』出演中のエイダン
典拠: Pinterest

あのまなざしのせいか、人間離れ・・・いや、人間じゃない役が多くないですかね(笑)

以後、テレビ映画『Hattie』(2011年)や、
現在NHKでも放送中のドラマ『And Then There Were None(邦題: そして誰もいなくなった)』の元傭兵:フィリップ・ランバートなどを演じている。

またエイダンは、最近はドラマや映画に大忙しなものの、劇場演劇も、演技学校に所属している時から続けており、ロンドンやダブリンで活躍していた。

次項目: めちゃカッコイイエイダンは、シックス・パックをキープ中!

めちゃかっこいいエイダン・ターナーの
性格やストイックな私生活。

実はとってもストイックな性格として知られるエイダン・ターナー。

典拠: Digital Spy

どのドラマでも、鍛え上げられた肉体を披露していますよね?

かつてプロデューサーから、コーニッシュ・ペイスティ(郷土料理で、中に調理した肉や野菜が入ったパイ包みみたいなもの)を食べる事を禁じられた事から始まり、

長期撮影中はあのシックス・パックをキープする為に、「再々、上半身を脱ぐ仕事を貰う為、とてもじゃないけど太るわけにはいかない」と、トレーニングを続けているといエイダン。

さっすがエイダン!

世の男性よ、耳が痛いでしょうが、仕事が終わって、家でテレビ見て、ビール飲んでたら、いつになっても、ああはなれないという事ですね!

典拠: Pinterest

そんなこんなで、今や世界中でファンサイトやSNSページが無数に立ち上がり、
エイダンのセクシーショットがガシガシUpされている。

・・・本物を見つけるのが大変ですよ(笑)

次ページ: エイダン・ターナーの彼女や恋人など最新情報

スポンサーリンク
レスポンシブ PC