アレックスオローリン『ハワイ5O』スティーヴ役の筋肉タトゥーや身長、結婚や息子、ADHD強迫性障害の幼少期など詳細

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回の、にぎわすは、現在テレビ東京でも始まっております

『ハワイ5-O(原題: Hawaii Five-O)』についてです。

典拠: wallpapercave.com

典拠: wallpapercave.com

今日は主役のスティーブ・J・マクギャレット役
アレックス・オローリン
をピックアップしてみたいと思います!

典拠: pinterest.com

典拠: pinterest.com

ダニー(ダノ)・ウィリアムズ役スコット・カーンとも息のあった?コンビで、大活躍ですが、どんな方なのでしょうか?

ハワイファイブオーのメイン出演キャスト

典拠: axn.it

典拠: axn.it

スティーヴ・J・マクギャレット役アレックス・オローリン
・・・(日本語声優:綱島 郷太郎)
ダニー(ダノ)ウィリアムズ役スコット・カーン・・・(声:山路 和弘)
チン・ホー・ケリー役ダニエル・デイ・キム・・・(声:新垣 樽助)
コノ・カラカウア役グレイス・パーク・・・(声:松井 茜)

マックス・バーグマン役マシ・オカ
ルー・グローヴァー役シャイ・マクブライド
ジェリー・オルテガ役ホルヘ・ガルシア

アレックス・オローリン公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: twitter.com

典拠: twitter.com

芸名: Alex O’Loughlin
(アレックス・オローリン)

本名:
Alexander O‘Lachlan
(アレクサンダー・オラックラン)

生年月日: 1976年8月24日(40歳)

出身地: オーストラリア・キャンベラ

活動分野: 俳優

身長: 188㎝

体重: 79kg

胸囲: 106㎝

ウエスト: 76㎝

腕周り: 40㎝

出身校:
National Institute of Dramatic Art(NIDA)

Facebook
Alex O’Loughlin(Alex O’Loughlin)

Instagram
Alex O’Loughlin(officialalexoloughlin)

アレックス・オローリンの
障害に苛まれた生い立ち

典拠: alezxoloughlinintensestudy.wp.com

典拠: alezxoloughlinintensestudy.wp.com

1976年8月、オーストラリアのキャンベラ生まれ。

芸名のオローリンは、実は「オロックリン」と発音するそう。

アイルランドやスコットランド系をご先祖に持つご家族だそうで、お父様は物理と天文学の教師、お母様は看護婦さんだそう。

2歳年下の、ジャッキーちゃんという妹も居るが、アレックスが2歳の時、二人は離婚してしまい、お父様はシドニーへ。

お母さんと残ったキャンベラで、アレックスはおじいちゃんおばあちゃんと長く一緒に過ごし、それは彼にたくさんの影響を与えたらしく、彼らの事をよく口にするアレックス。

本名は、アレクサンダー・オラックランという。

典拠: alexoloughlinintensestudy.wp.com

典拠: alexoloughlinintensestudy.wp.com

子どもの頃のアレックスはなんと、

気管支ぜんそく

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

強迫性障害を持っていたという。

ぜんそくは皆さん、わかりますよね?

息ができないくらい咳が続く病気です。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?

典拠: ADHD 注意欠陥・多動性障害情報サイト adhd.co.jp

典拠: ADHD 注意欠陥・多動性障害情報サイト
adhd.co.jp

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、いくつかパターンがあるのですが、「主にこんなイメージ」とされるのが、授業中ウロウロと歩き回ったりする子、などです。

不注意(inattention)には、以下の症状などがある

  • 簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる
  • ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
  • その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

過活動(hyperactive)には、以下の症状などがある。

  • じっと座っていることができない
  • 絶え間なく喋り続ける
  • 黙ってじっとし続けられない

衝動性(impulsive)には、以下の症状などがある。

  • 結論なしに喋りつづける
  • 他の人を遮って喋る
  • 自分の話す順番を待つことが出来ない

典拠: Wikipedia『ADHD』の項目より

ちなみに、大人になってもその障害が残っている人は数多く居ると言われています。

次項目: では、強迫性障害ってどんなもの?

OCD(強迫性障害)とは

そして、強迫性障害です。

以下は、そのうちの代表的な例です。

典拠: 強迫性障害研究会 ocd-net.jp

典拠: 強迫性障害研究会
ocd-net.jp

潔癖症などと呼ばれたりする症状もあれば、何度も何度も「これをしていなかったのではないか、あれはしたか?」など、スイッチや鍵、元栓など、度を越して確認。

「自分の気が付かないうちに、何かしてしまったのではないか」と戻って、何度も確認。
「これが刺さったらどうしよう」などと、周囲からも自分自身でも、自分を傷つけてしまう事への恐怖。

「自分が自殺してしまったら、不治の病だったら、あの人の病気がうつったらどうしよう」などと異常に恐れる。

他にも、ジンクスを異常に信じたり、本人にとってきちんとした並びに物が整理していないと、不安になり、場所を直し続け、自分が書いた字などにも間違いが無いかの確認作業に、執拗にとらわれ、それをやり続ける。などがある。

アレックスは後に

「小学校の頃の僕は、強迫性障害を持つ子供の、典型的な(悪い意味の)見本みたいな子どもだった。
それに慣れたりする事がどんなに困難であったかわからない。」

と語っている。

どの障害についてもそうですが、よく「昔から居るには居たけれど、現在になって、名前が付いただけの話でしょ」という人も居ますが、そういうわけではないという事も書いておきます。

後に、シドニーにある、オーストラリア国立演劇学院で演劇を学び、2002年6月に卒業後、俳優活動を始めた。

典拠: flickr-com

典拠: flickr-com

次ページ: アレックス・オローリンのデビューと活躍

スポンサーリンク
レスポンシブ PC