ジョンロスボウイ:ビッグバンセオリーやglee出演かっこいい俳優の身長や妻、年収、ミステリーinパラダイスなどあまり知られていない出演映画・ドラマ作品を詳細に!

こんにちは、「にぎわす.com」の Ayakaです^^

今回でも始まりました、海外ドラマ

ビッグバン★セオリー
ギークなボクらの恋愛法則
(原題: The Big Bang Theory)

TBBT

典拠: Next Episode

みなさん、観ておられますでしょうか?

その中から今日は、

バリー・カリプキ役
ジョン・ロス・ボウイ

をピックアップしてみたいと思います!

作中では、主人公たちをライバル視する、クセの強い物理学者役を演じたジョン・ロス・ボウイ。

そんな彼の生い立ちと学生生活からデビュー作品と過去出演作品、年収や結婚生活などのプライベート情報、最新作情報などあらゆる視点から徹底的にご紹介していきます。

『ビッグバン★セオリー』メイン出演キャスト

TBBT Cast

典拠: Tunefind

レナード・リーキー・ホフスタッター役
ジョニー・ガレッキ・・・(日本語吹き替え:千々和竜策)

シェルドン・リー・クーパー役
ジム・パーソンズ・・・(声優:安達 貴英)

ペニー役ケイリー・クオコ・・・(声:新谷 良子)

ハワード・ジョエル・ウォロウィッツ役サイモン・ヘルバーグ 

ラジェッシュ“ラージ”・クースラポリ役クナル・ネイヤー

バーナデット・メリーアン・ロステンコウスキ・ウォロウィッツ役
メリッサ・ラウシュ

~カリフォルニア工科大学の人々~

レズリー・ウィンクル役サラ・ギルバート

バリー・カリプキ役ジョン・ロス・ボウイ

~メンバーの家族達~

メアリー・クーパー役ローリー・メトカーフ

ビバリー・ホフスタッター役クリスティーン・バランスキー

アルフレッド・ホフスタッター役ジャド・ハーシュ

ペニーの父:ワイアット役キース・キャラダイン

ウォロウィッツ夫人キャロル・アン・スージー

ウィル・ウィトン役ウィル・ウィートン

スチュアート・ブルーム役ケヴィン・サスマン

ザック・ジョンソン役ブライアン・トーマス・スミス

ルーシー役ケイト・マイクッチ

エイミー・ファラ・ファウラー役メイム・ビリアク

プリヤ・クースラポリ役アーティ・マン

エミリー・スウィーニー役ローラ・スペンサー

クレア役アレッサンドラ・トレサーニ

ジョン・ロス・ボウイプロフィール

引用元:Wikipedia

名前:  John Ross Bowie(ジョン・ロス・ボウイ)

生年月日:  1971年5月30日(48歳)

出生地:  アメリカ合衆国ニューヨーク

活動分野:  俳優、作家、雑誌記者、コメディアン

出身校: イサカカレッジ(アメリカ合衆国)

身長: 174 ㎝ 

Instagram
John Ross Bowie(@johnrossbowie)

Twitter
John Ross Bowie(@JohnRossBowie)

両親はどんな人?
ジョン・ロス・ボウイの生い立ちと学生生活

では早速、主人公シェルドンをライバル視する天才物理学者バリーを演じるジョン・ロス・ボウイの生い立ちと学生生活についてご紹介していきましょう!

ジョンは、アメリカ出身のコメディ俳優です。

引用元:Heightline

コメディ作品に多く出演する俳優で、1995年に結成された「Naked Babies」というコメディグループにも所属しています。

さらにはライターとしても活動しており、雑誌『New York Press』の記事執筆なども行っているのだとか!

また1989年に公開された映画『ヘザーズ/ベロニカの熱い日(原題:Heathers)』という作品に関する本も出版しています。

俳優・ライターとして活躍するジョンですが、1971年5月30日にアメリカ合衆国・ニューヨークで生まれました。

JohnRossBowie InstagrammerNews

典拠: Instagrammer News

彼の両親は、スコットランドやアイルランドの血が入っています。

ジョンの母校を調べてみると、1989年に「Bayard Rustin High School」というニューヨークの学校を卒業していることが分かりました。

そして、ニューヨークにある「イカサカレッジ」という大学で英語を専攻していたようです。

gleeにも出演?!
ジョン・ロス・ボウイのデビューと『ブルックリン・ナインナイン』『ミステリーinパラダイス』出演映画とドラマ作品

続いては、ジョンの過去出演作品についてご紹介していきましょう!

彼は、アメリカで公開された映画『What the Bleep Do We Know!?(原題)』で一躍有名になりました。

引用元:Deadline

そんな彼は、2000年公開の映画『ロード・トリップ』でウェイター役として映画初出演して以来、様々なジャンルの映画とドラマに出演しています。

なんと2009年には、日本でも大人気のミュージカル学園テレビドラマシリーズ『glee/グリー』にも出演しているのです!

2013年には、アメリカの放送会社Foxで制作・放送されたコメディテレビドラマシリーズ『ブルックリン・ナイン-ナイン』にも出演しています。

このドラマは、ニューヨークにある警察署を舞台に、登場キャラクターたちが様々な事件を解決していくコメディドラマです。

また、ジョンの活躍はアメリカだけにとどまりません。

イギリス・BBCが制作したミステリードラマ『ミステリーinパラダイス(原題:Death in Paradise)』にも出演しています。

コメディ作品だけでなく、ミステリーなど幅広いジャンルにも出演しているのですね!

妻はどんな人?年収はいくら?インスタはやっているの?などジョン・ロス・ボウイの気になるプライベート

では続いて、ジョンの気になるプライベート情報をご紹介していきましょう!

引用元:TV Guide

ジョンは、2004年6月5日に結婚をしています。

彼の妻となるお相手は、同じくアメリカ出身の女優・ジェイミー・デンボです。

彼女はコメディトーク番組『Ronna and Beverly(原題)』に出演していることでも有名です。

ジョンはインスタのアカウントを開設していて、結婚記念日を祝う投稿もされていました。

2人の間には、2人の子供がいます!

引用元:SF Sketchfest 2019 – Sched

また、ジョンの気になる年収情報ですが、調べてみたところおよそ3億ほどということが分かりました!

キャリアも私生活も順風満帆のようですね^^

ジョン・ロス・ボウイの最新作『マイロ・マーフィーの法則』 

最後にジョンの最新作情報についてご紹介していきます。

引用元:Hitberry

2018年には、ディズニーの大人気アニメーション映画『ベイマックス(原題:Big Here6)』の続編のテレビアニメ『ベイマックス・ザ・シリーズ(原題:Big Here 6:The Series)』で声の出演を果たしています。

さらに、2019年には、アメリカの放送会社ディズニーXDで制作・放送されていたテレビアニメシリーズ『マイロ・マーフィーの法則(原題:Milo Murphy’s Law)』に出演しています。

様々なアニメーション作品で声優としても活躍しているのですね!

引用元:AllMovie

いかがでしたでしょうか?

コメディ俳優として様々な映画やドラマに出演するジョン・ロス・ボウイ。

ビックバン★セオリーでの個性的なキャラクターも印象的でしたよね。

そんな彼の今後の活躍から目が離せないですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク