エドワードハードウィック『シャーロックホームズの冒険』ワトソン役を演じた名俳優の軌跡 舞台や出演作、晩年を過ごした場所やお墓など詳細に

こんにちは、「にぎわす.com」の Satokoです^^

 

今回は海外ドラマ

シャーロック・ホームズの冒険
(原題: The Adventures of Sherlock Holmes)

Source: Amazon.com

などに出演・・・

 

ワトソン(14話目から)役
エドワード・ハードウィック

をピックアップしてみたいと思います!

 

途中加入ながら違和感なくワトソンを演じたエドワード。

一体どんな俳優さんだったんでしょう?

 

『シャーロック・ホームズの冒険』 メイン出演キャスト

 

Source: Pinterest

 

シャーロック・ホームズ役ジェレミー・ブレット
・・・(日本語吹き替え: 露口 茂)

ワトソン(13話目まで)役デビッド・バーク
・・・(声優: 長門 裕之)

ワトソン(14話目から)役エドワード・ハードウィック
・・・(声: 福田 豊土) 

 

エドワード・ハードウィック ・プロフィール

 

引用元:cinefania.com

 

名前: 
Edward Hardwicke
(エドワード・ハードウィック )

本名: 
Edward Cedric Hardwicke
(エドワード・セドリック・ハードウィック)

生年月日: 1932年8月7日

出生地: 英イングランド・ロンドン

没年月日: 
2011年5月16日(享年78歳)

死没地: 英イングランド・チチェスター

活動分野: 俳優、ディレクター

出身校: 王立演劇学校(RADA)

身長: 175 ㎝

好きな俳優:   シド・フィールド、ダニー・ケイ 

 

俳優に囲まれて育ち、俳優の道へ! エドワード・ハードウィック の生い立ちと学生生活

 

引用元:mirror.co.uk

 

エドワード・ハードウィック(Edward Hardwicke/本名:Edward Cedric Hardwicke)
1932年8月7日、英イングランド・ロンドンに生まれました。

一人っ子です。

 

ご両親ともイギリスで有名な舞台俳優で、
お父さんはラジオでなんと、
シャーロック・ホームズ役を演じたこともありました。

 

不思議なつながりを感じますね。

 

7歳で劇場デビュー。

その後両親と共にハリウッドに渡り、
10歳の時1943年の映画『A Guy Named Joe』(原題)で映画デビューを果たします。

 

イギリスに戻ると、名門校の1つストウ・スクールに進学。

卒業後はイギリス軍に入隊し、
イギリス空軍で2年間パイロットの訓練を受けました。

 

当時のイギリスにはまだ、徴兵制度が残ってたんです。

お父様のサー・セドリック・ハードウィック。そっくりです
引用元:imdb.com

兵役を終えるとロンドンの王立演劇学校(RADA)で演技を学びます。

1953年にRADAを卒業し、ブリストル・オールド・ヴィック劇場に所属。

 

当時のイギリスには「レップシアター」といって、
専属の劇団がレパートリーを繰り返し上演する劇場がどの街にもあり、
俳優は今よりずっと仕事を見つけやすかったそうです。

 

両親と同じ俳優の道を歩き出したエドワード。

小さい頃からたくさんの俳優に囲まれて育ったし、
自然な流れだっと話しています。

 

でもエドワードが特に大好きだったのは、
イギリスで1940年代に名を馳せたシド・フィールドというコメディアンや、
アメリカのダニー・ケイなど、コメディアンばかり(笑)。

そういうコメディー好きなところが、
エドワードの温かい微笑みに反映されているのかもしれません。

 

ドラマ『コルディッツ』! 共演した俳優ジェレミー・ブレットについて語る! エドワード・ハードウィック のデビューと過去出演作品

 

若かりし頃のエドワード
引用元:arthur-conan-doyle.com

舞台俳優として活躍を始めたエドワードは、
1954年に映画『Hell Below Zero』(原題)に出演。

 

1959年にはテレビシリーズ『ITV Television Playhouse』(原題)
ドラマデビューを果たします。

 

1972年からはテレビシリーズ『コルディッツ』(原題:Colditz)に出演しました。