ジュリアナマルグリーズ:ERやグッドワイフ出演女優の身長や性格、アーチーパンジャビとの不仲説!結婚したイケメン夫&愛息子や、ソプラノなど過去出演作!

こんにちは、「にぎわす.com」の Satokoです^^

今回ABC朝日放送でも始まりました、法廷系っていうのかな?

海外ドラマグッド・ワイフ
(原題: The Good Wife

TheGoodWife S1 Amazon.com

引用元:Amazon.com

みなさん、観ておられますでしょうか?

その中から今日は、

アリシア・フロリック役

ジュリアナ・マルグリーズ

JulianaMargulies GrobalNews

典拠: Grobal News

をピックアップしてみたいと思います!

デビューしてもはや28年のベテラン女優、ジュリアナ。

引越し続きで落ち着かない幼少期を過ごしたみたいですよ。

『グッド・ワイフ』のメイン出演キャスト

TheGoodWife HollywoodReporter

典拠: Hollywood Reporter

~フロリック家の人々~

アリシア・フロリック役ジュリアナ・マルグリーズ
・・・(日本語吹き替え:野沢 由香里)

夫:ピーター役クリス・ノース
・・・(声優:中田 譲治)

息子: ザック役グラハム・フィリップス
・・・(声:江口 拓也)

娘: グレース役マッケンジー・ヴェガ

義母: ジャッキー役メアリー・ベス・ペイル

~ロックハート&ガードナー法律事務所~

ダイアン・ロックハート役クリスティーン・バランスキー

ウィル・ガードナー役ジョシュ・チャールズ

ケイリー・アゴス役マット・ズークリー

調査スタッフ: カリンダ・シャルマ役アーチー・パンジャビ

デヴィッド・リー役ザック・グルニエ

ジュリアス・ケイン役マイケル・ボートマン

創立者: ジョナス・スターン役ケヴィン・コンウェイ

パートナー弁護士: ハワード・ライマン役ジュリー・アドラー

ジュリアナ・マルグリーズ・プロフィール

引用元: instyle.com

名前: Julianna Margulies(ジュリアナ・マルグリーズ)

本名: 
Julianna Luisa Margulies
(ジュリアナ・ルイーサ・マルグリーズ)

生年月日: 1966年6月8日(年齢 53歳)

出生地: アメリカ合衆国ニューヨーク州スプリングバレー

活動分野: 女優、プロデューサー

出身校: サラ・ローレンス大学

身長: 168 ㎝

体重: 61 kg

胸囲: 91 ㎝

ウエスト: 66 ㎝

ヒップ: 89 ㎝

ブラカップサイズ: B 75

服のサイズ: 9号

靴のサイズ: 26 ㎝

Facebook Julianna Margulies(@juliannamargulies)

両親の離婚で引越し続き!
恩師の後押しでつかんだ映画のチャンス!
ジュリアナ・マルグリーズの生い立ちと学生生活

引用元:glamour.com

ジュリアナ・マルグリーズ(Julianna Margulies/本名:Julianna Luisa Margulies)は
1966年6月8日、アメリカ・ニューヨーク州スプリングバレーに生まれました。

コピーライターの父と舞踏家の母の間に生まれた3人姉妹の末っ子です。

1歳の時に両親が離婚し、子供3人は母親と生活することに。

そしてこの後がもう怒涛の引っ越しラッシュ!

ジュリアナが4歳から10歳までのたった6年の間に、
アメリカ→フランス→イギリス→アメリカ→イギリス→アメリカと
目まぐるしく住む場所を変えました。

3人姉妹!ジュリアナは末っ子です
引用元:wsj.com

ジュリアナの両親、離婚してもお互い近くにいたかったらしく、
父親が外国の仕事に就けば同じ国に移り、
母親が別の国の仕事に就けば長い休みの度に父親を訪ねていたそうです。

ジュリアナは「どうして家族一緒に住めないの?!」
子供心に不思議に思っていたとか。

きっと2人の離婚は「嫌いじゃないけど一緒に住むのは勘弁!」っていう
別れだったんでしょうね。

でもその結果、イギリスにいればアメリカ人だと言われ、
アメリカにいればイギリス人だと言われる、苦しい子供時代となってしまいました・・・

高校の卒業式かな?
引用元:brain-sharper.com

最終的にアメリカに戻り高校卒業後、
ジュリアナはサラ・ローレンス大学に進み演劇を勉強します。

演劇に出会い、ようやく自分のアイデンティティが見つかったというジュリアナ。

大学卒業後はイエール大学演劇大学院進学を考えましたが、大学の恩師に止められます。

「演劇の先生に相談したら、大学院には行くなって言うの。

学校では学べないような特別な才能が私にはあるって言うのよ。

もうホント、びっくり仰天したわ!」

引用元:The Wall Street Journal

そんな恩師の後押しもあり、ジュリアナはとにかく1年間バイトをしながらオーディションを受けまくる事にしました。

そしてウェートレスをしながらオーディションを受け続けること半年、
遂に映画出演を射止めたのです!

パパとツーショット!
引用元:wsj.com

両親の都合で落ち着かない子供時代を過ごした少女が、
演劇と出会ったことにより自分を見つけプロフェッショナルの道へ!

この後どんな活躍をするのか、一緒に探っていきましょう!

『ER緊急救命室』『ザ・ソプラノズ』!
ジュリアナ・マルグリーズのデビューと過去出演作品

『アウト・フォー・ジャスティス』
引用元:startv.com

ジュリアナが勝ち取った初映画は1991年の『アウト・フォー・ジャスティス』

あのスティーブン・セガール主演の映画でした。

そして1994年からドラマER緊急救命室にキャサリン役で出演します。

今や、世界中で知らない人は居ない、世紀のプレイボーイ:ジョージ・クルーニーとは、ずっと付かず離れずの間柄で、視聴者はやきもきでしたね!

『ER緊急救命室』ジョージ・クルーニーもいます!
引用元: filmaffinity.com

元の脚本ではキャサリンは途中で死んでしまう役だったのですが、
ジュリアナの演技に惚れ込んだプロデューサーが内容を変更、
急遽メインキャストとなったそうです。

『ER』で一躍注目を浴びるようになったジュリアナは、
この作品でエミー賞助演女優賞も受賞しました!

『ER緊急救命室』
引用元:pinterest.fr

シーズン1~6まで出演、最終シーズンのシーズン15に1話だけカムバックしてましたね。

2006年からはドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア(原題:The Sopranos)』

アメリカの裏社会・イタリア系マフィアの実体を生々しく描いたこのドラマは
成人指定だったそうです!

そして2009年から『グッド・ワイフ』

『グッド・ワイフ』
引用元:businessinsider.com

シーズン7まで続いた大ヒットドラマで、ジュリアナは主演のアリシア役を務めました。

プロデューサーとしても名を連ねているんですよ!凄い!

『グッド・ワイフ』で共演!
ジュリアナとアーチ―・パンジャビとの不仲説とは?!

そしてこの『グッド・ワイフ』、ジュリアにとって違った意味でも話題に・・・

それは・・・

共演者アーチ―・パンジャビとの不仲説!

ジュリアナ演じるアリシアとアーチ―演じるカリンダは
仕事仲間なのに50エピソード以上も同じ画面に映ることがなく、
共演最後のシーンもCG合成、
アーチ―が最終シーズンを待たず降板したことから、
「2人の確執説」がまことしやかに噂されたのです。

アーチ―とジュリアナ、こんなに仲良く共演してたのに・・・
引用元: zimbio.com

ドラマのディレクターは「役柄上の2人の仲の悪さを強調するため」だったと言うし
ジュリアナも「みんなが噂してるのは単なるゴシップよ」と言ってますが
アーチ―は「私からは何も言えないわ」と意味深発言・・・

ぬぬぬ、何が本当なんでしょう・・・

でも、この噂が理由で注目を浴びたのも確か!

ドラマ側の上手い戦略だったのかもしれませんね!

共演最後のこのシーンがCG合成だったなんて・・・
引用元:tvline.com

さて、次ではジュリアナの女優以外の活動を見てみましょう!

女優だけじゃないぞ!
ジュリアナ・マルグリーズのチャリティー活動

 

ジュリアナのフェイスブックを覗いてみて下さい!

自分の新作告知より、慈善団体の活動告知の方がずっと多いことに気が付きませんか?

中でもジュリアナは子供を性的虐待から守る
「Erin’s Law」という団体を精力的にサポートしています。

ジュリアナとエリン
引用元:buildseries.com

この団体を立ち上げたエリン・メリンも子供の頃に性的虐待を受けた被害者で、
彼女はアメリカ全州が子供を性被害から守る「Erin’s Law」を適用することを目指しています。

ジュリアナとエリンの出会いは、とある授賞式。

ジュリアナはエリンに賞を渡すプレゼンターでした。

「エリンのプロフィールを読んだだけでも凄いと思ったんだけど、
受賞後のスピーチを聞いて本当に感銘を受けたの。

だからショーの後に『私にも何か手伝えない?』って話しかけて。

それからエリンは毎日のように連絡してくるようになったのよ(笑)。」

引用元:BUILD Series

ジュリアナが住むニューヨーク州ではこの「Erin’s Law」は適用されていませんでしたが、遂に2019年今年の6月、議会で可決され施行が決定しました!

その裏には、ジュリアナの賢明な普及活動があったそうですよ。

タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました
引用元:brain-sharper.com

そんな活動が評価され、2015年にはタイム誌の選ぶ「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれました。

未来を担う子供たちのためにより良い社会を作ろうとするジュリアナ、とっても素敵ですね!

さて、お次は気になるジュリアナのプライベートを見てみましょう!

インスタが気になる!
結婚、夫、息子が気になる!
ジュリアナ・マルグリーズのプライベート

ジュリアナは2007年にキース・リーバサルと結婚しました!

ジュリアナより6歳も若いイケメン弁護士です。

ジュリアナとキース。お似合い!
引用元:bustle.com

共通の友人の誕生日会で出会ったことがきっかけだそうです。

家族が一緒に生活できなかったつらい幼少期の記憶から、
結婚も子供を持つことも避けてきたジュリアナ。

でもキースと出会ったことでその頑なな気持ちが変わったんでしょうね。

婚約直後に妊娠が発覚、妊娠7か月で結婚式を迎え、
2008年1月に息子キーラン君が誕生しました!

結婚式!妊娠7か月とは思えない美しさです!
引用元: pinterest.com

でもやっぱり「自分の息子につらい思いはさせたくない」と、
『グッド・ワイフ』の撮影場所をニューヨークに変更してもらう交渉をしたり、
家族と極力一緒に過ごせるよう努力しているそうです。

キースのサポートも絶大なんだとか!

素敵な旦那様ですね。

キーラン君ももう11歳。

ジュリアナはインスタをやっていないので私生活を垣間見ることは出来ませんが、
ニューヨーク・マンハッタンの素敵なアパートで家族3人仲良く過ごしているみたいですよ!

キーラン君と3人、素敵な家族です!
引用元: today.com

これからも家族一緒、幸せな時間を過ごしてもらいたいです。

では最後にジュリアナの最新作を見てみましょう!

ジュリアナの性格がハリウッドを変える?!
痩せた自分より自然体が一番!
『ダイエットランド』等ジュリアナ・マルグリーズの最新作

『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞主演女優賞も受賞したのに・・
引用元:radiotimes.com

『グッド・ワイフ』以降の話題作と言えば
『グッド・ワイフ』スピンオフ・シリーズの『The Good Fight(原題)』

と言いたいのですが・・・

ジュリアナはこのオファーを断ります・・・

理由はギャラ交渉の決裂でした・・・

「男女分け隔てなく平等にギャラを払って欲しかったの。

これが有名主演男優だったら一発で要求をのんでもらえてるはずよ。

正直、超ショック。

私の価値って何なんだろう、
仕事に見合った価値がないってどういうことだろうってね・・・」

引用元:Daily Mail

最近、この「男女平等なギャラ」について声を上げるハリウッド女優が増えてきましたね。

ホント、身にしみて感じていることなんだと思います。

声を上げられない他の女優のためにも立ち上がったジュリアナのまっすぐで熱い性格、
なかなかカッコいい!

声が届くといいんだけど、なかなか難しいのが現実なんでしょうね。

という事で気を取り直して、ジュリアナの新作紹介!

2018年はドラマ『ダイエットランド(原題:Dietland)』

『ダイエットランド』自意識過剰な女編集長を演じました。
引用元:newsweek.com

体形に自信がなく常に「痩せたい」と思っている女性ライターの目線で描かれた
このドラマのテーマは「フェミニズム・男女平等」。

ジュリアナもこの作品に影響を受けたそうです。

「完璧なんて存在しないのよ。

見せかけの自分より本物の自分の方がずっと魅力的かもしれないでしょ、

自分に厳し過ぎる必要はないのよ。」

引用元:People

デビュー以来ずっと若々しく痩せた体形のままのジュリアナには整形手術の噂もありますが、
「年を取らないなんて有り得ないでしょ。だったら私死んでるってことじゃない(笑)」
と一蹴してます!

自然体が一番、そういうことなんでしょうね。

『ホット・ゾーン』
引用元: tvline.com

そして2019年もドラマで活躍しています!

アメリカ本土で初めてエボラ出血熱を発見した研究者たちの奮闘を描いた
ドラマ『ホット・ゾーン(原題:The Hot Zone)』では、
主人公のナンシーを演じていますよ。

家族をとても大切にし、平等であることに重きを置くジュリアナ。

ママ、頑張って!
引用元: brain-sharper.com

彼女のまっすぐなまなざしに曇りはありません!

これからも素敵な演技を見せてもらいたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク