いじめ・父の死を乗り越えたバイセクシャル飛び込みトーマス・デイリー選手、東京オリンピック シンクロ高跳び込みで金メダル! 結婚相手とかわいい息子など詳細に!

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

 

東京オリンピックもいよいよメダリストが沢山で始めましたね!

どの国もメダル獲得にしのぎを削っていますね!

 

先進国になればなるほど、人口の多い国になればなる程、オリンピックに選手を送りだしてくる数、すごいですよね!

選手団が、数百人単位で来る!

 

現在、メダル獲得数が第1位の国はアメリカ。

3位の中国も、「先進国」という位置づけではないものの、大所帯でやって来た!

 

 

オリンピックとは、才能と努力溢れる選手たちの集合体なわけですが、
そ~んなオリンピックにも、さまざまな選手たちが増えている!

典拠: healthyceleb.com

典拠: healthyceleb.com

 

今日はその中から、昨今よく検索される

トム・デイリーこと、
トーマス・デイリー選手

をピックアップしてみたいと思います!

トーマス・デイリー選手公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: favoru.net

典拠: favoru.net

名前: Thomas Daley(トーマス・デイリー)

本名:
Thomas Robert Daley
(トーマス・ロバート・デイリー)

通称: Tom Daley(トム・デイリー)

生年月日: 1994年5月21日(22歳)

出身地: 英国デヴォン州プリマス

活動分野: 飛び込み

身長: 177 ㎝

体重: 74 kg

出身校:
エッグバックランド・コミュニティー・カレッジ、
プリマス・カレッジ、

オフィシャルサイト:
英国水泳協会:飛び込み選手
britishswimming.org/athlete-swimming-profiles/diving-team-profiles/tom-daley/

Facebook Tom Daley(@TomDaleyOfficial)

Instagram 
Tom Daley(@tomdaley1994)現在非公開

Twitter Tom Daley(@TomDaley1994)

まだ10歳にもならないうちから、本格的な飛び込みの大会で活躍し始めた、現在22歳のトーマス・デイリー選手。

 

オリンピックを含む、国際大会だけでも35個のメダルをゲットしており、国内の大会と合わせると、56個という・・・
もはや彼にとって、メダルなど珍しくもなんともなさそうなトーマス選手ですが、

 

まだ20代になったばかりとはいえ、彼の人生はスポーツ以外でも、そんなに安直なものではなかったといいます。

 

トーマス・デイリーことトム・デイリーの生い立ち

 

1994年、イギリスのデヴォン州プリマスに、ロバートというお名前のお父様と、デビーというお母様の間に生まれる。

3つ離れたウィリアムと、5つ離れたベンという2人の弟が居る。

子どもの頃のトム 典拠: telegragh.co.uk

子どもの頃のトム
典拠: telegragh.co.uk

 

子どもの時には、若きカナダの飛び込み選手アレクサンドレ・デスパティー(13歳でコモンウェルス大会で、金メダルを獲った選手!)と、イギリスのレオン・タイラーに憧れていたという。

 

飛び込みのレッスンを受け始め、2002年には競技チームに加えられ、『8、9才少年部』でメダルを獲得。

以後、子どもながらに国内の様々な大会で、お子様部門のメダルをどんどん獲ってゆく。

 

2004年6月。10歳の誕生日には、ナショナルジュニア(18才以下)グループで、最年少優勝を果たし、舞台は段々と国外にも移ってゆく。

 

転校せざるを得なかったイジメ

 

11歳からエッグバックランド・コミュニティー・カレッジという学校に通っていたトム。

 

13歳で「チャイルド・ライン」という児童虐待防止団体のサポーターになった際「去年、いじめにあっていた」と公表した事で、勇気があると話題に。

驚くべきことに、北京オリンピック以降、学校でいじめを受け始めたという。

 

父親のロバートさんは、「イジメ対策がうまくいかなかったため、一時的に転校させた。」と述べている。

 

 

「イギリスも実は、近年のイジメ問題の増加に頭を悩ませている国」というのは 知っていましたが、オリンピック選手までいじめる子どもが居るだなんて、いい根性してますね・・・。

何を太刀打ちできると思ったのか、やっかみなのか、「国の誇り」にも近いオリンピック選手に・・・

広い目で見ると、国家の損害ですよw

 

 

もはやオリンピックに出たトムなので、「奨学金も出すので、受け入れたい」という学校もあったものの、遠方であったなど様々な理由で、最終的にプリマス・カレッジへ、よい条件で転校。

 

トムは、後にそこを素晴らしい成績で卒業している。

典拠: skysports.com

典拠: skysports.com

 

支えてくれたお父さんの死

 

息子のピンチを、転校させたりして、支えてきたお父様ですが、
2011年、40歳の若さで脳腫瘍の為亡くなってしまいます。

まだ17才のトムには、大人以上に大きなショックだったと思います。

 

しかし、イジメや父の死を乗り越えたトムの快進撃は、
メダルの数にあるように、どんどん続いていきます。

典拠: thirdyearabroad.com

典拠: thirdyearabroad.com

大会の順位やメダル数については、英国水泳協会HPをご覧ください。

 

トーマス・デイリーの恋愛騒動

 

幼少期から、その功績によってメディアに頻繁に登場していたトム!

その小動物のような愛くるしい容姿から、思春期になると、当然彼の恋愛にもメディアが注目した。

 

まずは13歳の時からの友達である、アメリカ人女子飛び込み選手とのキャシー・クックと噂された。
トムはそれについては否定している。

 

そして、2012年ロンドンオリンピックに出場したトム。

その際、トムはピーター・ウォーターフィールド(男性)氏との関係について、Twitterでひどい中傷を受けた。

 

その件では、同性愛嫌悪者であるドーセット・ウェイモースに住む17才の少年と、28歳のプロサッカー選手が、後に逮捕されている。

バラエティ番組などでも活躍! 典拠: dailymail.co.uk

バラエティ番組などでも活躍!
典拠: dailymail.co.uk

.

オチャメなトム! 典拠: out.com