ゼインマリクに似ているマックスエーリックの出演ノミネート作品や身長、彼女などWiki的詳細

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです!

現在NHKで放送中、米国ニコロデオンのティーン向けドラマ

『100オトナになったらできないこと
(原題: 100 Things to Do Before High School)』

典拠: pinterest

今日はその中から、メインではないので、普段はあんまり目がいかないキャラクター、

主人公CJの兄:ロンビー・マーティン役、
マックス・エーリッ

をピックアップしてみたいと思います!

典拠: 100 Things To Do Before High School Wiki – Wikia

思えばこのドラマのしょっパナであり、根底である「実は高校生活ってこんなんだぞ・・・」って教えてくれたのも、このお兄ちゃん:ロンビーでしたが、

たま~に画面に出てくると、あまりのハンサムっぷりに目が釘付けになっちゃいますよね!

実際のマックス・エーリックってどんな人なのでしょうか!

『100 オトナになったできないこと』
のメイン出演キャスト

典拠: 100 Things To Do Before High School – Channel Guide Magazine

CJ・マーティン役イザベラ・モナー・・・(日本語吹き替え:戸松遥) 

フェンウィック・フレイジャー役ジャヒーム・K・トゥームズ
・・・(声優: 島崎 信長) 

クリスチャン・パワーズ(クリスポ)役オーウェン・ジョイナー
・・・(声:梶 裕貴)

ミンディ・マイナス役ブレイディ・ライター

CJの兄:ロンビー・マーティン役マックス・エーリック

ロバーツ先生役ジャック・デ・セナ 

ヘイダー校長先生役リサ・アーチ

CJの兄:ロンビー役
マックス・エーリック公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: Under The Dome Wiki – Wikia

名前: Max Ehrich(マックス・エーリック)

本名: Maximus Ehrich(マキシマス・エーリック)
※ 諸説あり

生年月日: 1991年6月24日(25歳)

出身地: 
米国ニュージャージー州マルボロタウンシップ

活動分野: 俳優、ダンサー、歌手

身長: 175㎝程

出身校: マルボロ・ハイスクール

オフィシャルサイト(公式ホームページ): 
http://www.maxlehrich.com
(現在はなぜか接続不可能)

メール:  MaxEhrichBooking@gmail.com

Facebook Max Ehrich(@MaxEhrich)

Instagram Max Ehrich(maxehrich)

Twitter Max Ehrich(@maxehrich)

ロンビー・役マックス・エーリックとは? 
過去出演作品

1991年6月24日、米国ニュージャージー州マルボロ・タウンシップ生まれのアメリカ人俳優:マックス・エーリック。

典拠: Blog Talk Radio

2004年、13歳の時『One Easy Job(ワン・イージー・ジョブ)』という作品で映画デビュー。

そして4年後の2008年、大ヒット映画『ハイ・スクール・ミュージカル3』に主席ダンサーとして出演を果たし、

更に大ヒットテレビドラマ『アグリー・ベティ』にも出演!

『アグリー・ベティ』出演中のマックス・エーリック
典拠: Billevesees

ちなみに、『ハイスクールミュージカル3』のプロモーションとして、アメリカの食品メーカー:サラ・リーのコマーシャルに出演した事もあった。

筆者も大好きです、サラ・リーの商品は、割合おいしいもんね!

以後、単発か数話ずつではあるものの、
ニコロデオンの『iCarly(邦題:アイカーリー)』

『Parenthood(邦題:ペアレントフット)』

『Law & Order: Special Victims Unit
(邦題:ロー&オーダー 性犯罪特捜班)

など、ヒット作に次々出演している。

『iCarly(アイ・カーリー)』出演中のマックス
典拠: iCarly Wiki

また『iCarly(アイカーリー)』では、そのテレビ映画版『iStart A Fan War(アイ・スタート・ア・ファン・ウォー)』のアダム役で登場している。

マックスの存在を人々が知るようになったのは、エミー賞特別番組賞まで獲った作品であり、2012年から現在まで出演が続いているアメリカの昼ドラ『The Young and the Restless(ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス)』に、フェンモア・ボールドウィン役で出演した事が大きいですね!

『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』
典拠: The Christian Post

これにより、あの甘~いマスクで主婦層の心をガッチリつかんだ!

2014~2015年、中国の大気汚染をテーマにした、巨匠:スティーヴン・キング原作の同名ミステリードラマ『Under the Dome(邦題: アンダー・ザ・ドーム)』にハッカーのハンター・メイとして出演し、物語に色を添えている。

メガネ男子姿もとってもステキな『アンダー・ザ・ドーム』ハンター役の際の、マックス・エーリック
典拠: pinterest

この辺りから、どんどん子どもらしさが消えてゆく。。。

数年間続いた、たった1話だけの出演も近頃ではめっきり少なくなり、ゲストとして数話に出演し、去っていくというムダに気になるハンサムと化している(笑)

いや、チョロっと出てこられても、あのイケメンっぷりは、目を引くでしょうよ!

ただの俳優じゃない!
ダンスや歌、激ウマ!
6年ぶっ通しでノミネートされているマックス・エーリック

若き日のマックス・エーリック
典拠: TeenChive

ミュージカル系の映画やドラマに出演しているだけあって、実は歌が激ウマなマックス!

ただでさえ、1Dのゼイン・マリクに似てるってのに、歌までうまいなんて!

天は彼に、二物も三物も与えてる!

ジョン・ベリオン『オール・タイム・ロウ』
– マックス・エーリック feat. レベッカ・ブラック

また、2008年にはヴァネッサ・ハジェンスの『Sneakernight』という曲のプロモーション・ビデオに出演。

女優であり、コメディアンヌであるメリッサ・パターマン出演のカントリーミュージックTVチャンネル『Working Class(ワーキング・クラス)』などにもゲスト出演しており、まさに芸の幅広さを感じますね!

また、驚くべきことに、2011年から現在まで、6年ぶっ通しで何らかの賞に毎年ノミネート(以下参照)されており、日本でも火がつくまでは時間の問題と言える。

典拠: celebriot.com

2011年、テレビ映画『The Pregnancy Pact(ザ・プレグナンシーパクト)』のジェシー・モレッティ役で、ヤングアーティスト賞 テレビ・映画部門ベストパフォーマンスもしくは特別助演俳優賞ノミネート。

2012年、TVドラマ『Parenthood(邦題:ペアレントフット)』のブラッドリー役で、同じくヤングアーティスト賞 TVシリーズにおけるベストパフォーマンス賞 18-21歳までのゲストスター部門でノミネート。

2013~2016年、昼ドラ『The Young and the Restless(ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス)』のフェンモア役で、デイタイム・エミー賞 ドラマシリーズにおける優れた若き俳優賞 ノミネート。

『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』のクリスチャン・ジュールズ・ルブランと
典拠: pinterest

もはや4年間も同じ賞にノミネートされて逃し続けているなんて、惜しすぎるとしか言えない! しかもエミー賞だし。

超かっこいい!
マックス・エーリックの身長や彼女は?

常々思っていたのですが、イギリスのボーイズグループ:One Direction(ワン・ダイレクション)の、ゼイン・マリクに似ていますよね!

こちらはマックス・エーリック!
典拠: Under the Dome Wiki – Wikia

こちらは1Dのゼイン・マリク!
典拠: Muzul

余談ですが、筆者は、強いて言うなら、ルーかハリーのお顔が好みですが、好かれた男性がゼインに似ており・・・

その時はさすがに「世の中うまくいかないもんだな・・・」と思ったものです。

滅多に好かれないわたくしめが、珍しく好かれたかと思えば、ハンサムの無駄遣いやで・・・。

マックス・エーリックに彼女は?
と、言いますと・・・

ジェネット・マッカーディ
典拠: pinterest

2010~11年頃『iCarly(邦題: アイ・カーリー)』や『Sam & Cat(邦題:サム&キャット)』でお馴染み、ジェネット・マッカーディと。

2014年夏頃からアメリカ人女優であり歌手の ヴェロニカ・ダン(21)と現在も仲良し!

ヴェロニカ・ダン
典拠: Composure Magazine

ゼンダイヤ主演『K.C.Undercover(邦題: ティーン・スパイ K.C.)』で、マリア役で出演していた際、シーズン出演していたマックスと知り合ったのだとか!

現在、マックスの身長は公表されていないのですが、横に並んだヴェロニカちゃんとキャッキャと遊ぶ様子などから拝察するに、

ヴェロニカちゃんと、ビーチでイチャイチャするマックス
典拠: liftingpost.com

ヴェロニカちゃんが172cm弱・・・

という事で、マックスはそれと同じくらいか、微妙に少し高いかくらいなので、175㎝弱という事が考えられます。

「アメリカ人にしては小さいな」と思われましたか?

実は唯一のアジア圏である日本を除いて、他先進6か国の中で、実はアメリカが一番平均身長が小さい国なのだそうです!

ほとんど移民が住んでいるので、他の白色系人種の国と同じようにはならないのでしょうね。

2016年現在は、TVドラマ『The Path(ザ・パス)』のフレディー・リッジ、

同じくTVドラマの『Sweet/Vicious』のランドン・メイスの役でそれぞれ出演中。

本国の昼メロファンも放っておかない程の人気!
典拠: Soap Central

何度も素晴らしい賞にノミネートされながら、さまざまな作品に出演が続くマックスなので、もはやブレイク待ちといったところですね!

日本でも観られるように、映画出演など楽しみです、がんばれマックス!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC