ディーンウィンタース『バトルクリーク』感染で手足の指を失ったがAllstate保険会社のメイヘム役で有名人に!オズ出演のイケメン兄弟や恩人ティナフェイや妻など結婚にも迫る!

こんにちは、「にぎわす.com」の Satokoです^^

今回、TV神奈川でも始まりました、海外ドラマ

バトル・クリーク 格差警察署
(原題: Battle Creek)

BattleCreek MyFavoriteTVShows

典拠:My Favorite TV Shows

みなさん、観ておられますでしょうか?

ずいぶん荒っぽいタイトルだな、と思ったら、地名だったんですね!

ミシガン州バトル・クリーク市。

なんでも、1800年代、そこらの土地の測量に行って、原住民のネイティブアメリカン2人と小競り合いになり、襲われ、無事1人やっつけた場所が語源になっているそうですよ!

・・・「やっつけた」って・・・他人のとこへ行って勝手に測量してたら、原住民だってそりゃ怒るでしょうに・・・。

その中から今日は、

ラッセル(ラス)・アグニュー役

DeanWinters MxdwnTelevision

典拠: Mxdwn Television

ディーン・ウィンタース

をピックアップしてみたいと思います!

ベテラン刑事ラスを演じるディーンには、
生死をさまよった壮絶な過去があるようですよ!

『バトル・クリーク』メイン出演キャスト

BattleCreek Guida TV - TV Sorrisi E Canzoni

典拠: Guida TV – TV Sorrisi E Canzoni

ミルトン・チェンバレン役ジョシュ・デュアメル
・・・(日本語吹き替え:川島 得愛)

ラッセル(ラス)・アグニュー役ディーン・ウィンタース
・・・(声優: てらそま まさき)

ホリー・デイル役オーブリー・ダラー
・・・(声:浅野 真澄)

アーロン・フィンクハウザー役
        エドワード(グレープヴァイン)・フォーダムJr

フォンタネル・ホワイト役カル・ペン

キム・グゼヴィッチ役ジャネット・マクティア

ディーン・ウィンタース プロフィール

引用元:famousbirthdays.com

名前: Dean Winters(ディーン・ウィンタース)

本名: 
Dean Gerard Winters
(ディーン・ジェラルド・ウィンタース)

生年月日: 1964年7月20日(年齢 55歳)

出生地: アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク・シティ

活動分野: 俳優

出身校: 
Chaparral High School(高校)
Brophy College Preparatory(高校)
コロラドカレッジ(私立のリベラルアーツ大学)

身長: 183 ㎝

体重: 78 kg

Instagram: Dean Winters (@deanwintersofficial)

ニューヨークで生まれアリゾナへ!
その後世界を放浪し再びニューヨークへ!
ディーン・ウィンタースの生い立ちと学生生活

引用元:vanityfair.com

ディーン・ウィンタース(Dean Winters/本名:Dean Gerard Winters)は1964年7月20日にアメリカ・ニューヨーク州ニューヨークシティに生まれました。

お父さんはアイルランド系ですがお母さんはイタリア系、
だからディーンはイタリア語がペラペラなんですって。

これがお父さん
引用元:bodyheightweight.com

.

そしてこれがお母さん!
引用元:pinterest.com

2人の弟と1人の妹がいて、
一歳下の弟スコットも俳優、
もう1人の弟ブラッドフォードも脚本家として活躍しています。

幼少期はニューヨーク州のロングアイランドで過ごし、
10代の頃にアリゾナ州スコッツデールに家族で引っ越しました。

アリゾナの大自然を求めての移住でしたが
ニューヨークとアリゾナでは文化が全く違い…

ディーンにとっては最悪の引越しになってしまいました。

まだあどけないウィンタース4兄弟!
引用元:bodyheightweight.com

地元の高校を1年で退学、
1歳下の弟スコットと一緒に、家から離れたBrophy College Preparatoryというカソリック系の高校に通います。

高校卒業後はコロラドカレッジで英語を専攻しますが、
英語が好きだからってわけではなかったみたい。

「とにかく大学を早く卒業したかったんだ。

学校ってところとは馬が合わないんだよ(笑)。」

引用元:The Arizona Republic

ってことで逃げるように大学を卒業したディーンは放浪の旅に出ます。

アメリカ西海岸、香港、ヨーロッパを巡り再びニューヨークへ。

ニューヨークでは弟スコットが「一緒に演劇学校に行こう!」と持ちかけ、
2人はバーで働きながら演劇の勉強をすることに。

「イケメン兄弟バーテンダー」はすぐに話題となり、
バーは満員御礼大繁盛!

ディーンと弟
典拠:Fanpop

…ですが、すぐにクビになったんだとか。

「常連にタダでお酒を出してるのがオーナーにバレちゃって。

同じことを7~8軒のバーで繰り返したよ。」

引用元:The Arizona Republic

毎晩満員なのになんで儲けが…⁈ってなったんでしょうね…

そんな破天荒なバーテンダー・ディーンに興味を示したのが
常連の1人・TVプロデューサーのトム・フォンタナ。

ディーンはトムに誘われ、
彼のドラマ『ホミサイド/殺人捜査課(原題:Homicide: Life on the Street)』
に出演することになりました。

スコットとディーン
引用元:pinterest.com

「タダ酒」はバーにとって大損害、
ディーンにとっては大チャンスとなったんですね!

学校嫌いの青年がニューヨークでチャンスをつかみエンタメの世界へ!

さあ、この後のディーンの活躍を一緒に追っていきましょう!

ドラマ『オズ』で兄弟共演?!
バクテリア感染で手足の指切断、
ティナ・フェイの下した決断とは…!
ディーン・ウィンタースのデビューと過去出演作品

ディーンのドラマデビューは1995年の『ホミサイド/殺人捜査課』

そして1997年からはドラマシリーズ『OZ/オズ』が始まります。

『オズ』
引用元:pinterest.com

プロデューサーのトム・フォンタナが製作指揮をとった『オズ』で、
ディーンはメインキャストのライアン・オライリーとして大ブレイク!

シーズン2からは弟のスコットも準主役として加わり
「兄弟共演」が実現します。

ドラマの中でも「兄弟役」だったんですよ。

オライリー兄弟を演じるウィンタース兄弟
引用元:imdb.com

さらに、ディーンのもう1人の弟ブラッドフォードも6エピソードの脚本を担当、
妹の旦那さんもプロデューサーとして8エピソードを担当するなど、
ウィンタース家にとってこの『オズ』はとても大切な作品になりました。

映画デビューは1997年の『陰謀のセオリー(原題:Conspiracy Theory)』

そして2006年からはシットコム『30 Rock/サーティー・ロック』にティナ・フェイ演じる主人公リズの元彼デニス役で出演。

全7シーズンのうち15エピソードしか出演しませんでしたが、
街を歩けば
「お、ダミー(デニスの愛称)じゃん!」
と声をかけられるほどの人気キャラクターとなりました。

『30 Rock』ティナとディーン
引用元:ew.com

実はこのドラマ撮影中の2009年、
バクテリア感染で生死をさまよったディーン…

飛び込んだクリニックで倒れ心臓一時停止、
ICU入院3週間、
体の一部が壊死し両足の親指と片手の親指を切断、
その手術回数なんと17回…
という信じられないほど辛い経験をしました。

これは打ちのめされますね…

そんなどん底から立ち直らせてくれたのは、
病院の子供達と
『30 Rock』の監督兼共演者ティナ・フェイだったそうです。

「入院中かなり落ち込んでた時、
看護婦が小児病棟に連れてってくれたんだ。

そこで義足をはめて夢中でサッカーをする子供たちを見て、はっと目が覚めたんだよ。

(中略)そして10回目の手術前に
ティナ・フェイが連絡してきたんだ。

退院したらまた『30 Rock』に出てもらうわよっ
てね…

そして退院後、本当に現場に戻ることができたんだ。」

引用元:Mademan

これが退院後に撮影した『30 Rock』の1シーンです
引用元:eonline.com

「一生分の借りがある」って言うぐらい
ティナに感謝しているディーン。

素敵な仲間ですね!

そして2014年、
キアヌ・リーブス主演・製作総指揮の映画『ジョン・ウィック(原題:John Wick)』に出演。

2015年にはドラマ『バトル・クリーク 格差警察署(原題:Battle Creek)』が始まります。

ディーンはミシガン州の小さな町バトルクリークの警察署に勤める
昔かたぎのベテラン刑事・ラスを演じました。

『バトル・クリーク』
引用元:moviepilot.de

頑固でちょっと冴えないところもあるラスを演じるのは
とても楽しかったそうですよ。

1シーズンで打ち切りとなってしまいましたが、
最終回はディーンが「必見!」と言うほど面白い内容になっているそうです。

見逃さないで下さいね!

さて、次ではディーンの俳優以外の活動を見てみましょう。

保険会社Allstateのコマーシャルでティナ・フェイと共演!
ディーン・ウィンタースのコマーシャル出演

バクテリア感染から復活してディーンを一躍有名にしたのはドラマでも映画でもなく…

保険会社のコマーシャル!

ディーンが2010年から出演し続けているのは
「Allstate」という保険会社のコマーシャル。

これが「Allstate」の広告!
引用元:businessinsider.com

ディーン演じる「メイヘム」というキャラクターがいろいろな災難(車に引かれるとか階段とか落ちるとか…)に巻き込まれますが、

保険があれば大丈夫!という筋書きのシリーズものです。

「メイヘム(mayhem)」って英語で「大混乱」って意味なんですよ。

このコマーシャルは大ヒットとなり「メイヘム」のフィギュア人形まで登場。

メイヘム仮装の指南書です
引用元:cosutumewall.com

ハロウィンでは「メイヘム」の仮装をする若者まで出てきました。

でもディーンはもともとこの話には乗り気じゃなかったみたい。

「コマーシャルの話が来た時、断ったんだ。

スーツ着て保険を売るなんて嫌だから役者になったんだしね(笑)。」

引用元:Huffington Post

今や街を歩けば
「お、メイヘムじゃん!」
と声をかけられ、

自分の母親からも
「メイヘム」
と呼ばれるようになったディーン(笑)。

メイヘムまたもや大惨事!
引用元:nytimes.com

コマーシャル最新版では
「人生の恩人」ティナ・フェイと共演していますよ!

もしかしたら、ディーンの恩返しなのかな…?!

セントバーナード犬になりきったディーンに顔を舐められても平気なティナ、さすが仲間です!

「Allstate」の最新コマーシャル!
セントバーナード犬に扮したディーンが飼い主ティナの運転を邪魔しようとします!(英語)

St. Bernard :30 | Allstate Mayhem

さて、そんなディーンの気になるプライベートはどうなっているのでしょうか…?!

妻はいるの?どこに住んでるの??
ディーン・ウィンタースのプライベート

ディーンのインスタを見ると、
撮影の様子や街の様子、
姪っ子とのデートなどなど、
なんでも好きな写真をアップしてるみたい。

何をされてるんでしょうか…
引用元:twitter.com

でも、結婚してるのかどうかは闇の中…

2015年のあるインタビューでは

「家族を持ちたいんだ。今それに向けて頑張ってるところ」

なんて答えてましたが…その後どうなったのかなぁ…

唯一わかってるのは、2018年にニューヨーク・マンハッタンのトライベッカ地区に、ペントハウスを購入したこと!

素敵なペントハウスです
引用元:yahoo.com

その金額なんと350万米ドル、日本円にして約3億9千万円!!

広さ2500スクエアミーター(約230平米)の
ゴージャスな2ベッドルームです。

「俺はニューヨーク生まれニューヨーク育ち、
ずっとニューヨークに自分の家を持ちたいと思ってたんだ。

遂に手に入れたアパートは、
『メイヘムが建てた家』って呼んでるんだ(笑)。」

引用元:Page Six

インスタにもニューヨークの写真がいっぱい!

「メイヘム御殿」でニューヨーク生活を満喫してるんでしょうね!

さあ、最後にディーンの最新作を見てみましょう。

驚きの純資産にドラマ『Wayne』!
ディーン・ウィンタースの最新作

引用元:acq5.com

テレビ・映画・コマーシャルに大活躍のディーン、
その純資産は約5百万米ドル、
日本円にして約5億5千万円と言われています!!

すごいですね!

そんなディーンの最新作は2019年のドラマ『Wayne(原題)』

父の形見を取り戻すため、
思いを寄せる女の子と一緒にロードトリップに出る男の子のお話。

『Wayne』
引用元:imdb.com

Fワード飛びまくりのちょっとハードなドラマのようです(笑)。

ディーンは女の子の暴力的な父親を演じました。

そして現在ポストプロダクション中の
映画『Street Justice(原題)』も忘れてはなりません。

あのシルベスター・スタローンが
エグゼクティブ・プロデューサーを務めているんですよ。

どんな映画に仕上がるのか、今から楽しみですね。

が、頑張って!
引用元:ispot.tv

手足の指が壊死するという恐ろしい体験を乗り越えたディーン。

デビューはは30歳と遅かったけど、54歳の今も輝き続けています。

これからも素敵な演技を見せてもらいたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク