レベッカリディアード『フーディーニ&ドイル』エマワトソン激似女優の年齢や彼氏と『またの名をグレイス』など過去出演作をIMDb的に

こんにちは、「にぎわす.com」のJarJarです^^

今回、テレビ大阪でも放送中の海外ドラマ

フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル
~謎解きの作法~

(原題: HOUDINI&DOYLE)

典拠: star-ch.jp

英・米・加合作ですって!

その中から今日は、

アデレード・ストラットン巡査役

レベッカ・リディアード

をピックアップしてみたいと思います!

レベッカ・リディアード
典拠: Pinterest

どこかで見たような、誰かに似たような女優さんですが・・・
一体どんな女優さんなのでしょうか?

『フーディーニ&ドイル』のメイン出演キャスト

典拠: The Tracking Board

ハリー・フーディーニ役マイケル・ウェストン
・・・(日本語吹き替え:森久保 祥太郎)

アーサー・コナン・ドイル役ステファン・マンガン
・・・(声優:三宅 健太)

アデレード・ストラットン巡査役レベッカ・リディアード
・・・(声:坂本 真綾)

ジョージ・ガジェット巡査部長役アダム・ナガイティス

ホラス・メリング警部役ティム・マキナニー

レベッカ・リディアード プロフィール

引用元:IMDb

名前:Rebecca Liddiard(レベッカ・リディアード)

生年月日: 1991年(27歳)

出生地: カナダ・オンタリオ州・ロンドン

出身地: カナダ・オンタリオ州・ロンドン

活動分野: 女優

出身校: 
ロンドン・セントラル・セカンダリー・スクール
ライアソン大学

趣味: 絵を描くこと、サイクリング

Instagram 
Rebecca Liddiard(@rebeccaliddiard)

Twitter 
Rebecca Liddiard(@RebeccaLiddiard)

レベッカ・リディアードの生い立ちと学生生活

レベッカ・リディアード(Rebecca Liddiard)は1991年生まれで、現在の年齢は27歳。

カナダ・オンタリオ州のロンドンという街で生まれました。

レベッカにはお姉さんがいて、現在も仲良くしているそうです。

小さい頃のレベッカ
お母さんとお姉さんと
引用元:Instagram

小さい頃にダンスを習っていましたが、ロンドン・セントラル・セカンダリー・スクールに入学後、舞台に立って演技することの楽しさに目覚めました。

高校時代、舞台『スウィーニー・トッド』に出演
最前列の一番左がレベッカ
引用元:Instagram

大学への進学を考えている時、両親には植物学者か建築家になると言っていましたが、
直前になって演劇を専攻することを決意。

トロントにあるライアソン大学に入学し、実際に芝居をしたり、映画を作ったりして、様々な経験を積むことができたそう。

両親と姉と
引用元:Instagram

女優になることを両親に伝えたところ、最初は驚かれましたが、それからはレベッカをずっとサポートしてくれているそうです

話題のドラマ『またの名をグレイス』にも出演!
レベッカ・リディアードのデビューと過去出演作品

大学を卒業したレベッカは舞台に出演し始めます。

2014年に出演した『Big Maggie(原題)』ではACT-CO アワードで最優秀助演女優賞を受賞。

2015年には『Kate & Sam Are Not Breaking Up(原題)』でドラ・アワードの最優秀助演女優賞にノミネート。

2016にはカット・サンドラー作の『Mustard(原題)』でティーンエージャーのタイ役を演じ、さらに注目を浴びました。

舞台『Mustard(原題)』
引用元:Drew Rowsome

また数本のショートフィルムに出演した後、

2013年にカナダの刑事ドラマ『マードック・ミステリー〜刑事マードックの捜査ファイル〜』にゲスト出演。

2015年にはコメディードラマ『Man Seeking Woman(原題)』に出演し、

ショートコメディードラマ『MsLabelled(原題)』では主役のエラを演じました。

ショートコメディードラマ『MsLabelled(原題)』
引用元:Nerdophiles

そして2016年、『フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル〜謎解きの作法〜(原題:Houdini & Doyle)』アデレード・ストラットン巡査役をゲット!

ドラマ『フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル〜謎解きの作法〜(原題:Houdini & Doyle)』
引用元:Wild About Houdini

舞台やドラマには出演していましたが、まだ事務のアルバイトもしていたレベッカ。

このドラマのオーディションを受けた後もアルバイトを続けていて、
合格の電話はバイト先のオフィスで受けたんだとか!

すぐ荷物を片付けてバイトを辞め、その週末から撮影に入り、6ヶ月間家に帰れなかったそうです。

このドラマで一気に知名度の上がったレベッカ。

2016年にはミステリードラマ『Between/ビトウィーン』ハンナ役で、ホールマーク制作のコメディーロマンスドラマ『For Love & Honor(原題)』カイリー役で出演。

2017年にはカナダの医療ドラマ『Saving Hope(原題)』 にブリー役で出演。

また話題の歴史ドラマクイーン・メアリー 愛と欲望の王宮(原題:Reign)ではマーゴット王女役を演じました。

ドラマ『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮(原題:Reign)』
引用元:Reign Wiki

2017年にはホラーサスペンスドラマ『スラッシャー』アンディ役で出演しています。

ドラマ『スラッシャー』
引用元:actress camera

またネットフリックスで話題のドラマ『またの名をグレイス(原題:Alias Grace)』では、グレイスの親友メアリーを演じています。

ドラマ『またの名をグレイス(原題:Alias Grace)』
引用元:TV,eh?

2018年にはカナダの警察ドラマ『The Detail(原題)』にゲスト出演しています。 

女優だけじゃないぞ!
レベッカ・リディアードの創作活動


ドラマや舞台に大活躍のレベッカですが、彼女は絵を描くのがとても上手なんです!

小さなスケッチブックにペンでイラストなどを描くのが好きなようで、レベッカのインスタには撮影現場やプライベートの様子に混じって、可愛い絵の写真がいっぱいあがっています。

撮影の合間にスケッチブックに描いたイラストをパチリ
引用元:Instagram

雰囲気のある独特なイラストはとっても素敵!

ぜひレベッカのインスタをチェックしてみてください!

一見すると同一人物!
レベッカ・リディ―ドと、エマ・ワトソン

日本人でなくても、レベッカの事を、「エマ・ワトソンに似ている!」という方は多いようです。

こちらはレベッカ!

レベッカ・リディアード
典拠: Pinterest

今度は、エマ・ワトソン。

エマ・ワトソン
典拠:revistaquem.globo.com

はい、こちら再び、レベッカ!!! ↓↓↓

レベッカ・リディアード
典拠: MySeries.tv

再び、エマ・ワトソン。

エマ・ワトソン
典拠: vanityfair.com

静止画だからか、どれが誰だか、訳が分からなくなりますよね(笑)

他にも、女王ヴィクトリア主演のジェナ・コールマンに似ているだとか色々言われています。

ジェナ・コールマン
典拠: vulture.com

少し似ている感じはしますが、エマ・ワトソン程ではない気がします。

またレベッカは『フーディーニ&ドイル』の中ではバッチリメイクですが、
薄化粧の際にはその独特のお顔立ちのせいか、ネイティブ・アメリカンなの?という事が気になるアメリカ人も多いみたいです。

レベッカ・リディアードの薄化粧姿!
典拠: CommonBootsTheatre

どちらにせよ、ベッピンさんですけどね!

彼氏はいるの?
レベッカ・リディアードのプライベート

典拠:IMDb.com

可愛いだけではなく、ちょっと古風で知的な雰囲気もあわせ持ち、歴史ドラマなどの出演も多いレベッカ。

彼女は現在、トロントのセント・ローレンス・マーケット・エリアに恋人と一緒に住んでいるようです。

フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル 〜謎解きの作法〜のインタビューの際に、プレミアエピソードが放送される時には見ますか?と聞かれ、

私のパートナーは絶対に見ると思うけど、私は多分、目を隠しながら見ると思うわ。

と答えています。

なんだかキュートですね!

休みの日には自転車に乗って、あちこち行くのが好きなんだそうですよ!

レベッカ・リディアードの最新作
『Frankie Drake Mysteries(原題)』

レベッカが出演している『フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル〜謎解きの作法〜』は20世紀初めのロンドンを舞台にしたミステリードラマ。

ドラマ『フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル〜謎解きの作法〜』
引用元:Post City Magazines

アメリカの有名な奇術師フーディーニと、シャーロック・ホームズ生みの親アーサー・コナン・ドイルの2人が様々な怪事件に挑んでいきます。

フーディーニとドイルは実在の人物で、本当に友人同士だったそう!

レベッカ演じるアデレード・ストラットンもロンドン警視庁初の女性巡査で、実在の人物。

この役を演じるにあたってレベッカはアデレードについて色々とリサーチしたといいます。

20世紀初めのロンドンで初の女性巡査となった彼女が、どうやって困難に立ち向かい、生き抜いていったかを考えながら役作りしたそうです。

このドラマがメジャーデビューとなったレベッカ。

フーディーニ演じマイケル・ウェストンと、ドイル演じるステファン・マンガンというベテラン俳優と共演ということで初めは緊張していたそうですが、ドラマと同様、2人にも受け入れられ、生き生きとアデレードを演じることができたようです。

現在、レベッカは1920年代のトロントを舞台に女性だけの探偵事務所のメンバーたちが活躍するドラマ『Frankie Drake Mysteries(原題)』にレギュラー出演しています。

ドラマ『Frankie Drake Mysteries(原題)』
引用元:Cultura en Cadena

これからのレベッカの活躍がますます楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!