仲良しが一番!病気を乗り越え、かつみさゆり「しくじり先生」でなれそめや、数々の借金返済ビジネスを語る

そんな矢先「どんきほ~て」相方が実家を継ぐため、解散してしまう。

55

本業はしっかり頑張っていたかつみさん・・・
その為、ピン芸人となり、若手が断るような厳しくて、怖い仕事もすべて引き受けたという。

更に、大富豪の父親がなくなり、生前どこかの会社の保証人になっていたのか、10億円の負債を課せられたという。

56

急いで吉本の弁護士さんに相談し、遺産放棄。

その時、再び借金が「2億」に戻った事で、「これなら返せる」という心理に!ww

中田カウス師匠のススメで、夫婦漫才コンビを!

05 00年コンビ結成

その後中田カウス師匠のすすめで、夫婦漫才コンビを組んだ二人。

「ボヨヨ~ン!!!」は元は、かつみを応援する「がんばるポン」だった。

「ボヨヨ~ン!!!」は元は、かつみを応援する「がんばるポン」だった。

過酷なロケ、怖い取材ばかりをするかつみさんを、カメラの陰から小さなポンポンを持って応援していたところ、両手がふさがる為、首にかけられるように工夫し、ついには頭に取り付け「頑張るポン」と呼んでいたが、今では立派なギャグに!

06

ところが、元々体の強くなかったさゆりさんは、多忙なスケジュールに、ついに番組収録中に倒れ、緊急搬送されてしまう。

過酷なスケジュール

過酷なスケジュール

結果「卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症」の3つを併発している事がわかる

結果「卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症」の3つを併発している事がわかる

「10年後には生きていない」と医者に言われたという。

「芸人として、舞台の上、TVで死ねるなら本望。
自分が寝ている事で、借金の返済が滞ったらどうしよう」
と、すぐに復帰しようとするさゆりさんに、かつみさんと初めて夫婦喧嘩。

「アホか~!!! さゆりちゃんが生きているだけで人生の支え!」

「アホか~!!! さゆりちゃんが生きているだけで人生の支え!」

この世の中に、命以上に大切なものなんか何もないんじゃ!」

「この世の中に、命以上に大切なものなんか何もないんじゃ!」

と、初めてみる顔と声で泣くかつみさんに、やっと手術を決意。

仕事が終わって、毎日病室に泊まり込むかつみさん。

眠るさゆりさんを見て、自分を責めたという。

63

そして自分が独りよがりであったことに気付いたという。

さゆりさんは1ヶ月後、無事退院。

すっぴんもかわいい、かつみさゆりさん

すっぴんもかわいい、かつみさゆりさん

そして今まで、知識もないのに自分の独断で勝手に決めていたビジネスに、初めてプロのアドバイスを得て、ビジネス経営をしようとする。

年商1億のボヨヨンスイーツガーデン開店

ボヨヨンスイーツガーデン

ボヨヨンスイーツガーデン

一発逆転を狙わず、リーズナブルで学生さんにも来てもらえるようなお店にしたという。

すると、初年度から年商1億円を突破。
黒字経営で、借金もどんどん小さくなっていったという。

67


次ページ:最終章、同じように借金で苦しむご夫婦へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!