画像アリ『マヤ暦だと2012年世界終焉説』を調べていた15歳カナダ人少年ウィリアム・ガドリー君が、最大級の遺跡を星座と衛星写真から発見した映画みたいな件について詳細!

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

2016年5月10日、とんでもないニュースが飛び出しました。

典拠: stiintasitehnica.com

典拠: stiintasitehnica.com

マヤ最大級の古代都市が、
カナダに住む少年によって発見される

素晴らしい発見がカナダの15歳の少年によって達成されました。
同国に住むウィリアム・ガドリー君は星座の星の配置を地図に当てはめることで、ジャングルに被われたマヤの古代都市を発見することに成功した!

以前より中央アメリカの古代文明に興味を惹かれていたガドリー君は、星座の星の並びとマヤの古代都市の配置を観察していました。
そしてある時、その星座の星とマヤの古代都市の位置に関連性があることを発見するのです!

22の星座の星が117のマヤの都市に一致していることを確認したガドリー君は、23番目の星座の星の一つに一致する都市がないことに気づきます。
その場所は、メキシコのユカタン半島。
ガドリー君はカナダの宇宙局に事情を説明し、当該箇所の衛星写真を撮影。
そして、ピラミッドと思われる古代都市の一部の発見につながったのでした。

「星座に存在する明るい恒星の位置がマヤの古代都市の場所と一致していると発見したときは、本当に驚いたよ」とガドリー君は語っています。

ガドリー君はこの新たな都市を「K’aak Chi」と命名。これは「火口」を意味しています。それにしても、他の科学者達が数百年かけてもわからなかった事実を発見したガドリー君に拍手を送りたいですね!

なお、この場所はメキシコの都市部からかなり離れた場所にあり、遺跡の探索は容易ではないとのことです。

Sorae.jp 2016.05.11 ニュース

古代文明大好き少年、
ウィリアム・ガドリー君の興味がすごい

ウィリアム・ガドリー君

ウィリアム・ガドリー君

ウィリアム・ガドリー(William Gadoury)君・15歳は、ケベック州セントジョアン・デ・マサに住む高校1年生。

今回発見された都市はメキシコにある古代マヤ文明のものと思われるもので、4600年前の廃墟。

ウィリアム君は、マヤ文明の『2012年世界終焉説』を知ってから、南米の古代文明に興味を持つようになったという。

彼は星座に目を向けて、その答えを導き出そうとしたといいます。

ウィリアム君曰く

「古代マヤ人は、建築にかけてはとても素晴らしい技術を持っていたと思う。

でも不思議な事に、彼らが建物を建てた場所はしばしば、何の意味もないような、川からとても遠く離れていたり、肥沃な土地もない場所だったり・・・
高度な文明を築いていたことから考えると、奇妙に映ったんです」

次ページ: そして彼は、マヤ人の得意分野・天文学に目を向ける。

スポンサーリンク
レスポンシブ PC