スティーヴンマッキントッシュ『刑事ルーサー』ナレーションも大人気の渋声イケメン俳優のワンダーラストやロケットマンなど過去人気出演番組作品

こんにちは、「にぎわす.com」のMaoです。

現在NHK BSプレミアムにて絶賛放送中、

刑事ルーサー
(原題:LUTHER)

Luther YouTube

典拠: YouTube

みなさん、観ておられますでしょうか?

その中から今日は、主人公のルーサーが最も信頼を置く友人役、

イアン・リード演じている

スティーヴィン・マッキントッシュ

をピックアップしてみたいとおもいます。

これまで数えきれないほどたくさんの映画やTV番組で活躍している実力派俳優ですが、
年代問わず何かしらの作品を通して顔を覚えている人も多いのでは?

今回は彼の生い立ちやプライベート、人気出演映画などに迫っていきたいと思います。

『刑事ルーサー』のメイン出演キャスト

Luther cast RadioTImes

典拠: Radio Times

ジョン・ルーサー役イドリス・エルバ
・・・(日本語吹き替え:坂詰 貴之)

アリス・モーガン役ルース・ウィルソン
・・・(声優:沢城 みゆき)

イアン・リード役スティーヴン・マッキントッシュ
・・・(声:清水 明彦)

ゾーイ・ルーサー役インディラ・ヴァルマ

マーク・ノース役ポール・マッギャン

ローズ・テラー役サスキア・リーヴス

ジャスティン・リプリー役ウォーレン・ブラウン

スティーヴン・マッキントッシュ プロフィール

StevenMackintosh Telegraph.co.uk

典拠: Telegraph

名前: Steven Mackintosh(スティーヴン・マッキントッシュ)

生年月日: 1967年4月30日(年齢 52歳)

出生地: 英国ケンブリッジシャー・ケンブリッジ

活動分野: 俳優、声優、ナレーター、

出身校: 
イックニールド・プライマリー・スクール、
ソーストン・ヴィレッジ・カレッジ、
ドラマワイズ・シアター・スクール、

身長: 170 ㎝

好きなスポーツチーム: マンチェスター・ユナイテッド

父: マルコム・マッキントッシュ

母:  ドロシー・パリス

姉妹:  リンダ・マッキントッシュ

妻: リサ・ジェイコブス

娘: マーサ、ブライス

『刑事ルーサー』出演中!
英国俳優スティーヴン・マッキントッシュの生い立ちと学生生活

StevenMackintosh Pinterest

典拠: Pinterest

イギリスのケンブリッジ出身のスティーヴン・マッキントッシュですが、その才能は早くも開花していたようです。

家族構成は両親と妹の四人家族。
父親は大工で母親はOLの至って普通の家庭で育ちました。

ケンブリッジシャーに位置する大きな村ソーストンにある小学校に入学し、

若くして演劇の世界に目覚めたスティーヴンは演劇学校に通い始め、なんと12歳という若さで舞台俳優としてのデビューを飾りました。

その後スティーヴンはヒルズ・ロード・シックス・フォーム大学に入学するものの、俳優業に専念するため、中退しています。

彼の俳優業のかける想いが見受けられる潔さですね!

スディーヴンの才能は次第に開花し、デビューから休むことなく、現在52歳に至るまであらゆる分野で活躍していくこのとになるのです。

スティーヴン・マッキントッシュのデビューと過去出演作品『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』など

スディーヴンは舞台俳優としてデビューを飾りましたが、その後、彼の存在感ある演技が買われ、TV番組や映画でも活躍するようになりました。

1985年に公開されたテレビドラマ『The Secret Diary of Adrian Mole, Aged 13 3/4(原題)』英国作家スー・タウンゼント著

で主人公のエイドリアン・モールの親友役に抜擢されました。

この頃の金髪で冴えない顔の少年スティーヴンがとっても愛くるしいんです。

引用元:printerest.com

まさかこの後何十年にもわたり活躍する大スターになるなんて、
この時誰が予想できたでしょうか。

スティーヴンは早々と1987年公開コメディードラマ映画『PICK UP YOUR EARS(原題)』でめでたく映画デビューを果たします。

1990年公開の戦争映画『メンフィス・ベル』や、

1996年公開のシェークスピアの作品を題材にした『十二夜(原題:Twelfth Night)』などに出演を果たし、

スティーヴンは順調に俳優としてのキャリアを積んでいきます。

1998年には、その年の年間興行成績1位を記録した大ヒット作、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』にウィンストン役で出演し、世にその名を馳せました。

2006年公開のアクションホラー映画『アンダーワールド・エボリューション』、シリーズ作品で2009年公開『アンダーワールド・ビギンズ(原題:Underworld: Rise of the Lycans)』ではタニヤ役で出演しています。

日本人気が高かった『キック・アス』の続編で2013年公開映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(原題:Kick-Ass 2)』にもトミーズダッド役で出演し、若い世代にも馴染みのある顔になったのでは?

SM TheGrowingPainsOfAdrianMole 1987 VHistory.wp.com

こちらは、1987年『(原題)The Growing Pains of Adrian Mole』に出演した際の若き日のスティーヴン
典拠: VHi Story.wp.com

これだけの功績を残す俳優なだけあり、スティーヴンは役者としてかなりストイックで、

TVドラマ『第一容疑者5(原題:Prime Suspect5』ではマンチェスター出身の男役を演じる際、訛りを習得するのにマンチェスター出身の人気ロックバンド『オアシス』のメンバーが話しているテープを何度も聞いて練習したんだそう!

やはり何かで成功する人は影で人並みならぬ努力をしているんですね!

そんなスティーヴンだからこそ、彼の活躍はとどまることを知らず、現在に至ってもあらゆる作品に出演しており、誰もが一度はテレビや映画で見かけたことがあるのではないでしょうか。

役者だけじゃないぞ! 
スティーヴン・マッキントッシュの、声の活躍

StevenMackintosh Pinterest

典拠: Pinterest

スディーヴンの活躍は役者としての仕事だけにとどまらず、ナレーターとして長年声のお仕事でも活躍しています。

出演番組は、2003年放送ナショナルジオグラフィックチャンネルの人気ドキュメンタリー番組『Explorations (原題)』や、

2007年から2014年に渡ってBBCで放送されたドキュメンタリー番組『Horizon(原題)』、

2017年ヒストリーチャンネルで放送された『アメリカン・リッパー 猟奇連続殺人の真相(原題:American Ripper)』などがあります。

スティーヴン・マッキントッシュがナレーション!
2013年 科学番組
『Aliens: Are We Alone』[英語・動画]

Aliens Are We Alone: Does Alien Life Exist? | Alien Documentary | Reel Truth Science

『Aliens: Are We Alone(宇宙人: 我らは唯一の生命体か)』なんて、とても興味深いですね!

彼の深みがあって説得力抜群な声はドキュメンタリー番組で引っ張りだこになり、

他にも2017年から2018年BBC-ONEで放送された『Saving Lives At Sea(原題)』など、数多くの有名ドキュメンタリー番組に出演しています。

声の仕事に俳優業まで、忙しいったらありゃしないスティーヴンですが、

プライベートの時間なんてあるんでしょうか!?

スティーヴン・マッキントッシュのプライベートと
気になる年収もすごい!

スディーブンは1989年女優のリサ・ジェイコブと結婚し、現在27歳と23歳になる2人の娘さんがいます。

奥さんとは舞台で共演したのをきっかけに意気投合し、結婚に至ったようです。

長女のマーサちゃんは女優としても活躍しており、Sky one放送コメディードラマ『Stella(原題)』にケイティー役で出演しています。

美男美女の娘はやっぱり美女!

彼女、驚くほどの美人なのです!

引用元:Martha Mackintosh Instagram

彼女のインスタグラムでは父親との写真がたくさんアップされていて、仲の良さがうかがえます。

引用元:Martha Mackintosh Instagram

スティーヴンはプライベートでサッカー観戦が趣味なようで、マンチェスターユナイテッドFCの大ファンなんだとか!

また2019年度の予測純資産ともなると、純資産が1~10億円になるそうですよ!
すごいですねー!

『ワンダーラスト』だけじゃない!スティーヴン・マッキントッシュの、最新作

現在英BBCで放送中の人気テレビドラマ『刑事ルーサー(原題:Luther)』はシーズン5まで続いており、スディーヴンも主人公ルーサーの友人イアン役で出演しています。

日本でもNHKで絶賛放送中です!

                                           引用元:listal.com

他にも、BBC ONEとNETFLIXの共同制作、熟年夫婦の倦怠期を描いた作品『ワンダーラスト:幸せになるためのセラピー(原題:Wanderlust)』で旦那アラン役を演じているんですが、こんなお父さんがいれば自慢しちゃうぐらいシャレオツおじさん感がすごいんです!

こんな父親だったら誰もが自慢したくなるはず!

引用元:culture whisper

更に、日本でも大ヒット公開中の伝説のミュージシャン、エルトン・ジョンの音楽人生を描いた映画『ロケットマン』にも、主人公の父親として出演しています。

 引用元:imdb.com

ワンダーラスト:幸せになるためのセラピー』で演じた穏やかな旦那さん&父親のスティーヴンとはまるで違う、厳格な父親を演じていて、同じ俳優と思えないほど、印象が変わります。

まさにカメレオン俳優です。

スティーヴンの今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク