ポールリース『ヴィクトリア』出演俳優のマードックミステリーズなど作品や身長、マシューリースとの関係

こんにちは、「にぎわす.com」のふじさんです^^

今回NHKでも始まりました、海外ドラマ
女王ヴィクトリア 愛に生きる
(原題: Victoria)

みなさん、観ておられますでしょうか?

出典元:Buss Express

その中から今日は、
女王ヴィクトリアの側近の一人、
サー・ジョイ・コンロイ役
ポール・リース
で賑わってみたいと思います。

典拠: Vision TV

本作では、ヴィクトリア陣営と敵対する嫌われ者を演じてますが、実生活ではどんな顔を持つ人なんでしょうか?

ちなみに同じポール・リースを英語でググると、こんな人も。

出典元:Goodreads

こちらは、ニュージーランド出身の作家、ポール・リース・マウントフォード氏。
オーラックとセルティックとノルウェーの伝統を専門とする作家、研究者、ワークショップのリーダーです。
『Ogam: The Trees of the Celtic Oracle(原題)』の著者です。

出典元:amazon

とまぁ、ポール・リース繋がりの著名人はこのくらいにして…。
本命、『ヴィクトリア』のポール・リースについて詳しく見ていきましょう!

『女王ヴィクトリア 愛に生きる』のメイン出演キャスト

典拠: Radio Times

女王ヴィクトリア役ジェナ・コールマン
・・・(日本語吹き替え: 蓮佛 美沙子)

ザクセン=コーブルク=ゴータ公国公子アルバート役
・・・トム・ヒューズ声優:前野 智昭)

メルバーン役ルーファス・シーウェル・・・(声:堀内 賢雄)

ケント公妃役キャサリン・フレミング 

サー・ジョイ・コンロイ役ポール・リース 

王室侍女エリザ・スケレット役ネル・ハドソン

ポール・リース プロフィール

~宣材データ、出演番組より~

典拠: 1843 Magazine

名前: Paul Rhys(ポール・リース)

生年月日: 1963年12月19日(54歳)

出身地: 
英国ウェールズ・グラモーガン、ニース

活動分野: 俳優

身長: 191㎝

出身校: 王立演劇学校(RADA)

ポール・リースの生い立ちと学生生活 

ポールは、1963年12月19日、イギリス・ウェールズ地方出身生まれの現在54歳。

アイルランド系ウェールズ人のお母様:キャスリーン・アイボリーさんと、
生粋のウェールズ人のお父様: リチャード・チャールズ・リースさんご夫婦の間に生まれました。

出典元:ArticleBio

カトリック教徒だった両親の元で育ったポールは、10歳の時に出生地南ウェールズ地方グラモーガンから同地方ペンコイドへ移住。

若いころはパンクに情熱を傾け、いくつかのバンドに在籍していたとのこと。
イギリスのパンクバンドって本家本元って感じでかっこいいですよね!
ポールもきっと当時はイケイケ(古い)のバンドマンだったんでしょう。

それから、ロンドンにある王立演劇学校へ進学。
在学中から、本格的に俳優活動を開始。
卒業も、数多くの舞台や映画、テレビドラマに出演してます。

この王立演劇学校、すごく格式高い学校で、数多くの俳優たちを世に出してますよ。

ポール・リース以外にも、『ジ・アメリカンズ』で人気を博したマシュー・リース、
『ジェラシックパーク/ロスト・ワールド』の白髪の博士、ジョン・ハモンド役で有名なリチャード・アッテンボロー、
2010年公開のディズニー映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』でヒロインを演じたジェマ・クリスティーナ・アータートン等々。

今では、皆さんイギリスを代表する俳優・女優さんになってますね!

それでは、ポール・リースが出演した作品を詳しく見ていきましょう!

『ジ・アメリカンズ』マシュー・リースは良きライバル!?
ポール・リースの、デビューと過去出演作品

1950年ジャズ世代~60年ロック世代へと移るイギリスの若者を描いた映画『Absolute Beginners(原題)』(1986年)で、ディーン・スウィフト役でスクリーンデビュー。
それ以後、演劇学校在学中から、舞台・TV・映画で活躍の場を広げます。

また、『十戒』(1956年)のリメークとして、米ABCネットワークで放送されたTVシリーズ番組『十戒(The Ten Commandments)』(2006年)では、ラムセス2世を演じています。

出典元:Bible Films Blog

カナダの超ロングヒットランミステリードラマ『マードック・ミステリー~刑事マードックの捜査ファイル~(原題:Murdoch Mysteries)』。

日本でもLaLa TV、TOKYO MX等で放映されたこのドラマではポールは「フランシス博士」として出演。

出典元:Murdoch Mysteries Wiki

シーズン1から主人公マードック刑事の相棒役オグデン検視官の代役として、シーズン4に第1~3話のみ、病理学者のフランシス博士を演じます。
物語では、マードックと意見が対立する、新しい技術を受け入れない堅物役です。

どうもヴィクトリアのサー・ジョイ・コンロイ役、
『十戒』のラムセス役、
そしてこのフランシス博士の役といい、ポールは、融通の効かない、主役の邪魔する堅物役…という役柄が多いようですね。
あくまでイメージで、ご本人はきっとそうではないんでしょうけれど。。。

その一方で、ポールは、ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン、
イギリス労働党の政治家ピーター・マンでルソン、
ビートルズのポール・マッカートニー、
イギリスの評論家トマス・ド・クインシー
などイギリスで活躍した多くの著名人も演じてます。

ポールは、恋愛・コメディより歴史・史実ドラマを演じるのが得意な俳優さんなんですね。

上記の作品以外にも映画・TV・舞台で幅広く活躍し、数々の賞にも輝いた経歴のあるポール。
しかし、その一方で、最近やっと準主役をゲットできた作品ではちょっとした悲しい出来事も…。

ポールは、2014年、米ABCで8話放送予定のミニドラマ『The Assets(原題)』で実在のCIAエージェント、オルドリッチ・エイムズ役を演じます。

出典元:WalesOnline in the Assets(2014)

この人物は、1941年、ソ連国家保安委員会(ソ連版CIA組織)のスパイであることが発覚し1994年に逮捕された実在の人物。

このドラマ、実は、ABCというメジャーな放送局で放映されたにも関わらず、
視聴率が低すぎるのが原因でわずか3話放送した後、すぐに打ち切り!

この視聴率低迷の原因の一つが、同じ時間帯に放映されたこれまた同じ内容のシークレット・エージェント物のシリーズ・ドラマ『ジ・アメリカンズ』が大好評だったことです。

このドラマの主役で、一気に有名になったのが、マシュー・リース

出典元:海外ドラマNAVI

この人、ポールと同じ王立演劇学校卒の後輩!
自分の後輩のドラマとの視聴率競争で敗れ、ドラマは打ち切りに追いやられることになったポール。
なんとも、実力主義の厳しい世界ですね~。

身長191cm! 超大柄!
ポール・リースのプライベート

身長191cmと大柄で、威厳漂うポール。
この恵まれた風貌と英国紳士風の気品から彼は、ゴッホやジョージ三世など歴史上の大物を演じることも多いようです。

さて、そんなポールですが、プライベートの方はどんな感じの方なんでしょうか?

ポール・リース、恋愛歴の方はというと、
英BBC1で『1993年放映されたラブロマンスドラマ『Gallowglass(原題)』で、
共演のアーキ―・ホワイトリーと過去付き合っています。

出典元:Find A Grave

アーキ―は、オーストラリアの女優で、将来を有望されてた方ですが、わずか37歳で他界されてます。

ポールもショックだったでしょうね…。

ポールは若い頃こそ、浮名を流したようですが、それからはぷっつり恋のお話は途絶えます。
仕事に忙しかったんでしょうかね?

そして、現在の奥さんアメリカのTV・映画の脚本家でありプロデューサー業もこなすキャサリン・ファゲイト(52歳)と結婚。

現在、彼女との間に、一人娘マデリン・バーバラちゃんがいます。

出典元:katherinefugate instagram

でも、ポールは、ほとんど自分のプライベートのことを語らないし、夫婦ツーショット写真もなし!

しかし、ファン情報によると、離婚の噂等全くなしとのことなので、結婚生活は良好のようです^^。

仕事にプライベートに順調そのもののポール。

今後の活躍にも期待したいですね!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC