小林真央さん死去:医療関係者、元乳がん患者はかなり早くに気付いていた・・・長くないって事を。

突然ですが、悲報が出ましたね・・・。

小林真央さんの死去(34)・・・まだ34歳でした。
小さな5才の女の子と、4才の男の子を残して逝ってしまわれました。

典拠: 目指すはフライデー!週刊文春

今、私の家族は涙しています。

なぜなら、真央ちゃんより1年早く、私の家族も乳がんで闘病しました。

もちろん、「がん」と宣告された時は、まさに「ガーーーン」と頭をフライパンで叩かれたような衝撃でした(冗談ではないのです)

賛否両論あるでしょうけれど、今日は、癌と闘った家族の、ひとつの意見としてお読みください。

本来の乳がんの発症率と死亡率、そして再発率

本来「乳がん」って、女性の14人に1人がなると言われています。

一説によると6人に1人。

そして亡くなるのは、そのうちの10~30%。

そして「乳がん」の死亡率は、「癌」の種類としては一番低い方。

「やったぜ、治った!」となっても、再発率がすごく高いのも、乳がんの特徴です。

「自分は男性だから大丈夫」と思っていても、あれは巨乳?にできる癌ではなく、「乳腺」にできる癌。

男性もなる可能性は充分あります。

まあ乳がんでなくても現在は、2人に1人が癌になる時代。

もはや「自分はならない」と思っているほうが、どうかしている時代がきてしまいました。

乳がんを取り巻く、通常の状況

当初私達家族は、そんな知識はもちろんありませんでしたし、「癌」といったら「死ぬもの」と思っていましたよ。

だから、母が癌と言われた日から2~3日、私は自分の部屋で泣きました。

「この人の人生、ここでこんな風に終わるの?!」と思いました。

「3ヶ月前くらいから、胸にしこりがあったんだ」と言われた時には、なぜ早く病院に行かなかったのか、母を責めましたよ。

乳がんのしこりって、すごいんです!  
握りこぶしの一番、硬いところくらいゴッリゴリのヤツが、胸の中にあるんです。
気付かないはずないんです!

「乳がん」に対する正しい知識を学ぶ

ここから、通常の乳がん患者のケースを、少し読んでみて下さい。

ところがうちでは、家族が病院に勤めていた為、「母が乳がんだと言われた。ステージ3だった」と病院で、公言したところ、
驚くべきことに、看護婦さんや、お医者さんがこぞって、
「あ~、大丈夫、乳がんはタダじゃぁ死なないから。
実際は、中小規模の市町村で、2~3人死ぬかどうかという、パーセンテージだから」
と、なぐさめるでもなくケロっとしている。

どんどん検査が進むと、どうやら遺伝性の強い癌。

母は一族で、「乳がん」1人目だったので、娘の私達は「毎年検査にきちんと行くように!」と強く勧められた。

更に、この辺りからが相変わらず我が家が起こす奇跡なのですが・・・母の癌は3cm以上あったのに、1回のハーセプチン(2008年に認可された抗体治療薬)で消えてしまった。

・・・・・・え?

「しこりがなくなった」と騒ぐ母に、医者も「んなワケない!」と信じず、検査をされたが、ほんとに消えており、医者も眉唾モノ!

もちろん、急きょ「発表したいので、写真とデータを取らせてくれ」&「念のため、ハーセプと抗がん剤は続けましょう」状態。

・・・そりゃそうだわね、そんなもんで治れば、誰も闘病期間は要らない。

例え、うちの母のはちょっと異例?だったとしても、数日間、最終的なに癌のあった部分の切除の為、入院したりはあったものの、後は通いで、1~1年半でケロリと治ってしまった。

副作用で吐いたり、手足がしびれて、家族も大変でしたけどね・・・。
髪も全て抜けましたし・・・。

大型病院の周りの乳がん患者さん達も大体、そんな感じでした。

私も、夜勤の合間などに、離れた病院までいつも母を送り迎えしました。
「寂しくないよ」と、母と同じように、頭を丸めようとしたこともありましたっけ。。。

後は、再発していないかどうか、決められた定期で検査に行くだけで、それもサイクルが長くなり、そんなに大変ではなくなります。

ステージや転移具合にもよるけど、通常の乳がんは(かなり簡単に言うと)そんな感じ。

ちなみに近い将来、乳がんは「外科」ではなく、「内科」の分野に入るかもしれないそうですよ!
よいお薬が沢山、入ってきているからかな。

なぜ「小林真央ちゃんはどうもマズイぞ」と、
医療関係者と元患者たちは気付いたか

医療関係者や、元乳がん患者たちは、かなり早くから「もう真央ちゃんはダメだろう」と話していました。

先程、通常の乳がん患者の闘病期間をお伝えしましたが、真央ちゃんの場合は、最初からどうも様子が違いました。

大きな疑問:その1
「治療に入るまで、なんで時間を取ってたの?」

医者に「授乳期のハリ」だと判断されたのか、2度も勘違い(誤診)され・・・

3度目の病院では、抗ガン剤の使用を許可するか、拒否するかを決断するのに、ご家族で、かなり時間を要しておられましたよね?

医療関係者に言わせれば、「そもそも乳がんに対する知識があったのなら、それも判断でしょうが、そうではないのに、なぜ治療も受けずに、長引かせた?」という意見があります。

一度リンパに癌が移ったら、一気に全身に散ってしまうじゃないの!
そもそもステージ4(でしたっけ?)の時点で、もはやリンパには移っています。

・・・という事は、もはや全身に米粒を散らしたような状態なワケです。

おそらく、最初に発見した部分なんて、途中からすでに胸から飛び出ていた状態ですよね?

そうこうするうちに、言わんこっちゃない・・・・・・真央ちゃんは、肺や骨にも転移していました。

ブログには病気の過程、全て記載していないのでしょうが、医療関係者や患者からすると、なぜなぜ? だらけでした。

大きな疑問:その2
「通常の乳がん患者より、とにかく期間が長すぎる・・・」

更に、通常なら1~2年で、少なくとも『治る』とか、『癌を(切り取って)せき止めた』方向に向かうものが・・・・・・真央ちゃんの場合は、なぜかとにかく治らない。

ブログを拝見する限り、とにかく治療を続けている。

ブログで、真央ちゃんも海老蔵さんも、とにかく希望を持って闘病しておられましたね。

希望を持って、意欲的に治療に取り組むのはとてもいい事だと思いますが、決断の時期がね・・・。

もっと言えば、

乳がんって、女性ホルモンが大きく関係しているので、属にいう「女性らしい体格の方」ってなりやすいと言われていわれています。
(他にも、子どもを産んだ事がある、とか、授乳したことがある、とか色々「なりやすい」と言われる条件があるようですが・・・)

乳がんを患っていても、ふくよかな女性は数多くおられます。
逆に、闘病期間中でも、「急に、スポーツをし始めた」とかでない限り、急にガリガリに痩せたり、太ったりという体格の変化はない人が多いです。

(ガンってガリガリに痩せるイメージ強いですけど、乳がんはそんな感じ)

ところが、真央ちゃんは、痩せる痩せる・・・臓器などに転移もあったせいか、ガリガリになってゆく・・・。

「これはもはや乳がんの域ではない・・・」と言い切れるくらい、途中から急加速で痩せていっていました・・・。

TV前の医者、看護婦一同「ああ・・・。」のひとこと。

大きな疑問:その3
「癌が転移しているのに、家に戻ってきている」

更に、1ヶ月前ほどに、やっと家に戻ってこられた際には、癌を知らぬ視聴者が「あー、やっぱり、良くなってきているせいか、血色が良くなっていますね!」などと、コメントしていました・・・。

患者たちは、TVの前で「はぁ?」状態ですよ。

更に、次に癌がなぜかアゴに転移している。

「アゴに転移」って簡単に言いますけど、「アゴに癌ができた」状態ですよ。

典拠: 彼女ちゃんねる

普通、あなたがアゴに癌ができたらどうします?
慌てて、病院行きますよね?
おそらく入院させられますよね?

この人の場合は、もはや家に帰ってきている・・・逆でしょうよ。

「もう余生を家でお過ごしなさい」状態だった事は、明らかだったのではないでしょうか。

そんなワケで、お医者様、看護婦さん、元乳がん患者、その家族・・・み~んな「真央ちゃん・・・」って気づいていましたよ。

「なんで? なんで?」の疑問とともに、気づいていましたよ。

自分と同じように頑張って闘病している方の事だから、みんな応援していましたから、「こりゃマズイぞ」とは口にしませんでしたが、寄ると触ると、最初の年から「あれはもう・・・」って、わかってましたよ。

責めるわけじゃないけど、残されててゆくご家族がかわいそうですよ。

少しでも体に異変を感じたら、病院行こうよ・・・
病院で治療法を提示されたら、決断まで時間を取りすぎちゃ、ダメだよ・・・。

一緒に闘病した、家族からの意見です。

病院へ行くのを億劫がったり、命を粗末にしちゃいけないんですね・・・。
真央ちゃんだって、とっても命を大切にしていただろうけれども、こんな事が起こるんだから・・・。

P.S.
真央ちゃんのブログのところに、間違いがあったらゴメンなさい。
逐一、時系列で追っているわけではないので・・・。

スポンサーリンク
レスポンシブ PC
レスポンシブ PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ PC