ケイトリンステイシー『クイーンメアリー』ケナ役はお騒がせ系バイセクシャル?!身長や彼氏など画像

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

本日は、2016年(平成28年)9月NHKスタートの番組

『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮(原題: Reign)』出演中の、

典拠: pinterest

典拠: pinterest


女官:ケナ役

ケイトリン・ステイシーちゃんに迫ってみたいと思います。

日本ではあまり知られていない女優さんですが、実は色~んな一面のある方!
是非是非、驚いて下さい(笑)

クイーン・メアリーのメイン出演キャスト

典拠: Tumblr

典拠: Tumblr

メアリー・スチュアート役アデレード・ケイン・・・日本語吹き替え: 一杉 佳澄
フランス王太子フランソワ役トビー・レグボ・・・声: 堀江 一眞
バッシュ(セバスチャン)役トーランス・クームズ・・・声:前田 一世

仏国王アンリ2世役アラン・ヴァン・スプラング
仏王妃カトリーヌ役ミーガン・フォローズ

ケナ役ケイトリン・ステイシー
ローラ役アナ・ポップルウェル
グリア役セリーナ・シンデン 
エイリー役ジェネッサ・グラント 

ノストラダムス役ロシフ・サザーランド

ケナ役ケイトリン・ステイシー公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: pinterest

典拠: pinterest

名前: 
Caitlin Stasey(ケイトリン・ステイシー)

本名: 
Caitlin Jean Stasey
(ケイトリン・ジェーン・ステイシー)

愛称:  Cat、Catty、Caitz

生年月日: 1990年5月1日(26歳)

出身地: 
オーストラリア・ビクトリア州メルボルン

活動分野: 女優、歌手

身長: 157㎝

体重: 49kg

胸囲: 89㎝
ブラサイズ:  70C~D

ウエスト: 61㎝

ヒップ: 87㎝

出身校: 
Stars of the Sea College in Brighton、
St. Martins Drama Youth School、

所属事務所: 
Linsten Morris Management in Australia

オフィシャルサイト: 
http://www.herself.com

Facebook 
Caitlin Stasey(@CaitlinStasey)

Instagram (@caitlinjstasey69)

Twitter  (@caitlinstasey)

ケイトリン・ステイシーの生い立ち

1990年5月1日、オーストラリアのメルボルン生まれの歌手であり、女優のイトリン・ステイシーさん

本名は、ケイトリン・ジェーン・ステイシーちゃん。

ご両親は英国ノリッチ出身。
お母さんのサリーさんは、メルボルンにあるSandringham Primary Schoolの演技の先生だそう。

妹のヴィクトリアちゃんが居る。

子ども時代のケイトリンちゃん 典拠: mogaznews.com

子ども時代のケイトリンちゃん
典拠: mogaznews.com

小学校はStar of the Sea Collegeというカソリック系の学校(同じく女優で歌手のホリー・バランスも通って居た)に在籍していたが、現在別にクリスチャンというわけではないらしい。

10歳の時から、「オーストラリア少女合唱団」のメンバーとして、世界中を飛び回り、オーストラリアのQantas航空のシドニーオリンピック前のCMで、ピーター・アレン『I Still Call Australia Home』の再録音に加わった事もあるという!

後にこのコマーシャルは『オーストラリア:最も素晴らしいコマーシャル20選』にも選ばれている。

その少女合唱団の時の経験が、今の歌手活動の基盤となっているわけですね!

ケイトリン・ステイシーのデビューと出演作品

2003年9月、13歳の時、子供向けテレビシリーズ『The Sleepover Club』 で、フランチェスカ(フランキー)トーマスを演じた事に始まります。

『The Sleepover Club』に出演した際のケイトリン(右から2番目) 典拠: thesleepoverclub.wikia

『The Sleepover Club』に出演した際のケイトリン(右から2番目)
典拠: thesleepoverclub.wikia

番組は、オーストラリア、イギリス、アメリカの3か国のニコロデオンで放送されたところ、大人気になったため、ケイトリンはそのままフランキー役で2006年シーズン2で出演続投した。

以後、学業に励みつつオーディションを受ける日々が続いたといい、

2005年(15歳)、オーストラリアの昼ドラ『Neighbours』のレイチェル・キンスキー役に抜擢され、大人気に!

『Neighbours』出演中のケイトリン。 典拠: Quotesgram

『Neighbours』出演中のケイトリン。
典拠: Quotesgram

『Neighbours』レイチェル役を得てから、ケイトリンは通っていた学校を辞め、学校から遠かったり、何らかの理由で通学できない子達の為の教育システム「ディスタンス・エデュケーション・プログラム」を通じて、勉強を続けたという。

そして2008年9月、学校を辞めてまで頑張っていた『Neighbours』を、11月に始まる高校卒業資格テストの受験に集中する為、降板する事を発表!

制作サイドは、メイン同然のケイトリン演じるレイチェル役を、死んだ事にはせず、ケイトリンがまた戻って来れるようにしてくれたという。

また同じ年、ジョーン・マースデンの10代少年少女向け小説『トゥモロー:僕たちの国が侵略されたら(原題: Tomorrow, When the War Began)』の映画化に置いて、主要俳優とも呼べるエリー・リントン役に大抜擢された。

『Tomorrow, when the war began』 典拠: filmeducation.org

『Tomorrow, when the war began』
典拠: filmeducation.org

エリー役を演じた事で高評価を得、オーストラリアで最も名誉ある賞『インサイドフィルム賞』でベスト女優賞を受賞。

その後、漫画やゲームで人気を博した『Wonder Boy』の実写版映画に出演する事になったが、セガ側の事情により停止されている。

12月になると、ノリッチ・シアターロイヤルにてクリスマスのパントマイムショー『Snow White』に出演した。

典拠: pinterest

典拠: pinterest

2013年、自主製作コメディ・ホラー映画『All Cheerleaders Die』にマディ役で出演。
『I, Frankenstein(邦題: アイ、フランケンシュタイン)』にもケザヤ役で出演。

そして同年から2015年まで続いた、アメリカのテレビドラマ『Reign(邦題: クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮)』に出演、クイーン・メアリーに使える、恋愛に慣れた女官:ケナ役を演じている。

『クイーン・メアリー』出演中のケイトリン 典拠: pinterest

『クイーン・メアリー』出演中のケイトリン
典拠: pinterest

2016年2月、Fox pilot APBに、エイダ・ハミルトン役で出演する事が発表された。

次ページ: 演技だけじゃない! ステイシーの才能

スポンサーリンク
レスポンシブ PC