フランソワベルレアン『トランスポーター』タルコニ役の身長や妻と家族、LesChoristesやMomoなど出演ドラマ映画作品

こんにちは! megumielbazです!

 

 

今回地上波では、関西テレビでも始まりました、海外ドラマ

トランスポーター ザ・シリーズ ニューミッション
(原題: Transporter: The Series  New Mission)』

みなさん、観ておられますでしょうか?

典拠:movie & TV Wiki-fandom

 

その中から今日は、

タルコニ警部役

フランソワ・ベルレアン

をピックアップしてみたいと思います!

典拠:Tele7Jours

 

『トランスポーター ザ・シリーズ ニューミッション』 のメイン出演キャスト

典拠: Pinterest

 

フランク・マーティン役クリス・ヴァンス
・・・(日本語吹き替え:藤原 啓治)

タルコニ警部役フランソワ・ベルレアン
・・・(声優:小島 敏彦)

カテリナ・ボルジュ役ヴィオランテ・プラシド
・・・(声: 香坂 さき)

カーラ・ヴァレリ役アンドレア・オズヴァルト

ジュリエット・デュボア役ディルフィーヌ・シャネアック

ディーター・ハウスマン役チャーリー・ヒュブナー

 

フランソワ・ベルレアン プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組などより~

典拠:Ahmed Bahhodh

名前: François Berléand(フランソワ・ベルレアン)

生年月日: 1952年4月22日(65歳)

出生地: フランス・パリ

出身地: フランス・パリ

活動分野: 俳優

身長: 175cm

Facebook François Berléand(@François-Berléand)

 

タルコニ警部役フランソワ・ベルレアンの 生い立ちと学生生活

 

典拠: allcinema.fr

 

 1952年、パリに生まれたフランソワ・ベルレアンは、4歳上の兄フィリップと共に育ちました。

 

 

彼の生い立ちは少々複雑なものだったらしく、家族との生活の中で生じた苦悩にまみれた幼少期を過ごしていたようです。

 

2008年に出版された自伝的小説『Le Fils de l’Homme invisible(原題)』に当時の様子が赤裸々に綴られています。

2008年に出版の自叙伝 『Les Filis de I’Homme invisible(原題)』
典拠:babelio.com

 

その数年後、彼は偶然にも「演劇」と出会います。

 

彼にとって逃げ場でしかなかったそれは、徐々に情熱へと姿を変えていき、演劇のクラスを取るまでになりました。

 

 

そしてロシア出身のフランス女優タニア・バラショヴァより演技の指導を受けたそうです。

 

フランソワ・ベルレアンのデビューと 映画『コーラス(原題:Les Choristes)』など過去出演作品のフィルモグラフィ

 

 パリで舞台に出演していた彼は、1979年にアラン・カヴァリエ監督の『Martin et Léa(原題)』(1979)で映画デビュー。

 

 

80年代には脇役として地道にキャリアを積み、
『On n’est pas des anges… elles non plus(原題)』(1981)や、
『Les Hommes préfèrent les grosses(原題)』(1981)などのコメディのヒット作に次々と出演を果たしました。

 

 

 

そして、彼のキャリアを決定づけることになるピエール・ジョリヴェ監督と出会います。

 

 

 

意気投合した二人は『フレンチ・ノアール/真実と裏切りの掟(原題: Strictement Personnel)』(1985)、

『天使の肉体(原題:En Plein Coeur)』(1998)など立て続けに多くの作品を発表し、

 

その中の一つMa petite entreprise(原題)(1999)での演技が評価されたフランソワは、セザール賞助演男優賞を獲得しました。

 

第25回 セザール賞授賞式にて
典拠:YouTube

 

この成功を皮切りに、彼は数々の名匠たちの作品にも出演するようになります。

 

 

ルイ・マル監督作『さよなら子供たち(原題:Au revoir les enfants)』(1987)や、
『五月のミル(原題:Milou en mai)』

ブリュノ・ニュイッテン監督作『カミーユ・クローデル(原題:Camille Claude)』(1988)、

ベルトラン・タヴェルニエ『コナン大尉(原題:Capitaine Conan)』(1996)

『ひとりぼっちの狩人たち(原題:L’Appât)』(1995)、

 

ブノワ・ジャコ監督作『肉体の学校(原題:L’ecole de la chair)(1998)、

カトリーヌ・ブレイヤ監督作『ロマンスX(原題:Romance X)』(1999)、