エドスペリーアス「ダウントンアビー」ジミー役の教訓!大コケしたのに天狗になって仕事なくなったイケメン俳優の出演作品や身長、結婚などプライベート

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回NHKで絶賛放送中、のイギリス・アメリカドラマ

『ダウントン・アビー
(原題: Downton Abbey)』

みなさん、観ておられますでしょうか?

典拠: Hallels

その中から今日は、

モテモテ使用人(下僕)
ジミー・ケント役
エド・スペリーアス(スピラーズ)

をピックアップしてみたいと思います!

『ダウントン・アビー』
ジミー・ケント役エド・スペリーアス
典拠: Pinterest

筆者:コブタは、ファンタジー映画大好きで・・・
どうもどこかで見たことある顔ですが・・・彼は一体?!

『ダウントン・アビー』の人気出演キャスト

典拠: parade.com

バイオレット・クローリー役・・・マギー・スミス 
グランサム伯爵ロバート・クローリー役・・・ヒュー・ボネヴィル 
伯爵夫人コーラ役・・・エリザベス・マクガヴァン 

長女:メアリー・クローリー役・・・ミシェル・ドッカリー 
次女:イーディス・クローリー役・・・ローラ・カーマイケル

マシュー・クローリー役・・・ダン・スティーヴンス
ローズ・マクレア役・・・リリー・ジェームズ

メアリーの侍女:アンナ・ベイツ役・・・ジョアン・フロガット
コーラの次女:フィリス・バクスター役・・・ラケル・キャシディ

下僕:ジミー・ケント役・・・エド・スペリーアス
副執事:トーマス・バロー役・・・ロブ・ジェームス=コリアー
料理長助手:デイジー・メイソン役・・・ソフィー・マクシエラ

チャールズ・ブレイク役ジュリアン・オヴェンデン

エドワード・スペリーアス(スピラーズ)
公式プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: fanpop

名前: 
Ed Speleers(エド・スピラーズ(スペリーアス))

本名: Edward John Speleers
(エドワード・ジョン・スペリーアス)

愛称・通称: Ed(エド)、

生年月日: 1988年4月7日(28歳)

出身地: イギリス・サセックス・チチェスター

活動分野: 俳優、プロデューサー。

身長: 178㎝

出身校: イーストボーンカレッジ

好きな役者: ジェームズ・ディーン

好きな音楽: 
ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・チェッペリン、

Twitter 
Edward Speleers(@RealEdSpeleers)
※ 沢山のニセご本人サイトが乱立されているので、ご用心!

アイドル並みのモテっぷり!
エドワード・スペリーアスの生い立ち

典拠: Gentleman’s Journal

1988年4月7日、英国はサセックス、チチェスターの聖リチャード病院生まれ(笑)の、エド・スペリーアス! 英国の役者さん。

本名はエドワード・ジョン・スペリーアス

ご両親は、エドが3歳の時離婚してしまったそう。

現在お母様のジルさんはスペインに、ファイナンシャル・コンサルタントのお父様:ジョンさんは、ロンドンに住んでいるそうで、

エドにも、半分血がつながった二人のお兄さんが居るそう。

3歳の頃には、保育所などで演技を楽しんでいたというから、ほぼ子役さんですね!

10歳、小学校の時、学校行事でシェークスピアの『真夏の世の夢』
それに『ピーター・パン』
『A Streetcar Named Desire(邦題: 欲望という名の電車)』
『理チャード三世』『ハムレット』
などに出演します。

デビュー間もない頃でしょうか?
典拠: pinterest

スポーツと音楽、演劇で、この学校から奨学金を得たエドは、英国南海岸の私立大学:イーストボーンに進学したエド、児童虐待と小児性愛(つまりロリコンのマズイやつですね)をテーマにした『Retribution(日本語: 報い、天罰の意)』という戯曲を、在学中、友達のボブ・クランと一緒に書いた事があるそう。

・・・戯曲初挑戦にしては、テーマ難しすぎない?!

同時に、チャーリー・ブレークリーによる『メトロポリス』と呼ばれる短編ファンタジーアドベンチャー映画に出演したこともあるという!

また演技の先生は、エドを『ナルニア』のピーター役や『ハンニバル・ライジング』の役を与えていたというからビックリ!
ただし、その直後エドには別の大きな役が決まり、その話を受ける事なく、学校を去る事になります。

エド・スピラーズの重大決意と、
大コケしたキャリアの始まり

仕事に学業にと、絶好調だったエドですが、

2006年、クリストファー・パオリーニ著の大ヒット小説を、20世紀フォックスが映画にした『Eragon(邦題: エラゴン 遺志を継ぐ者)』に大抜擢!

チャンスを逃すわけにはいかず、ここでエドは、本格的に俳優業に専念する為、イーストボーンカレッジを中退する決意をします。

映画『エラゴン』(2006)
典拠: Alchetron

ところが、
残念ながら『エラゴン』の映画自体は有名になったものの、欧米諸国では評判はイマイチとなってしまいました。

その時のことを、10年経た今、エドはこう語っています。

「『僕は金のチケットを手に入れてしまったんだ! こりゃすごい作品になるぞ』
て、そう思ったんだけどね」
と。

そんな衝撃の経験をして、プロの役者の世界に入ってきたエド。

酷評ではあっても『エラゴン』は話題作ではあったため、エドは完全にうぬぼれ、そのくせ役者の世界にどっぷりと浸かっていきます。

結果、交友関係などは忙しくなり、たくさんのお酒を飲み、完全に自分の方向性を見失ったと言います。

その頃のエドでしょうか?
典拠: Windycity-Wikidot

しかしながら実力は無かったため、役のオファーはいよいよ来ず、ほんのちょっとだけやってくるオファーに飛びつかざるをえなくなります。

これ、かなりひどいこと書いてるように見えますが、ご本人が昨年のインタビューで、実際に語ったものですよ! 悪しからず。

2008年、英国プライムタイムTVシリーズ(昼メロのようなものですね)『Echo Beach(エコー・ビーチ)』に、ジミー・ペンワーデン役で登場。

エラゴンでファンになった人達も大喜びでした。

2009年、NHKのドラマ『白洲 次郎(英題: Jiro Shirasu: Man of Honor)』に、ロビン・セシル・バイン役で登場!
しまった! 観ておけば良かった!

NHKドラマ『白洲 次郎』
典拠: garadanikki

2010年は、中世封建制度を舞台にした、テレビ用ファンタジーアドベンチャー映画『Witchville(日本語直訳:魔女の村)』にジェーソン・グリント役で登場!

ファンタジー冒険モノがすっかり板についてしまいましたね!

同年、ジュリアン・ギルビー監督脚本の、英国のスリル映画『A Lonely Place to Die(ア・ロンリー・プレイス・トゥ・ダイ)』に、ほぼ主役級で登場!

映画『ア・ロンリー・プレイス・トゥ・ダイ』
典拠: Wikipedia

夜のスコットランドの森を舞台に、さらわれた少女を守る演技で、同作は、世界の映画祭にも出品されました。

他にもショートフィルム『Deathless(デスレス)』のジョン・レイ役、
『The Ride(ザ・ライド)』の生徒役、
『Tuencoat(ターンコート)』(公開は2013年ですが)の撮影では、ネイサン・リース役で出演し、エドにとっては忙しい年になったようです。

本業で忙しくなるなんて、学校を中退までした決断が報われる時が来たわけですね・・・。

映画『ラブ・バイト』(2012)
典拠: Headhunter’s Horror House Wiki – Wikia

2012年、今度はコメディ・ホラー映画『Love Bite(ラブ・バイト)』にジェイミー役で出演!

この映画には、同サイトでも大人気だった、『三銃士』出演の群を抜いたイケメン! ルーク・パスカリーノも出演していましたね!

原作本『デッド・マン・イン・出戸フォード』
アンソニー・バージェス著
典拠: Wikipedia

また、アンソニー・バージェスの同名小説の映画化『A Dead Man in Deptford(ア・デッド・マン・イン・デトフォード)』にもキャスティングされ、

ついに、ドラマ『ダウントン・アビー』ではジミー・ケント役でレギュラー出演を始めます。
ドラマは賞総ナメの大人気ドラマに!

『ダウントン・アビー』
典拠: YouTube

「『エラゴン』のあの子だ!」と思われた方も多いはず!

2014年・・・・前年1月から、英国、米国・マイアミ、ブルネイに及んだ撮影では、話を元にした、詐欺グループの大規模スリル映画『Plastic(邦題: プラスティック)』でサム役を演じ、公開された。

映画『プラスティック』
典拠: Daily Express

またエドが『Star Wars: The Force Awakens(スター・ウォーズ/フォースの覚醒)』の候補に挙がっているという報道が出たのもこの年!

他の候補者には誰にも渡されていなかった台本が、エドにだけは渡され、ほぼほぼ決まりかけていました。

映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』
典拠: Screen Rant

しかし後に、役はデイジー・リドリーにあっさり奪われ、監督:JJアブラムから「役柄にはとても近く、本当に惜しかった」とのお断り(不合格通知みたいなものですよね・・・)の手紙を受け取ってしまいます。

エドはその手紙を受け取り「え!僕って、もう少しでスターウォーズの役になれるところだったんだ」と知ったといいます。

最後の最後に、入れ替えが行われた事になります。

主役になったデイジー・リドリーちゃん
典拠: Fashion Gone Rogue

台本貰って、報道まで出ていたエドは、本当に期待していたと思います。

『スター・ウォーズ』を監督したJ.J. アブラムスにも、ちょっと理不尽さを感じたようで・・・エドじゃなくても、怒りますよ!
ちょっとかわいそうです・・・。

映画『Howl』
典拠: Horrorpedia

結局2015年は、ホラー映画『Howl(邦題: 吠える)』では、若きチケットコレクター:ジョーを熱演!
役柄ともども、飛び立ちました!

アガサ・クリスティ原作の、ミニドラマ『Partners in Crime(邦題: おしどり探偵)』では、カール・デニム役でゲスト出演し、視聴者を驚かせました。

アガサ・クリスティ原作『パートナーズ・イン・クレイム(邦題: おしどり探偵)』
典拠: WLRN

まだ、オマー・ファストによるイギリスドラマ『Remainder(リマインダー)』ではグレッグを演じました。

順風満帆に見えますが、『エラゴン』で派手に失敗してしまったエド。

別にエドのせいでもないのですが、
以後出演する映画では、周囲の圧倒的な演技力に自分の力の無さを実感したと言います。

「今知っている事をもしその時知っていたら、その頃の演技はもっと違っていただろうなって思う、馬鹿げた事言ってるけど。」と、回想する。

典拠: Pinterest

イケメン エド・スペリーアスのプライベート!
彼女は? 結婚は?

典拠: pinterest

イケメンでもあり、歳相応には見えない童顔!

少年のような笑顔!

右手首には、5人の友達との想い出に星のタトゥーが。

星はそれぞれの友達を表していて、他のメンバーも同じお揃いのタトゥーを入れているんだって!

もうひとつは、左のお尻には、大好きなレッド・チェッペリンに習って「ランブル・オン」と入っているのだとか。

実際のエドの左わき腹!
お尻じゃないじゃん!
典拠: Zimbio

そして、英国のフットボールチーム:トッテンハム・ホットスパーのサポーターでもあります。

トッテンハム・ホトスパーのサポーター達
典拠: Tottenham Hotspur

また元々運動が好きで、大学へもスポーツで奨学金を貰うくらいなので、正真正銘のスポーツマン。

プライベートでは、初めてのロンドンマラソンで、26.2kmを3時間40分で走り抜いた事もある!

ロンドンマラソンの際の、エド・スペリーアス
典拠: Jullie Edwards

また英国チャリティー・ユースネットの大使としても活躍中!

女心をグっとくすぐりますが、そんなエド、実は現在結婚しておられます。

衣装監督をするエイジア・マーシーさんと婚約後、結婚。

衣装監督がお仕事なだけあって、一般人とは思えない程、お洒落な奥さん!
典拠: Edward-Speleers

2015年1月には、息子さん:ジュード君も生まれ、ご家族は奥さまの生まれ故郷である、ブリストルにお引越し!

エド・スペリーアスの最新作

今や色んな映画やドラマにひっぱりだこのエドですが、
一番最近のドラマとしては、2015年、歴史ミニシリーズドラマ『Beowulf: Return to the Shieldlands(ベオウルフ: リターン・トゥ・ザ・シェールドランド)』にエドワード・セイモア役で出演し、2016年に放送されたものでしょうか!

映画『Beowulf: Return to the Shieldlands(邦題: ベオウルフ リターン・トゥ・ザ・シールドランズ)』
典拠: Medievalists.net

日本でも観られるものとしては、
2016年、映画『Alice Through the Looking Glass(邦題: アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅)』に、ジェームズ・ハーコート役で出演。

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
典拠: Disney Parks

この作品、実にたくさんの著名俳優さん達がサポートで出演してたり、声優をしておられるので、探しがてら観るのもアリですよ!

ということで、華々しくデビューしたエド・スピラーズも、大変ご苦労されたのですね・・・。

典拠: pinterest

今は素敵なご家庭もあって、俳優としての技術も相なってオファーも多数!

これからの益々の活躍が楽しみです!

スポンサーリンク
レスポンシブ PC