ビッツィートゥロック、デヴィッドジュントーリと結婚でグリム降板か? 身長や過去出演作品などWiki的詳細

こんにちは、「にぎわす.com」のコブタです^^

今回日本テレビでも始まりました、海外ドラマ

GRIMM グリム

本国アメリカでは、2011年10月放送以降、現在第6シリーズまで好評放送中ですが、みなさん、観ておられますでしょうか?

典拠: GeorgeSpigot’sBlog-WP.com

その中から今日は、

主人公:ニックの美しい恋人、

獣医のジュリエット役
ビッツィー・トゥロック

をピックアップしてみたいと思います!

典拠: lovingseries.com

聡明そうな顔立ちの、かなりの美人ですが、一体どんな女優さんなのでしょうか?

『GRIMM グリム』のメイン出演キャスト

『GRIMM グリム』シーズン1 キャスト
典拠: pinterest

ニック・ブルクハルト役デヴィッド・ジュントーリ
・・・(日本語吹き替え:花輪 英司)
モンロー役サイラス・ウェイア・ミッチェル・・・(声優:松本 大)

ハンク・グリフィン役ラッセル・ホーンズビー・・・(声:志村 知幸)

ジュリエット・シルバートン役ピッツィー・トゥロック
・・・(声:長尾 明希)

レナード警部役サッシャ・ロイズ・・・(声: 木下 浩之)
ウー巡査部長役レジー・リー 
アダリンド・ジェイド役クレア・コフィー

ジュリエット役ビッツィー・トゥロック プロフィール

~公式ホームページと宣材データ、出演番組より~

典拠: gifhunterress.tumblr.com

名前: 
Bitsie Tulloch(ビッツィー・トゥロック)

本名: 
Elizabeth “Bitsie”Andrea Tulloch
(エリザベス“ビッツィー”アンドレア・トゥロック)

愛称: ビッツィー

生年月日: 1981年1月19日(36歳)

出身地: 米国カリフォルニア州サンディエゴ

活動分野: 女優、声優、プロデューサー

身長: 168㎝

体重: 55kg

胸囲: 86㎝

ウエスト: 66㎝

ヒップ: 89㎝

ブラサイズ: B~C

出身校: 
ハーバード大学(英米文学&視覚環境研究)を
マグナ・クム・ラウダ(優等生)として卒業。

趣味: ピラテス、ジャイロトニック

Facebook Elizabeth Tulloch (@BitsieTulloch)

Instagram Elizabeth Tulloch(bitsietulloch)

Twitter Elizabeth Tulloch (@BitsieTulloch)

美人なのに頭も激イイ!!!
ビッツィー・トゥロックの生い立ちと学生生活

典拠: Real Style Network

1981年1月19日、アメリカ合衆国カリフォルニア州サン・ディエゴ生まれのアメリカ人女優さん。

本名は、エリザベス・アンドレア・トゥロックさん。

通常、世のエリザベスさんのニックネームって、エリーとか、リズとか、ベスとかなのですが、ビッツィーは「ビッツィー」という、なんとも聞き慣れないニックネーム。

てっきり、エリザ「ベス」の部分が、ビッツィーになったのか?! と、思いきや、違うそうですよ。

第二次世界大戦中にパイロットとして活躍したおじい様の、奇妙なニックネームに敬意を払って、そこから芸名を頂いたそう。

ビッツィーのお父様サイドのご先祖は、スコットランド系のご先祖だそうですが、お母様サイドはスペイン系だそうですよ。

全部ひっかき集めると、英国・スコットランド、スペイン、メキシコなどの祖先が居るそう。

子どもの頃のビッツィーちゃん
典拠: Pinterest

幼少期から、お父様の仕事の関係で、ウルグアイやスペイン、アルゼンチンなど様々な国で育ったビッツィー。

アメリカに帰国してから、ニューヨークのベッドフォード・タウンにある、中学・高校に通いました。

ただ、驚くのはこの後・・・

アメリカ最古の高等教育機関・・・ハーバード!!!
典拠: World Atlas

天下のハーバード大学へと進学した、ビッツィーは、なんと2つの分野を専攻し、ラテン語のマグナ・クム・ラウダ(優等生)の称号を得て卒業!

ちなみにその2つの分野とは、英米文学と、視覚環境研究だそうですよ。

あんな大学、入っただけでもすごいのに・・・優秀な成績って!
(ちなみにアメリカの大学は、入学するより、卒業する方が難しい!)

ビッツィー・トゥロックの、メディアデビューと過去出演作品

典拠: Pinterest

彼女が女優として活動し始めたのは、2001年・・・ビッツィー、20の時。

デビューは、なんとあの『スター・ウォーズ』シリーズに出てくる、小さなロボット“R2-D2”のガールフレンド役で『R2-D2: Beneath the Dome』にキャスティングされた事から始まります。

映画『R2-D2: Beneath the Dome』に出演
典拠: TheOfficialStarWarsBlog-WP.com

こちら、ジョージ・ルーカス監督の元、モキュメンタリー形式を取って、R2-D2の事をより詳しく知ることのできる、ファンには欠かせない一作となっています。

映画『R2-D2: Beneath the Dome』DVDパッケージ

ここから、一気に行ってみましょう!

2004年:
ドラマ『ザ・ホワイトハウス(原題: The West Wing)』“Third-Day Story”の巻で、スーザン役

これが彼女のドラマデビューですね!

2006年:

警察ドラマ『コールドケース 迷宮事件簿』“The War at Home”の巻で、タラ・コザロフスキー役

ドラマ『コールドケース 迷宮事件簿』
典拠: Cold Case Wiki-Wikia

映画『Sent(原題)』では、エンジェル役を。

映画『Life is Short(原題)』 マーシー役。

同年、ロサンゼルスのピコ・プレイハウス(劇場)にて、『Quarterlife(原題)』という作品でサリー役を演じ、特にクラーク・フリーマン演じるジャックとの間で、心が張り裂けそうになるような美しいエンディングが絶賛された。

『Los Angeles Times』誌の作品評によると、「主演女優の、ビッツィー・トゥロックが完全に輝いていた」との事。

ドラマ版『Quarterlife』
典拠: TV Guide

まだこの頃は、ビッツィーも女優として駆け出しのハズですが、そもそも演技力が群を抜いていたのでしょうね!

大絶賛されている。

ちなみに翌年これは、ウェブドラマとなって放送される事になる。

2007年:

ウェブドラマシリーズ『ロンリーガール フィフティーン』 アレックス役で計15話出演。

この頃は、ほとんどが低予算映画で活躍している。

映画『Ring Tone(原題)』モリー役

2008年:

パラノーマルロマンスドラマ『Moonlight(原題)』“The Mortal Cure”の巻で、セレスタ役。

TVシリーズ『Dr. HOUSE』 “Joy to the World” ホイットニー役

ドラマ『Quarterlife』
典拠: Vulture

Webドラマ『Quarterlife(原題)』では、シリーズ通して主役:ディラン・クリーガー役。

作品自体は、あっという間に話題になり、ビッツィーはもてはやされることになります。

The Los Angeles Times誌は、「出演者の中でも、特に目を引き、知られるべくして出てきた女優のようである。」と評した。

クレア・デインズ
典拠: CelebrityPlasticSurgeryOnline

よく「次世代のクレア・デインズ」と評されるビッツィーですが、この作品がオンラインで配信されたものであったため、「これが本物のスターを生み出した、最初のオンライン・ショーになるのではないか」とも言われ、「このゴージャスな26歳:トゥロックは、ディーンズ(クレア)のように、賢く魅力的である」と評された。

クレア・ディーンズも、聡明そうな顔をした、静かなる実力派女優ですもんね!

ちなみに当時ビッツィーは、大人気だったドラマ『Lost』でダーマという科学者役で出演したはいいものの、この『Quarterlife(原題)』出演による、スケジュールの調整により、違う人にキャスティングされてしまったという逸話がある。

ドラマ『LOST』
典拠: Moviefone

『LOST』も、全世界で社会現象を巻き起こす程の大ヒットドラマでしたが、
『Quarterlife』も、NBCによって買収・放送され大ヒットとなっている。

映画『Uncross the Stars(原題)』コリーン役。

こちらでは、大御所:バーバラ・ハーシーと共演!

スリル映画『レイクビュー・テラス 危険な隣人』ナディーン役

こちらサミュエル・L・ジャクソン扮する、異人種間結婚に偏見のある黒人警官が巻き起こすスリル映画ですね!

映画『レイクビュー・テラス 危険な隣人』
典拠: Lakeviewterracemovie.com

2009年:
コメディシリーズ『Washingtonienne(原題)』 “パイロット”の巻でエイプリル役。

2010年:
政治スリルのウェブドラマ『(原題)Tyranny』 計4話で、アレクサンドラ・フバード役。

リーガルドラマ『(原題)Outlaw』計2話で、べサニー・ウィットモア

テレビ映画『(原題)Most Likely to Succeed』 “パイロット”の巻で、クーパーを。

2011年:

映画『(原題)Riding the Pine』トゥルーディ役

映画『(原題)Losing Control』トゥルーディ役

映画『The Artist』
典拠: blog.trito.es

フレンチロマンティックコメディ映画『アーティスト(原題: The Artist)』ノーマ役

白黒サイレントフィルムのスタイルで撮った、なかなかお洒落な作りになっている映画なのですが、ジョン・グッドマンやジェームズ・クロムウェルなどベテラン俳優達が堂々の出演。

翌年のアカデミー賞ではベスト・ピクチャー賞を受賞。

キャスト陣も、クリティクス・チョイス賞ベスト・アンサンブル部門にノミネートされました。

典拠: Cyprus Cinema

2011-17年:

オカルト&刑事ドラマ『GRIMM グリム』では、デヴィッド・ジュントーリ演じるニック・ブルクハルト役の、心優しき恋人・・・からの、とんでもない変身を遂げてしまうジュリエット役を!

多分、中身は別人!
だって、胸のサイズから、肩幅、肉付き、髪質から全部違うもの。
典拠: screenertv.com

ドラマのジュリエットは、演じるビッツィーと同じく聡明で、スペイン語が堪能な役となっていますが、実生活のビッツィーもスペイン語には困らない程、なめらかに喋れるそう。

あまりの美人っぷりに、その他キャストを押しのけて、ドラマ内でナンバーワンの検索されっぷり!

『GRIMM グリム』シーズン2より
典拠: TV Equals

作品内で、矢で射られたジュリエットの死によって、てっきり「ビッツィー降板か?!」と噂されましたが、

第5シーズンでは、彼女の体は、Hadrian’s Wallとして知られる組織によって運ばれ、“Eve(イヴ/エバ)”として、強力な武器として作り変えられてしまう。

シーズン5より
典拠: TV Line

元のジュリエットとは全く別の存在となって帰ってきたビッツィーに、全米のファンも釘ヅケ!

さて、どうなる・・・グリム!!!

話を戻しまして・・・実は、この『GRIMM グリム』が、後にビッツィーの運命を変える作品となる(ビッツィーのプライベートの部分を参照!)

2013年:

歴史的ドラマ映画『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 (原題: Parkland)』マリリン・シッツマン役

映画『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 (原題: Parkland)』
典拠: Flickering Myth

こちら、トム・ハンクスがプロデューサーを務め、ジェームズ・バッジ・デールやザック・エフロンなどが主役を務める、なかなかの話題作!

ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺から50年、その事件を取り巻く物語ですね。

2014年:

犯罪スリル映画『(原題)Dead Draw』サラ・パーカー役

2015年:

映画『或る終焉 (原題: Chronic)』リディア役。

映画『或る終焉 (原題: Chronic)』
典拠: そんなには褒めないよ。映画評

こちらは、ティム・ロス主演の終末医療の映画ですが、ビッツィーはそのパートナーとも言える重要な役どころを演じています。

映画『コンカッション』ケアナ・ストラゼルコスキー役

こちら、リドリー・スコットをプロデューサーに、ウィル・スミス主演、アレック・ボールドウィンなどで脇を固めた、スポーツ伝記映画ですね!

女優業だけじゃないぞ! 
ビッツィー・トゥロックの声優や制作業&
広い心で慈善ボランディア活動

アニメ映画『(原題)Alpha and Omega』
典拠: Fanpop

2010年:
3Dアニメ映画『(原題)Alpha and Omega』では、スウィーツの声を!

こちら、ダニー・グローバーやデニス・ホッパー、クリスティーナ・リッチなども声優を務めていますので、是非ご覧あれ!

ちなみにプロデューサーは、日本人のケン・カツモトさんという方!

女優だけでなく、声優までこなせるなんて!

 

2012年:

ロサンゼルスを舞台に、二人の姉妹と親しい友人達の心情を描いた、不思議な映画『(原題)Caroline and Jackie』

ビッツィー&デヴィッド・ジュントーリ出演
『Caroline and Jackie』[予告編動画・英語]

ビッツィーは、二人姉妹の内の1人: ジャッキーを演じています。

『GRIMM グリム』でのパートナー、デヴィッド・ジュントーリも出演していますね!

そしてこの作品では、ビッツィー、共同プロデューサーとしてもクレジットされているので、ご注目です。

・・・ついに、プロデューサー業までこなし始めたぞ!!!

すごいぞ、ビッツィー!

児童養護施設や、老人ホームにも!
ビッツィー・トゥロックの慈善活動

ビッツィーが代表を務める、Corazon de Vida Foundation
典拠: Apogee Electronics

また、メキシコ・バハの『Corazon de Vida Foundation』という、親の居ない子や、捨てられた子ども達の為に、寄付を募ったり、食べ物を与えたり、教育を受けさせたりする組織の代表を務めていたり、

ティファナにある親のいない子ども達の為の施設を訪れたり、

ロサンゼルスにある老人たちの為の施設でボランティアをしたりする心優しい乙女。

典拠: TV Guide

・・・ますます、好きになるわ~!

目元が気になる、聡明美人!
ビッツィー・トゥロックのプライベートの恋人や結婚は?!

さて、どこからどう見ても、顔やスタイルが美しいだけの、俗にいう「頭空っぽ美人」ではなく、なんとも言えない思慮深い表情をしておられますよね?

典拠: Alchetron

最初にビッツィーを観て、日本人で、「え? 斜視?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、「白人だからかなぁ」でおしまい! 

別にそこまで疑問に思いませんが、アメリカ人が気にして検索するのは、なんと、ビッツィーの目!

典拠: Huffington Post

アメリカだと、ビッツィーを検索する際、Cross Eyed(寄り目)とか、Walleyed(外斜視)とか、Left eye(左目)とか・・・

中には、「変な目、面白い目」で検索する輩も・・・(ひどい)

典拠: Pinterest

やっぱりアメリカ人も、同じ様な事が気になるんだ。

でもあの遠くを見つめているような表情が、聡明さも醸し出しているのかもしれませんね。

人の身体の特徴ですので、日本では神経質な話題ですね。

白人女性にしては小さ目の、日本人にもちょいちょい居そうな、168㎝という身長。

あのスレンダーな体は、週に2~3回、ピラテスジャイロトニック(ヨガ、太極拳、ダンス、水泳をひとつにした動きを、木製のマシーンを使って行うエクササイズ。)を行っている賜物なのだそう!

典拠: A View From The Beach-blogger

ピラテスで体の芯を強くして、ジャイロトニックで背中や腰を鍛えられるからだそうですよ。

映画『Portland』撮影中には、実際、しばらくの間オレゴン州のポートランドに住んで、撮影をこなしていたのですが、その際、地元バスケットボールチームの“Portland Trail Blazers”のファンになってしまったそうで、一緒にがんばっている撮影・俳優仲間と、仲良く観戦に行く様子が目撃されている。

ちなみに『GRIMM グリム』の共演者達(ブリー・ターナー、クレア・コフィー、サッシャ・ロイズ、レジー・リーら)とは、公私に渡って良い友達なんだとか!

『GRIMM グリム』キャストと
典拠: fanpop

見た目にそぐわず、学歴もハーバードなどという、賢いなんてもんじゃない大学を優秀な成績で卒業!

こんなできた人を嫁さんに貰う幸せ者が居るのか!と思いますが、居るんです(笑)

2011年以降『GRIMM グリム』で、デヴィッド・ジュントーリ演じる、主役のニックと共に頑張ってきたビッツィーですが、

2014年年末、なんとそのデヴィッドと恋人関係である事を公表。

典拠: Pinterest

てっきり「二人は『GRIMM グリム』で出会って、恋に落ちたのだ!」と思われるかもしれませんが、実はビッツィーがデヴィッドに出会ったのは、まだ『(原題)Caroline and Jackie』を撮影している頃!

(・・・そういえば二人は共演していた!!!)

つまり、『GRIMM グリム』よりもっと前。

なんとデイヴィッドが、『GRIMM グリム』のジュリエット役のオーディションを受けろ受けろと、ビッツィーを追い立てたのだとか!

結果、ビッツィーもその役を手にしたところがすごい!

1年半後の、2016年7月・・・「実は4月に婚約してました❤」と公表。

そして今年2017年6月、お二人は結婚!

典拠: Movie Stills Database

まだ1ヶ月も経っていませんね!

新婚ホヤホヤ!

ビッツィー・トゥロックの、話題の最新作

典拠: fanforum.com

2016年:

オレゴン州ポートランドを舞台にした即興コメディドラマ『ポートランディア』で、“TADA”の巻に出演。

2017年:

コメディ映画『We Love You, Sally Carmichael!』テス・パーキンス役。

ビッツィー・トゥロック出演『We Love You, Sally Carmichael』
[予告編・英語]

『GRIMM グリム』への出演もまだまだ続いていますし、ビッツィーのこれからが楽しみですね!

引き続き、応援したいと思います^^

スポンサーリンク
レスポンシブ PC